おはようございます、龍ちゃんです

何も考えていません、とにかく始めます

家内の彼氏、その9、家内がお誘いをうけました

2016-10-18 21:21:52 | 家内の彼氏







家内の彼氏、その9、家内がお誘いをうけました
あの日以来、家内と川島君の仲は急速に深まっていった感じでした。
ゴールデンウィークだったこともありますが、二人は頻繁にメールのやりとりをしていました。
特に川島君は今まではやや遠慮がちだったのが、かなり積極的になっていることが転送メール
からもわかりました。
゛洋子さん 今どうしてますか?僕は洋子さんのことばかり考えています。
会いたいなって…洋子さんのやわらかい唇に触れてみたいし、思い切り吸ってみたい。
ごめんなさい、昼間から変なメール送ってしまって… ゛
゛うれしいな、私のこと思ってくれているの。私も川島君のこと 時々思っているのよ。
でもなんだか申し訳なくって。こんなおばさんなのに、いいのかなぁなんて思ってます ゛
゛洋子さんはおばさんなんかじゃないですよ、僕が今まで出会った最高の女性です、
本当に…。瀬戸さんや弘毅君には申し訳ないですけど、
もし許されるなら洋子さんを僕のものにしてしまいたいです。
時間も何日間も洋子さんを抱きしめて、僕の愛情を洋子さんの中にいっぱい注いでしまいたいです ゛
ありがとう、何て言っていいのかわからないけど…川島君の愛情を受けとめてみたい ゛
そして、連休もあと二日になった朝に川島君よりメールが来たのです。
゛もうすぐゴールデンウィークも終わってしまいますが、最後の日あたりに洋子さんとデート
させてください。もちろん、洋子さんの気持ちが最優先ですが、できれば僕のマンションに
お誘いしようと思います ゛
川島君のマンションに家内を招き入れる…何をしようとしているかは明白です。
私はドキドキしながらも川島君の申し入れを了承しました。
゛いよいよってことだな。ビデオ撮影を忘れないように頼むよ。
それと、家内にわからないように、時々タイミングをみてメールか電話をくれないか?
今どこにいるとか、家内が今どうしているとか ゛
゛了解しました。できるだけその場の雰囲気をお伝えするようにします。
了承いただきありがとうございます ゛
正直なところ少し迷いもありましたが、私はすんなりと了承してしまいました。
あの川島君の巨大なもの、あれがガチガチに膨張して家内の中に入ったら果たし
てどうなるのか、どんな反応をするのか、痛がるのか、狂ったように喘ぐのか…
早くみたい、とにかく見たい、その一心でした。
それから30分もしないうちに川島君が再びメールを送ってきました。
゛明日お会いできることになりました。時間ははっきりと決めていませんが、
お昼前後になると思います。家のことを気にしておられるのか、
あまり長い時間は困るようなことも言われていましたので、ちょっと迷いましたけど
直接マンションに来てもらうことになりました。
瀬戸さん 邪魔しないでくださいね(笑) 冗談です…すみません ゛
あまりに早く明日のことが決まってしまったので私はびっくりしました
家内はさっきまで洗濯をしているように思いましたが、
メールをしながら川島君と明日の約束をしていたのです。
しかも、直接川島君のマンションに行くことを了承したということは、
まさに抱かれるために行くようなものです。
私は心臓がバクバクしながらも川島君に返信しました。
゛今さら邪魔なんかしないさ。家内が明日出かけるまでの様子をじっくり観察するよ。
それよりさっき言い忘れたけど、避妊はしっかりしてくれよ ゛
゛はい、それは必ず守りますのでご安心ください。洋子さんが妊娠なんかしちゃったら
すべてぶち壊しですからね ゛除だー」
洗濯は一応終わったのか、家内は独り言を言いながら、居間にいた私とは視線を合わ
さず足早に二階へ上がっていきました。
気のせいか明日の約束をしてから家内の動きがテキパキしているようにも思えました。
家内は昼食の間も明日のことは一言も言わず、昼から買い物に出かけ、
帰ってきてからも何も言わなかったのです。
一体どういうつもりなんだ、何とか言えよ、言わないならこっちから言ってやろうか…
私はなんとなくイライラしてきました。
そして夕食も終わり、居間で私と息子がテレビを見ていた時、ついに家内が話しかけてきたのです。
「弘毅は、明日は一日中サッカーの練習だったよね」
「ああっ、そうだよ」
「あなたは? 私 お昼前から出かけたいんだけど…」
とうとう言ったな…私は家内の方は見ずに、テレビを見ながら答えました。
「ああっ、連休の最後だし家でゆっくりするよ。外に出て疲れたくもないしな。遅くなるのか?」
[ううん、ちょっとお友達と食事するだけだけど、お留守番してくれるならゆっくりしちゃおうかな」
何がお友達と食事だ、川島君に抱かれに行くくせに…家内の見え見えの嘘に
嫉妬もしましたが、時間を気にせず川島君に抱かれて痴態を晒せばいいさ
そんな気持ちが勝っていました。
そして、翌日家内は10時頃に出かけていきました。
「じゃあ、あとお願いね…」
いつもと変わらないジーンズを履いて、相変わらずの薄化粧でした。
