おはようございます、龍ちゃんです

何も考えていません、とにかく始めます

家内の彼氏、その5、初キッス

2016-10-17 21:20:02 | 家内の彼氏




姫なかせクリーム(5g) 2個セット

新品価格
¥1,595から
(2016/10/17 21:18時点)





家内の彼氏、その5、初キッス

「今晩また川島君のマンションに行ってくるね, 今日は川島君がご馳走してくれるって言うから」
当日の朝の出勤前に、家内はさらっと切り出してきました。
今晩誘っていることは川島君から事前に聞いていたのですが、私はやや大袈裟に返事しました。
「本当かよ?あいつが料理をするのかい」
「ちょっとあやしいけどね。今日は僕が作りますから試食してくださいって言うから、
それ試食じゃなくて毒味じゃないのって言っちゃった」
「ははっ(笑)お前もきついなあ。まあ、食生活には十分気をつけてやれよ。
料理が出来なくても、牛乳とか納豆とか身体に最低限必要なものを毎日摂る
習慣をつけてやったほうがいいな」
「そうよね、夕食は用意しておくからお願いね」
家内と川島君はあの『告白』の日からもメール交換は続けていたのですが、
川島君から転送されてきたメールを見る限りでは、お互い核心に触れることを避けているような
内容ばかりでした。当たり障りのないような話ばかりで、
やっぱり川島君はこれ以上のことをする勇気はないのかな思っていたのですが、
料理に挑戦するからということで家内を誘ったようでした。
二度目の訪問、そして川島君の『告白』後初めて二人きりとなる日です。
しかも、無理矢理でなかったら何をしてもいいと了解したも同然ですから、
私は仕事中も落ち着きませんでした。今日も早めに仕事を切り上げて家で家内の
帰りを待とうと思い、落ち着かないながらも仕事のピッチをいつになく上げて帰ろうとしたのですが、
夕方に取引先から思わぬクレームが入りました。
ミスをした部下と一緒に取引先を訪問し、ようやく解放された時は夜の11時を過ぎていました。
取引先を訪問中は携帯を留守電にしていたのですが、その間に川島君から着信歴が2回と
メールが1回、家内から着信歴が1回ありました。
私は取りあえず家内に連絡をとりました。
「すまない、急にクレーム処理が入って今やっと終わったところだ。
部下と一緒だから軽く食事をして帰るよ」
「そうだったの、お疲れさま。私も1時間ぐらい前に帰ったんだけど、弘毅がお父さんから
連絡もないしまだ帰ってないって言うから心配してたのよ」
「連絡が取りにくい雰囲気だったからな、先に寝ててくれればいいよ、じゃあ」
家内は電話の感じではいつもと変わらない様子でした。
今日は一体どうなったのか、私ははやる気持ちを押さえながら、川島君のメールを開けました。
メールを受信した時刻は9時半過ぎでした。
゛瀬戸さん、お仕事中でしたら申し訳ございません。
留守電でしたのでメールを送らせてもらいます。
9時過ぎに洋子さんはお帰りになりました。またDVD報告をさせていただきますが、
もしよろしければ明日昼食をご一緒させていただけないでしょうか。
会社の近くまで行きますので。今日は1歩前進というところでしょうか?゛
意味深な川島君のメールでした。
1歩前進ということは、川島君の『告白』に対して家内が何らかの返事をしたか、
川島君が『告白』以上のことをしたか、いずれかということなのでしょうか。
私は川島君に明日の待ち合わせ場所をメールして、帰宅したのは日付が変わってからでした。
私は深夜に帰宅しましたが、家内は寝ないで待ってくれていました。
「おかえり、大変だったね」
「ああっ、散々だったよ。今の時代はいろいろうるさいよ。以前なら電話で謝ったら済んで
いるのになあ…それはそうと、どうだった?川島君の料理は」
「えへっ、もう笑っちゃうわ。あれでよく食事をご馳走しますなんて言えたものね。
結局ほとんど私が作っちゃったわ。でも自分でやろうとするだけでもいいことよね」
