青空の向こう

日常の出来事や旅の事など少しずつ

ホテルセキア 『 テーブルマナー講習会 』

2016-10-16 23:43:09 | グルメ
2016年10月14日(金)

熊本県玉名郡南関町 ホテルセキア『 テーブルマナー講習会 』にNちゃんと参加。




猿渡シェフと木村シェフ。猿渡シェフは体調不良?らしいです。




講習会は、このレジメに沿って進められました。






今回は9名の参加でした。







『 テーブルマナー講習会 』は、マネージャーの横尾さんが講師で進められました。




座席はどちらが上座か?






中座する時は椅子にナプキンを掛ける。

食事終りにはテーブルの上にナプキンをクシャクシャっと置く。

キチンと畳むと「まずかった。」ということになるそうです。




グラスの足を持つと綺麗。





食事終りは、フォークとナイフを揃えて置く。(フォークは背を下にして。)




サーモンと秋ナスのタルタル。




牛蒡のポタージュのカプチーノ。






栗とベーコンと白木耳(しろきくらげ)のペペロンチーノ。

自家製パンとハーブオイル。




カサゴのビールフリット フレッシュトマトソース。




紅茶鴨のポルチーニソース。




ロロンカボチャのピューレとバニラアイス 焼きピッツァ。




コーヒー。

コーヒーが熱いときはスプーンを入れてかき混ぜると温度が下がる。フーフーしない。




お肉の焼き加減。




ワインは、なで肩の瓶の物が渋みが少なく飲みやすいそうです。




猿渡シェフ。




まとめ。



政治、宗教、スポーツの話題はしないこと。

椅子に座る時、テーブルとの間隔は握りこぶし2つ分、背もたれとの間隔は握り

こぶし1つ分。

フォークは、ご飯と豆のみすくってもいい。基本は刺していい。

グラスに口紅が付いたら手で拭き取り、ナプキンで拭く。

唇を湿らせてから飲むとグラスに口紅が付きにくい。

スープはスプーンの8分目入れる。イメージは、飲むではなく食べる。

スプーンは手前から奥へ使う。

スープが終わったらスプーンはスープカップの奥に置く。

魚は左側から切って食べる。

パンは固定です。パン皿は動かさない。

共有のバターは、バターナイフで1つ取ってパン皿の手前に乗せる。

料理は左から、飲み物は右から提供される。

食事中、基本は席を立たないが、お肉料理が終わってデザートまでの間は立って

も良い。(お手洗い、喫煙など)

相手の事を思いやる気持ちと、実践するテクニックを身に付ける事が大切。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七城メロンドーム | トップ | 南関あげ巻きずし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む