25ftのかたつむり、、、だったことがある。

魚と道祖神の招きにあひて会社を辞め、トレーラーで旅するはずだったのだが。3年で再定住。4年でトレーラーも手放した。

ミサゴ営巣中

2016-05-31 19:31:00 | Weblog
5月31日 晴れ。
 日本のドライバーがモナコのレースで、ホンダを背負って1位になっている。これは驚異的なことだ。F1の前座のGP2。GP2と言えば、ひと昔前のF2のということだ。
 表彰台の真ん中で「日の丸」にも媚びずだ。「君が代」の最中も表彰台の上でウロウロ。モナコではチームにとっても、個人にとってもスポンサーを獲得するに最重要レース。んだから、ヨーロッパのドライバーはみんないい子にする。その調子で、がんばれ松下!。

写真
 ユバ川のほとりでオスプレイが営巣中。
 川の向こう側、距離240mで電柱の上で営巣中のミサゴを撮影。高さが概ね同じなので巣の状況が良く見える。親鳥の左に小さいけど同じ配色のヒナが1羽だけ見える。経験的には2羽いることが多い。親鳥が周りを神経質に警戒していた。カラスか何かに1羽食われたのかもしれない。


 川のこちら側、撮影していた玄3のすぐ後ろの電柱にも巣箱というか、巣台が作ってある。4年ぐらい前までは、ここでミサゴが営巣していた。どういうわけか、ここ数年は使われず、ペンペン草が生えていている。こちらは、川面からの高度が少し高く、エサを運ぶことに負担が大きいことが原因かも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久ぶりのYuba

2016-05-30 22:13:50 | Weblog
5月30日 晴れ
 昨日、ユバ川まで走って一泊。セントラルバレーは相当暑くなっている。釣りのほうは、諸般の都合で、坊主。一度だけフッキングしたのだが、逃げられた。
 往路で、初めて通る道を使った。(正三角形の2辺の回り道)+(渋滞遭遇)+(一部地道)+(チョイ停車&撮影)を含めて2時間ぐらい余分にかかった。Sacramento川とSan Juaquin川が合流する辺りはSanJuaquinデルタと呼ばれる。上記は、その中を通る道で、水路やら、天上川やら、タカの集団やら、初めてのものがたくさん見られた。写真だけのために行くのもいいな。
 なを、San Juaquinは、サンホアキンみたいな発音になる。知らんと読めん。

写真
 そのタカの群れ。30羽ぐらい居た。概ね赤尾タカだが、他も少し混じっているようだ。初めは渡りの途中なのかと思ったが、どちらにも流れて行くように見えない。この辺りの下が草地、他は耕した畑になっていて、ここだけ餌が多いのか。


 群れのメンバーの、たぶん、Swainson’s Hawk。何か掴んでいる。ネズミかモグラだろうと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツバメの子供はおおきくなった

2016-05-28 21:03:24 | Weblog
5月28日 晴れ、高い所巻雲あり。
2016-05-28
 オバマの広島の演説を聞いた。相変わらずの分かりやすい英語でありがたい。最近のアメリカの大統領というのは、分かりやすい英語の練習をしているんだろうなぁ。それにはいいとして、どっかから
  ”Obi-Wan, victory you say? The shroud of the Dark Side… ”
とかなんとか、マスター・ヨーダのセリフの一部をパクったみたいで、最後に”May THE FORCE be with you.”と言わんかと注目していたけど、さすがに、それは無かった。しかし、Bushみたいに”god beath you.”とも言わんかった、、、うんうん。

写真
 湿地の公園にCaspian TernとFoster's Ternが戻ってきてしばらくになる。大きなハゼが干潟に居るときには両者でエサの住み分けがあったようなのだが、今は小魚だけのようで、エサの取り合いをしている。


 ツバメの子供は、もう、親鳥とほとんど変わらない大きさになっていて、巣から顔を出して親鳥を待っている。まもなく巣立ちだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百円ぐらいの夜景

2016-05-27 23:50:21 | Weblog
5月27日 快晴
 月曜日はメモリアル・デー、つまり戦没者の日ということで、オバマさんの広島の演説もこれに合わせたのかもしれない。んで、今週末は3連休。全然予定はない。1日ぐらいはYuba川でいいから釣りに行きたいと思っている。

 先日、GoogleMapsを見ていたら、SanJoseを見おろせると思われるVista Pointがあった。現住所から30分ぐらいだろう。んで、今日は、暗なくなってから火星の撮影も兼ねてそこに行ってみた。

写真
 そのSanJose方面の写真。いわゆるシリコンバレーの半分ぐらいが写っている。San Jose市街のささやかなビル群は、ほぼ正面、左から飛んできてSanJose空港にアプローチする光の筋が消えるあたりに少し縦長の明かりがある。それがその市街地。飛行機が向かう空港は、右端の上の少し暗くなっているのがそうだ。百万ドルの夜景とはいえなくて、百円ぐらいかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お経でも読む

2016-05-26 22:37:26 | Weblog
5月26日 快晴
 以前から懸案にしているのが、「列車でシアトルまで行く」というやつだ。直線距離で概ね1100Km、列車では24時間かかる。オークランドを夕方出て、シアトルに夕方に着く。最低一泊で飛行機で帰ることになるから$1000仕事になる。おそらく何もすることがないだろう。調べてみたがWiFiもないようだし、携帯も点いたり消えたりらしい。$1000で何もすることがないのが無駄な気がする。お経でも読むか、、、うううう。

写真
 モフェットフィールドの続き。
 P-3C Orion対潜哨戒機。先日の「鳥かご」でエンジンだけ見せていた固定展示の機体。尾翼のPMは、昔の写真を見ると尾翼にはPDと書いてある。パトロール飛行隊のVP-9が使っていた機体らしい。搭乗口に入場制限の鎖(プラアスチック)があるが、寄って行ったら中に入れてくれた。 なを、ここにはP2も置いてあるが、奥の方なので行けない。


 内部はこんな感じ。物が物だけに高価な装置は修理などで他に使ったのか、ずいぶん抜けが多い。それでも正面下のはソノブイからの受信を出力するプロッター。その頃の雰囲気がある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加速器からレーザー施設に

2016-05-25 23:59:09 | Weblog
5月25日 晴れ。
 湾の上は晴れだけど、周りに雲がある。

写真
 いきなり写真で、さらに、ほとんどの人には興味がないものの写真だな、、、すまん、すまん。
 スタンフォードの重粒子直線加速器の地上部分。加速器の大半は280号線の地下をクロスするように掘ったトンネルの中にある。直線加速器自体は玄3が学生の頃に名を馳せていたもので、今は進行波菅のような原理で光を増幅する自由電子レーザーの研究施設が稼働している。この施設は単波長ではあるが、兵庫県の相生の山奥にある巨大なシンクロトロンを使った放射光施設Spring-8より強力な光を作り出す。この施設は多少窪んだ所にあるので定期便からだと結構見づらい。

追記
 「玄3が学生の頃に名を馳せていたもの」、ここの部分、読み違えてはいけない。玄3がなを馳せていたのではなく、日本の片隅に住んでいた玄3まで施設が名を馳せていたということだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見分けがつかない

2016-05-24 01:13:57 | Weblog
5月23日 晴れたり曇ったり
 PC&P、つまり、Prastic、Cosmetic & Photoshopだな。んで、まぁ、Prasticは整形だな。顔のいじり方の傾向が固まってきたように思う。動画を細工するのは素人では難しいのか、最初のPC。インスタグラムに乗っている女の子のスチール写真は、お手軽に「C&P」や「&P」だけだったりするみたいだ。Photoshopは強力なので、手間さえかければ、それだけでもなんとかなる。いづれにせよ、全部同じような顔で見分けがつかない。

写真
 Moffett Fieldには小さな博物館がある。オープンは水曜から土曜日の10時から3時と書いてある。以前、平日に行こうとしたら、さすがに基地で、あらら、ゲートで止められた。何か予約のようなものがいるのかもしれない。


 博物館横の柵の中にNASAのマークが入ったU2。あの黒いジェット機もNASAになると白に青のストライプになる。このU2の向こうに、NASA塗装のFA-18とF-104が、右側に迷彩のヒューイコブラが置いてある。背景は「鳥かご」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Moffett Field

2016-05-22 21:29:21 | Weblog
5月22日 曇り。玄3の頭の上だけ晴れ
 今年もコーリン・ファウンデーションのB-17,B-24,B-25それにP51Bがモフェットフィールドに来ていて、パロアルト方面の上空を飛んでいる。車を転がしていると、上空をB-24が飛ぶもんだから、バス停で待っている奴が「何事か?」と飛び出してくるから危ないのだ。一応基地なので、いつもは入りにくい。しかし、これが来ている時は問題なく入れるので、、、行った。

写真
 正面ゲートの少し奥にあるスペースシャトルのモニュメント。モフェットフィールドが非常用着陸場だったし、NASAのこのあたりでの拠点だった(今もか)関係で展示されている。本物より小さい。風洞試験のために作った1/4ぐらいの模型だと思う。


 「鳥かご」と固定展示のP3対潜哨戒機の3番と4番エンジン。
 玄3が勝手に「鳥かご」と呼んでいるのは、モフェットフィールドのアイコンである昔の飛行船格納庫の骨組み。昔々、まだ皮も有る頃に、日産がCMの撮影に使ったのを日本でも流していたと思う。
 取り壊しを免れて、Googleが何かの形で残すということになっていたと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜間飛行に

2016-05-21 21:32:44 | Weblog
5月21日 曇り
 今日から快晴が続くはずなのに、曇りってなんのかなしらん、、、?

 アメリカには「アウト」なのに大統領になろうとするのが居るかと思うと、日本のニュースサイトを見ると「アウト」でわからんのが結構いるんだなぁ。極端な鉄ッチャンたちはどう見ても「アウト」だが、雨ガッパの「ふぇち」かぁ、、、うーん、、、警察も想定外のことが起きるから心の準備が大変だわ。

写真
 SFO、21:30頃。
 昨日は人を送ってSFOに。その帰りに同空港から夜間飛行に飛び立つのを長時間露光で撮るテスト。あとで明合成を使うが、光跡が途切れるのが辛い。長く続いた光跡が欲しければフィルムカメラで撮るしかかないかなぁ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

否定せずの組み合わせ

2016-05-20 23:47:07 | Weblog
5月20日 曇り、晴れ間あり 
 「トランプ氏、クリントン氏の副大統領就任を否定せず。」、「クリントン氏、サンダース氏の副大統領就任を否定せず。」、それに「サンダース氏、クリントン氏の副大統領就任を否定せず。」までは発言があった。あと、可能性が有りそうなのは、「トランプ氏、サンダース氏の副大統領就任を否定せず。」だな。「クリントン氏、トランプ氏の副大統領就任を否定せず。」というは面白いけどこれが言えないのがクリントンの弱みだな。

写真
 グレイハウンド、バス。学生時代にはアメリカを代表する長距離バス会社として頭にあったが、このあたりではあまり見ない。2~3年に1回ぐらい見るだけのような。本当はもっと走っているけど、玄3と時間帯が合わないのかもしれない。
 サイモン&ガーファンクルが♪Let us be lovers marry our fortune together♪と歌っていたのはグレイハウンドの中の二人だったのだろうか。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加