「そうだな、まあ本人が自分で食事に気を使うようになることはいいことだよ」
「そうね、いつまでも若くないしね」
「さぁ、俺は風呂に入るから先に休んでくれよ」
食事のことなどは正直どうでもよかったのですが、家内がそれ以上何も言いそうな感じでも
なかったので私は風呂に入りました。
翌日の昼、川島君は約束の時間に待ち合わせ場所の喫茶店に来ました。
DVDを受け取り、昼食を共にしながら川島君に聞いてみました。
「1歩前進か?どんな前進なのか楽しみだな、ゆっくり見せてもらうよ。
家内は特に変わった様子はなかったけどな」
「そうですか、むしろ変わっておられない方がいいですね。何事もなかったかのように自然の流
れとして受けとめていただければ、僕もうれしいです」
「そうか、自然の流れの中で1歩前進か。ますます楽しみだな」
私は川島君に余裕の表情を見せていたつもりでしたが、心の中では早くDVDを見たく
てたまらなかったのです。
その日は7時頃に帰宅しましたが、DVDを見ることが出来た時は11時を過ぎていました。
家内が寝室に入ったのを確認し、私はボリュームを落してドキドキしながら再生させました。
DVDに出てきた川島君の部屋は前と何も変わっておらず、ビデオが隠されている位置もまった
く同じのようでした。
二人でキッチンに立って食事を作っているのか、家内と川島君の姿が見え隠れし、
時々話し声も聞こえてきました。
「ああっ、だめよ。それは先に煮込まないと」
「ちがう、ちがう、いいわ それは私がするから」
どうやら川島君が何とか自分でしようとしているのを、家内は見ていられないといった雰囲気です。
その後は前と同じような光景でした。二人で食事をしながら談笑し、その後はまたもや
ワインを傾けていました。
「川島君もやればできるじゃない、私 見直したわ」
「そうですか、でも全然ですよね。洋子さんがいないと悲惨な料理になってとても食べら
れたものじゃないですよ」
「いいの、いいの、食事に気をつけようと思うだけでも全然違うから」
家内に褒められて川島君はすごくうれしそうな顔をして笑っていました。
まさか、これが1歩前進なのかな、そうだとしたらとんだ筋違いな前進だな…
そんなことを思いながら、前とほとんど変わりないDVDに私も飽きてきたところでしたが、
川島君が家内に言いました。
「洋子さん、肩がこるんですか?」
家内がワインを飲みながら時々肩のあたりを触っているのをみて川島君が声をかけたのです。
「うん、私 結構若い頃から肩がこるタイプなのよね」
すると川島君はちょっと深呼吸して言いました。
「そうなんですか、もし…よかったら僕が揉んであげましょうか?」
「ほんとに?じゃあお言葉に甘えちゃおうかな」
すると川島君は家内の背後にまわり、後ろから家内の肩に手をおいてゆっくりと揉み始めたのです。
川島君が初めて家内の身体に触れた瞬間でした。
これか……確かに前に比べれば1歩前進だ、
川島君の手はやや震えているようでしたが無理もないでしょう。
指一本触れることが出来なかったのに、今は堂々と家内の肩に触れているのです。
川島君の手には服の上からとはいえ家内のブラジャーの感触も伝わっているのか、
顔が真っ赤になっていました。
家内もやはり最初は意識したのか、やや恥ずかしそうにしていましたが、
じわじわと心地よくなってきた感じです。
やや顔を赤らめながら、下向き加減で目を閉じて川島君の肩揉みに身を任せていたのでした。
大きな手でゆっくりと肩を揉みほぐした後、川島君は左手を家内の左肩において支えると、
右手で首の下から背骨へとゆっくりと指を立てて指圧するように摩っていきました。
すると、下向き加減だった家内は身体を反りかえらせて顔を斜め上に向けると、
目を閉じたまま思わず喘ぐような声を張り上げたのです。
「ああっ、ああっ、気持ちいいっ、すごく いいっ…」
川島君の右手は、背骨を摩りながらだんだん下がっていき腰骨のあたりまできました。