もう少し綺麗な格好をしていけばいいのに…それにしても緊張しないんだろうか、
女はいざとなったら強いもんだな…私は少しあきれました。
家内が出かけてしばらくしてから、私は川島君にメールしました。
゛さっき 家内が出ていったぞ。万事よろしく ゛
すると川島君からすぐに返信がありました。
゛おはようございます。洋子さんから先ほど11時ぐらいにマンションに行くか
らって連絡いただきました。今日のためにビデオをもう一つ購入して、
和室と寝室の二ヶ所にセットしました。
瀬戸さんにリアルな映像を必ずお届けします。僕も今心臓が飛び出るぐらいドキドキしています。
時間がもったいないので、洋子さんが来られたらすぐに抱きしめてしまうつもりです ゛
あと一時間もしないうちに、家内と川島君は…私はいてもたってもいられなくなりました。
時間の経過がすごく遅く感じました。まだ11時にはなっていませんでしたが、
私はそわそわして落ち着かず、携帯を握りしめ時計ばかり見ていました。
じたばたしてもどうしようもないのでテレビをつけましたが、まったく何も目に入らない感じです。
そして、11時が過ぎました。家内が川島君のマンションに着くころです。
川島君は時間がもったいないからすぐに抱きしめてしまうみたいなことをメール
で書いてましたが、もしかしたら今頃…そう思うともう耐えられませんでした。
何でもいいから、今どうなっているのか、何をしているのか、とにかく知りたい、知らせてくれ…
しかし、川島君からは何の知らせもありません。
11時半をすぎるともう我慢できなくなり、川島君に電話しようと思った時に
川島君からメールがきました。
゛瀬戸さん とりあえず第一報を送らせてもらいます。
洋子さんは今、シャワーを浴びています。予定通り洋子さんを抱きしめてそのままと
思ったんですが、どうしてもシャワーを浴びたいと言われました。
僕も後でシャワーを済ませてから、寝室に連れていきます。
今からはうまくお伝えするタイミングがないかもしれませんのでご了承ください。では… ゛
洋子はもう自分のものだと言わんばかりのメールで、年下の男にバカにされた
ようで腹が立ってきました。しかし、もうどうしようもありません。
家内がシャワーを浴びている…もう間もなく川島君に抱かれるのでしょう。
もしかしたら、途中で気が変わって帰ってくるのでないかと期待もしました。
川島君に抱かれて欲しい、若い男に抱かれて家内がどうなるのか見たい、
しかし私には夫も子供もいますからと言って拒否して欲しい…複雑でした、
何とも言えない気持ちでした。
でもとうとう家内は川島君に抱かれる方を選択してしまったのです。
抱かれることがはっきりしてしまうと、時間の経過が気になりつつも、
私は不思議と落ち着いてきました。結論が決まっているのだから、
後は川島君を信用してその報告を待つしかない…そんな気持ちだったのです。
私は食欲もありませんでしたが、キッチンでインスタントラーメンを作って、
テレビを見ながら食べました。
時刻が刻々と過ぎていきました。12時……12時5分……12時10分……
落ち着きは取り戻したものの、やはり気になりました。
ラーメンだけの簡単な昼食を済ませ、お茶を飲みながらボーッとしていた時でした。
もう帰る時まで何も連絡はないだろうと思っていたのですが、
突然携帯が鳴ったのです。川島君からか?…
私は慌てて携帯を見ました。メールではなく電話でした。
時刻は12時56分だったと記憶しています。
「もしもし…もしもし…」
しかし、電話からは何も聞こえてきません。私はテレビを消して携帯を耳に押しつけました。
「もしもし…川島君か、どうしたんだ?」
すると、携帯からサワサワと布団が擦れ合うような音に混じって微かに声が聞こえてきたのです。
「……ああっっ……ああっっ……」
こ、これは…家内の…声なのか?
「……いっちゃう……」
聞こえにくかったのですが、家内の声に間違いありません。
川島君は家内を抱きながら、携帯を通話状態にしているようでした。
私の心臓は飛び出るぐらいにバクバクしていました。
どんな小さな音でも聞き逃したくない…私は息を殺して携帯を耳に強く押し当てました。
「……いくわっ…いくわっ…また……いっちゃう……」

Acer ノートパソコン Aspire E5-532-A14D/R Windows10 Home 64bit/15.6インチ

新品価格
¥39,860から
(2016/10/18 21:10時点)




Acer ノートPC Aspire E15 (Win8.1(64bit)/15.6インチ/AMD A8-7100 APU/8GB/500G/Sマルチ) E5-551-A48D

新品価格
¥61,800から
(2016/10/18 21:12時点)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家内の彼氏、その8、二回も... | トップ | 家内の彼氏、その10、家内... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。