もみさんの一日一冊遊書録(2011年9月1日 スタート!:メメント・モリ)   ~たゆたえど沈まず~

年とともに人生はクロノロジー(年代記)からパースペクティブ(遠近法)になり、最後は一枚のピクチュア(絵)になる

170609 安倍政権について「正義以前に<真実>が脅かされている!」(堀茂樹:於、報道ステ)

2017年06月09日 23時50分20秒 | 時代の記憶
6月9日(金):

加計問題”文書”再調査することにしたのだそうだ。でも、その確認された文書を正当に扱う意思は全く伝わってこない。要するに、「噂の文書らしきものが出てきたよ。だから、それがどうした!?」って居直られては全く有り難くない。不愉快な不信感が募るだけだ。全く持って馬鹿馬鹿しい。耐えられない軽さ。

今夜の報道ステーションで、ゲストの翻訳家堀茂樹氏(慶応大学名誉教授)が安倍政権について「正義以前に<真実>が脅かされている!」「政治家が権力は握るが、責任は官僚に押し付けて、取ろうとしない。そんなことは成り立たない」と述べて、不信を嘆いていたが、全くもってその通りだ。

俺たち国民は、「文書がある」ことはわかってるんだ。それを今さら「あったぞ!」と言われても無意味だ。むしろ反感と不信感を深めるだけだ。肝心なのは、必ず見つかる加計問題”文書”に対して、政府がどこまで誠実な態度を取れるのか、ということだ。そして、それには極めて悲観的だ。表題の「正義以前に<真実>が脅かされている!」言葉は、その文脈から出てきた言葉だ。

ある意味「なに、再調査することにした? それがどうした。」安倍・菅&創価オカルト学会の非民主主義政権に対する不信感は全く変わらないのだ! 土曜日・日曜日、そしてこれから、ますます盛んに、ずっと安倍オカルト政権の責任追及と退陣要求するデモ活動・行進に積極的に参加応援していきたい!。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170608 もう<安倍不信任>... | トップ | 170610 雑感:映像の世紀プ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時代の記憶」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL