25no12 blog-美容医療の話題とネイチャーフォト

美容医療や医学一般の話題、野良猫や野鳥の写真など、とりとめもなく綴ります

睫毛(まつげ)が長く伸びる育毛剤

2009年03月08日 | 美容医療


「目は口ほどにものを語る」と言いますが、目は人の顔の中でもその人を印象付ける重要なパーツです。

それゆえ、できるだけ『魅力的な』目を手に入れるよう、アイシャドウ、マスカラなどのアイメイクや二重の埋没法手術に代表される目のまわりのプチ整形など、目の周りの美容は女性の関心の的だと思います。

中でも長くてくっきりとしたまつ毛は、女性を一際美しく見せる要素の一つだと思います。
それを手軽に「塗り薬」で手に入れる・・・・・・女性にとって、とても魅力的な薬が今年、アメリカで発売になりました。

発売されたのはラティッセという薬です。
もともと緑内障の治療薬『ルミガン』として点眼薬として用いられていたのですが、まつ毛が伸びてしまう副作用が見られたため、その副作用を『薬効』として新たにラティッセとして発売したわけです。

私が働いている美容医療科の顧問医がアメリカのビバリーヒルズで開業しているので、そのツテでラティッセのサンプル(実際にアメリカで処方されているもの)をいくつか手に入れました。
この薬を美容医療科(つまり国内)で処方することを考えていたのですが、残念ながらいろいろと制約があって実現しにくい状況です。

さて、ルミガン(一般名:ビマトプロスト)と同様に緑内障に用いられる点眼薬として、ラタノプロスト(商品名:キサラタン)という薬があって、これは国内でも緑内障治療薬として認可されて販売されています。
ラタノプロストも、ビマトプロストと同様にまつ毛が伸びてしまう副作用があり、眼科の医師に聞いているみると苦情も寄せられているそうです(男性の場合、あまりパッチリまつ毛になっても困るんですね)。
こちらであれば、国内でも医師の判断で「睫毛(まつげ)育毛剤」として「保険外処方」をすることはできそうです。

ただ、ラタノプロストでまつ毛が伸びること自体は副作用として論文などでも報告されていてはっきりしていますが、ビマトプロストと比較して効果がどうなのかとか、副作用(ラティッセは「安全」と強調されて販売されていますが、色素沈着や眼のトラブルなどの副作用はあります)が出やすいのか出にくいのかなど、不明な点も多く、今のままで処方するのは無責任だと思います。

そこで、院内で希望者を募って、ラタノプロストとビマトプロストのまつ毛育毛剤としての比較試験を始めました。
まつ毛が伸びる効果が出てくるまで1か月程度、結果が楽しみです♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければ応援の1クリックをお願いします

『美容』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野良猫 | トップ | 不規則な生活-死の四重奏へ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
【育毛剤のおすすめ】 (【育毛剤のおすすめ】)
2010-10-14 23:02:18
【育毛剤のおすすめ】
【おすすめ】育毛サプリメント「パルテノライドEX」 (【おすすめ】育毛サプリメント「パルテノライドEX」)
2010-10-14 23:02:39
【おすすめ】育毛サプリメント「パルテノライドEX」

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。