花百蓮、創価学会~~未来に向かって、花百蓮のブログ

花百蓮、創価学会~~未来に向かって、 花百蓮(はなももれん)のブログです。池田先生から頂いた福智は私の信心の原点です。

パ-ト2の4・少年部のときに目のあたりにみた片足のおじさんの折伏

2017-06-22 23:33:16 | 日記
私の少年部のときは地区が、もう学会家族でした。いい時代でしたね。ちょうど高度成長期のときでした。

私が友達とゴムだんで平屋の前の広場で遊んでいると地区のCちゃんのおじちゃんが、広場の前の平屋の中のある一軒家に入っていきました。

しばらくすると、中から、おばさんとその男の子にCちゃんのおじちゃんが、体をどつかれておじちゃんは地面に倒れました。

Cちゃんのおじちゃんは片足をなくし、両方のわきで、松葉杖を使い歩いていつもいたのです。壮年部の幹部でもあり、いつもニコニコしていました。

私はおじちゃんが、どつかれてド~ンと音がしてびっくりしてして倒れたおじちゃんの側まで走っていきました。すると、どついたおばさんが、その子供の息子に【塩】をもってきて~~といって、息子が一キロ以上のたくさんの塩をもっておばさんにわたしました。

倒れたおじちゃんは一人ではすぐには立てないのです。そのおじちゃんに向かって、折伏されたおばさんは自分の息子にこのジジイの姿はナメクジだから、お塩をなげつけて、消えてしまえと言いなさい、とたくさんの【塩】を頭から、ドサッと、投げつけました。こんなのは人間じゃないんだからね、というと、

倒れたおじちゃんは、その息子さんに向かって、ぼっちゃん、いいこだね、ぼっちゃんのことや、ご両親の幸せをいつも願ってるからね~と、いったのです。

私の友達はおばさんが怖くて逃げ出してしまい、私は倒れたおじちゃんを起こしてあげました。

その後、この親子は7年後に創価学会に入会しました。

続く
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パ-ト2の3・来年で創価学... | トップ | 全員、当選確実・おめでとう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。