おはようございます、龍ちゃんです

何も考えていません、とにかく始めます

妻の浮気、その12、エピローグ

2016-10-12 21:03:13 | 妻の浮気




妻の浮気、その12、エピローグ

現在 由美子が出て行った日から5年後 大阪自宅

あれから大阪に自宅を移しました。

それまで親子として生活していた私たちがいきなり夫婦生活を

始めるのは世間の都合があって何かと面倒だったからです。

開業しようと思っていましたが、予定していた長谷川が我々の予想より先に

国税局の査察を受けたために長谷川が逮捕されてしまい、

我々の計画も飛んでしまいました。

結局彼の財産は一切合切、差し押さえられ、

収監前に資産家の奥様から離婚されました。

事情を長谷川の元奥様に話したところ、慰謝料は払えないけど、

長谷川が院長をしていた病院の院長のポストを得、

そこに、和也夫妻と、智子を招き入れ、

晴れて弁護士資格を得た満男君には

顧問弁護士になってもらいました。

顧問弁護士が必要になったのは前院長の長谷川の行っていた、

黒い交友関係、院内の不正人事を正す必要があったからです。

全ては旧知の事務長が私に話してくれたことで発覚しました。

義母と景子は院内の食堂の経営を担当して貰いました。

かねてから私が考えていた構想を実現して貰うためです。

入院患者、見舞客、医療関係者、院外訪問者などが、

皆分け隔て無く同じ食卓を囲めるようなレストランです。

私のプライベートは、肉体改造に取り組み、メタボから脱出、

おかげでED薬を服用しなくてもよくなりました。

ただ、これから先、私は益々老化が進む一方、智子の性欲は益々亢進していくでしょう。

それに応えられなくなったらどうしようかと悩んだりもしましたが、

今ではその時はその時と開き直るようにしました。

和也夫妻と、義母も同じ敷地に住んでいます。義母は東京の美術商を畳んで来てくれました。

もうすぐ、80歳になろうかという年齢ながら、

私より年下の彼氏が出来たそうです。

流石にSEXという訳にはいかないようですが、

それなりに興奮しているようです。

最も激しいのは和也夫妻。20代の男性と40代の女性です。

最も性欲の旺盛な年代の組合せですからTPO関係なく抱きつき合っています。

一緒に外食していても、直ぐに帰りたそうなそぶりを隠そうとしません。

息子ながら、うまくやれよ、と応援してやりたくなる光景です。

そうこう回想しているうちに智子が擦り寄ってきました。

スカートの内側から独特の匂いを漂わせて私の背中や胸を触ってきます。

まだまだ和也に負けるわけにはいきません。仕事でも、夜の営みでも。

文字通り娘のように若い妻を満足させるため、

この辺で、パソコンを閉じたいと思います。

(完)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妻の浮気、その11、それから | トップ | 下着泥棒、その1、見知らぬ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。