新山の記憶(百名山 二百名山 三百名山)パート2

 ブログを新しくしました。旧山の記憶も見れます。http://blog.goo.ne.jp/yukio-12

穂高涸沢と北尾根~北穂高~上高地 10月12日(水)

2016年11月05日 | 日記

 今日の計画は北穂。涸沢にテントを張ったまま北穂へ登り、頂上小屋泊。予約は入れていないが、シーズンもオフなので大丈夫らしい。北穂小屋は、日本で一番標高が高い。その分景色も良い。昨日登った北尾根をバックに見ながらカメラをぶら下げて登る。年配の登山者が多い。女性も目につく。

 涸沢から北穂に登るのは何十年ぶりだろう。若い頃、涸沢をベースにして屏風岩、前穂、滝谷等を登ったが今は懐かしい思い出となっている。あの頃の仲間は今どうしている事やら・・・。 

       今日も彼方に富士山が見えていた。ここから見る北尾根は、格好が良い。頂上あたりにⅠ峰とⅡ峰が重なって見える。

                        

    やっとこさで頂上へ。時間的にも余裕があったので奥穂まで縦走してやろうかと思ったけど止めにした。年寄りの無理はいけない。

                      

 頂上近くにテント場もあるが、テントを張っている者はいなかった。

                   小屋の裏側が滝谷だが、こんな所を良くも登ったものだ。あの頃は何とも思わなかったが・・・。

                       

  午後遅くガスがでる。所在のないまま夜を迎える。こうなると楽しみは夕食のみ。3000mにある山小屋なので贅沢は言えないが悪くはなかった。山の話でもしたいところだがなかなか馬が合いそうにないので早々に部屋に引き揚げる。

 翌日、天気は良さそう。

                         

                      これは、翌日の朝の写真。白馬岳やら黒部五郎やらが見渡せた。良い景色です。

                 

               もう少し派手な朝焼けを期待していたのだが・・・。凄みのある朝焼けとか夕焼けは台風などの前に見られます。

                     

 この日上高地まで下り、こなし平にテント。近くにお風呂もありゆっくりする。横尾からキャリアーに荷物を半分積み半分は背負って帰る。凄く楽だった。

                         

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穂高涸沢と北尾根~北穂高~... | トップ | 穂高涸沢と北尾根~北穂高~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。