家内の身体はますます反り返り、川島君の左手のみで支えられていました。
川島君の右手は家内の腰のあたりまでくると、さらにゆっくりと円を描きながら骨盤を
刺激するように動きました。
「ああっ、ああっ、ああっ」
川島君の右手の動きに合わせるように家内は反り返って喘ぎ続けました。
川島君の顔は真っ赤で、額にはやや汗が滲んでいるように見えましたが、
何かにとりつかれたかのように家内の下半身を刺激し続けました。
右手はしばらく腰のあたりを集中的に刺激した後、徐々に下がっていきお尻のすぐ上までくると、
再び上へ移動し始めました。
すると今まではセーターの上から身体を摩っていた手がセーターの中に潜り込み、
背中を這うように上がっていったのです。
家内のセーターは少しずつ捲くれあがり、白いインナーが見え始めました。
川島君の右手に翻弄され無抵抗状態だった家内は、セーターの中に手を入れられていることに
気がつきました。
「いやっ、やめてぇぇ」
川島君は一瞬ビクッとして動きを止めましたが、再び右手が背中を這い上がり始めました。
右手が背中の真中あたりに辿り着いた時、家内が再び声を張り上げたのです。
「だめぇぇ、おねがいぃぃ」
家内に再び制止された川島君はようやく諦めたのか、右手をセーターから抜き取りました。
身体を反り返らせていた家内は、やや捲くれあがったセーターを元に戻し肩で息をし
ながら黙って下を向きました。
すると川島君は抜き取った右手を家内の首筋に持っていき再び揉みはじめました。
川島君が服の上からではなく、家内の肌に直接触れたのです。
「ああっっ」
首筋を揉まれ始めると、家内は再び声を上げて川島君のなすがままになってしまいました。
そして首筋に沿って上下動を何度か繰り返した後、右手が家内の耳たぶを掴んだ時です。
「ああっ、そこはぁぁ」
家内は叫びながら一瞬にして川島君の方へ崩れ落ちました。
「あっ、洋子さん…」
家内がほとんど無抵抗であったため、自分の思いのままに家内の身体に触れていた川島君で
したが、崩れ落ちた家内にビックリして慌てて抱き留めました。
家内は川島君に抱かれた状態で目を閉じて大きく息をしていました。
二人は今までになく身体を密着させ、しばらく動きませんでした。
川島君は目を閉じている家内を抱き留めたまま、しばらく黙って見つめていましたが、
ややおどおどしながら声をかけました。
「洋子さん…大丈夫ですか?」
家内はようやく目を開けて、川島君を見上げながら言いました。
「ごめんなさいね、少し酔ったみたい。すごく気持ちよかったから、フラッとしてしまったの」
「いえ、僕が悪かったんです。洋子さんのセーターの中に手を入れてしまったり、
耳たぶにまで触ってしまって。びっくりされたんですね」
「ううん、大声出してごめんね。川島君に下着見られたくなくて、つい声を張り上げちゃったの」
「僕に気を使わないでください。下着ぐらい…」
「だって、いつも着けてる色気のない下着だから…あっ、ごめんね、重たいでしょ?」
家内が起き上がろうとしたため、川島君は家内の背中に手を回して起こそうとしました。
二人の顔が数センチの距離まで急接近したその時、
川島君は家内の唇に向かって自分の唇を近づけていったのです。


フィニアン (女性用 感度アップ媚薬原液)

新品価格
¥1,820から
(2016/10/17 21:18時点)




効果絶大! 『HOT SEX』 (ホットセックス) 感度UP 男女兼用 新クリーム

新品価格
¥3,700から
(2016/10/17 21:19時点)


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家内の彼氏、その4、家内も... | トップ | 家内の彼氏、その6、彼氏の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。