もみさんの一日一冊遊書録(2011年9月1日 スタート!:メメント・モリ)   ~たゆたえど沈まず~

年とともに人生はクロノロジー(年代記)からパースペクティブ(遠近法)になり、最後は一枚のピクチュア(絵)になる

170429 2013年のBS歴史館「保科正之」録画を観た。安倍晋三は存在そのものが犯罪だと思った。

2017年04月29日 14時33分02秒 | つぶやき
4月29日(土):    
日本史上最高の政治家のお手本と最も愚劣な世襲政治屋バカボンの比較。ナチス麻生も同罪。
絶望感…。わかる人だけ、わかって下さい。ため息。
わかりたい人は、少しだけ調べて下さい。磯田道史の言葉は本当に味わいが深い。

・僕は保科正之の言葉ん中で一番好きな言葉で「昔から地位にある者が学んでいないほど、国家を病気にするものはない。害になるものはない。」という風に言ってんですね。いろんな時代の状況だとか、過去の状態だとか学んでないことそのものが害になるということを自覚せよ、という風に言うわけですね。(磯田道史 番組中の談)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6 058 吉田秋生「海街diary ... | トップ | 170429 本当に恐ろしいこと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL