25ftのかたつむり、、、だったことがある。

魚と道祖神の招きにあひて会社を辞め、トレーラーで旅するはずだったのだが。3年で再定住。4年でトレーラーも手放した。

タバコ無しの日が来る

2014-05-30 00:31:15 | Weblog
5月28日 快晴
 5月31日は「タバコ無しの日」らしい。WHOが決めたみたいだ。何故この日なんだろう?
 んで、このWHOのサイトのグラフによると、タバコの税金が上がると病気で死ぬ人が減るというものだ。しかし、あまり死なないと人口が多くなりすぎて、そのストレスや食料不足で死ぬ人が増えるんじゃないかと思ったりする。タバコを吸う人は、健康保険に入らず、早く沢山一人で吸って、火事も起こさないように注意して、早く死んでもらうのがいい。
 ところで、WHOのアフリカのサイトによると、西アフリカのエボラは拡大中で182人死亡。流行期間がかなり長くなっている割に少ない。WHOと現地の健闘のたまものだろうが、院内感染も引き続き起きている。院内感染はnosocominal transmissionというらしい、、、勉強になる。南スーダンではコレラも進行中。アフリカは行かない方がいい。なを、この単語をMSWordで入れるとミススペルの赤線が付くのが面白い。

 写真
  28Lにアプローチするユナイテッドのボーイング777。航空ショーなどで中断していたSFO双発ジェット旅客機の識別シリーズ。
 B767まで行っていたと思うから、B777だ。B757とは少し丸い機首で識別可。B767との識別はタイヤの数とサイズだけ。機尾の形は多少違うが、見る角度に影響されるから決定打にはならない。


 同じくエアバス321。
 これはB757との識別が難しいが、ウイングレットが上下に出ているので識別できる。しかし、真下や遠い所からその識別をするのは困難になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藍より蒼き

2014-05-29 00:44:11 | Weblog
5月28日 快晴
 乱射事件で撃たれて重体だった女の人、亡くなられたとか。この人が元々のターゲットだったとか、はっきりとは聞き取れなかった。犯人も入れると、全部で8人死んだのかな。
 この事件、玄3はサンノゼで起きたのかと思っていたら、もっともっと南の方のサンタバーバラ方面の事件らしい。こういう乱射事件が、すぐ近所のサンノゼで起きたと思っても
 「ふーん、あっそう、危ないわねぇ。」
と、この程度の反応にしかならない自分が妙な具合だと思う。その一方で、自分なら一発ぐらい撃ち返したいと思たり。アメリカは乱射事件がしょっちゅうあって、意識の中では、もう普通の事件になってしまっている。例えば、日本のノコギリ乱入の方がインパクトがある。どちらも、とても普通の事件ではないのだが。 まっ、とにかく、合掌。

写真
 フレッシュな写真がないので、トラビス2014の続きを載せたりする。偏光フィルターで青黒く落ちた空と白煙を追っている時には、玄3のおめでたい頭の中では
 ♪藍より蒼き 大空に 大空に♪
って曲がかかっている。別に落下傘というわけではないのだが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イヤガラセの応酬

2014-05-27 23:52:28 | Weblog
5月27日 快晴
 中国機が接近したと言って怒っているみたいだが、ソ連の飛行機にスクランブルした日本やアメリカもかなり近いんじゃないかという写真があったような。50mmぐらいのレンズでTu-95の後部銃座に座っている乗員が持っているペプシコーラが分かるというのは、50mぐらいから撮ったんじゃないかなと思ったりする。まぁ、スクランブルというのはそんなもんだろう。一応外交筋を通して抗議をしても、寄って来た中国機には「はははっ、そんなに熱くなるなよ!」とか言いながら電子偵察を続けるのが偵察機ってモンだな。

写真
 スクランブルなんてイヤガラセの応酬みたいなもんで、この写真はカナダ空軍版のFA-18、つまりCF-18のイヤガラセのアイテムだな。機首左のストレーキの下にあるのがカナダ向け特製の60万カンデラのスポットライト。国籍不明機が来たらスクランブルして、放水合戦しても意味ないから、これで至近距離から「ビカーッ」と照らししてイヤガラセしようってわけだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また、ドロボウされた

2014-05-26 22:41:43 | Weblog
5月26日 快晴
 またドロボウにあった。前回は留守中に部屋に入られたのだが、今回は車上荒らしだ。
 先日きりん座流星群を撮りに行ったときに持って行ったフジX100s、ポラリエの極軸望遠鏡、35mmシフトレンズ、それにオリンパスの双眼鏡を盗まれた。そう言うものを入れて行った箱を車から下ろすのを忘れていて、箱だけ残して中身をごっそり盗まれた。ハズレの流星群の余波がこんな所に出た。
 そうそう、それにGPSも持って行かれた。全部で4000ドル分ほどいかれたな。キャノンのカメラやレンズ、それにポラリエは三脚に付けて部屋の中だったのでOK。今回のドロボウは電子機器が専門かと思ったら、何故かiPodと高級品の一脚は盗まれていない。ついでに天井にぶら下げてあった小型のビデオカメラも残っている。不思議なのは、玄3の10年位前の目に合わせて作った偏光のサングラスを持って行ったようだ。乱視がキツくて普通の人は使えんだろう。
 モノは、どうせ帰って来ないだろうから警察にレポートしないでおこうかと思ったが、車の中に知らない靴が2足残っていた。ピンクの少し小さいスニーカーだ。誘拐された女の人の靴だったりすると気持ち悪いので警察に連絡してファイルした。
 んで、お巡りさんが言うには、近頃、この辺りのアパートをゴルフカートに乗ったドロボウが出没しているのだそうだ。アパートの管理人は、敷地内をゴルフカートに乗って移動する場合が多いので、そういう人を見てもアパート関係者だと思って怪しまれない所を突いているようだ。
この国はドロボウが多いなぁ。ドロボウとホームレスがそこらじゅうにいる。

写真
 今日はそういう気分にならないので気分が悪いので写真は無しだ。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

メモリアルデー

2014-05-25 23:11:12 | Weblog
5月25日 快晴
 この週末は5月の最終月曜日、つまり、メモリアルデーの3連休。いわゆるlong week endというやつだった。 なんでも、ヨセミテ方面は去年の焼け跡が花畑になっているというのだが、中日の日曜にヤボ用があって、遠出は金曜夜から土曜朝にかけてのシェラネバダ方面だけ。あのハズレのきりん座流星群の件だ。あれは、流星の活動があったらしいが、それらしい流れ星を玄3は見ていない。せっかくの新しい流星群だったのに、観察できずじまいになった。

 そうそう、半島側のモフェットフィールドに例のコーリンファウンデーションのB-17、B-24が来ている。こっち側からもB-17が遊覧飛行をしているのが見える。

写真
 C-133 カーゴマスター。
 フレッシュな写真がないのでトラビスの航空ショーの続き。 製造は今は亡きダグラス。ICBMアトラスを丸ごと輸送するために作った大型のターボプロップ輸送機。機内にはそのミサイルを引きずり込むためのウインチも作り付けてある。この後継機は、いきなり、あの重戦車2両を運べるC-5になるわけだ。
 この機体は3年前のトラビスの航空ショーの時にテキサス方面から自力飛行してトラビスにやってきた、このブログに載せた、アレだと思う。その時、空軍のエンスー達が、この飛行機のエンジン音をデジタル録音して残すために、最期の飛行を行って、今はトラビスの航空博物館に野外展示してある。ここの野外展示の4発機はCー124、Cー133、B-29、C-133、C-5、B-52。それにDC-4/Cー54もあったかもしれない、、、と大物がそろっている。


 機内にマニュアルが置いてあった。普通に撮ったら、いい感じに写っていたので掲載することにした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウンともスンとも

2014-05-24 03:33:03 | Weblog
5月23日 晴れ
 今、24日の午前3時半ごろ。0時から2時ぐらいがピークと言われていたキリン座流星群の件。少し山に入って写真にとろうと、約2時間のドライブ。 ウンと流れるか、スンと流れるかと期待して行ったのだが、、、ウンともスンとも流れなかった。その上、高空に薄い雲が出ていて、見通しもあまり良くない。
 少しピークがズレたにしては異常に流れる数が少ない。いつもより更に少ない感じだ。ギャンブル系の天体ショーはまたもやハズレのようだ。これから朝方までにピークが来るなら、まぁ、しかたないな、、、ということで、玄3は寝ることにする。
ひょっとして、ピークだ大幅にズレて、日本方面にピークが来るかもぉ。

写真
 1時半ごろの空。遠くの町の光なのか、雲が光るよなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GODZILLA

2014-05-23 00:11:39 | Weblog
5月23日 快晴
 明日から明後日にかけて、流星群が有る予定の日だ。

 アメリカ版「ゴジラ」、つまり「GODZILLA」だな。ゴジラ還暦祝いのリバイバルということだな。席の混み具合の関係から不本意ながらXD3Dになった。アメリカ製ゴジラの出直し第1作は、「ゴジラ対ギャオス」になっていた。主人公の人間の線が少し細いが、これは主役がゴジラではいたしかたない。
 オリジナルで主演した宝田明がカメオで出るというので注意して見ていたが、どれが、その宝田だったのか、、、あの画面の左の席から白衣を着て一言だけ言った彼かな。
 この映画も長くて、途中で多少飽きるものの、最期はサンフランシスコをメチャメチャにして大暴れ。うん、良いよ。評価はBかな

写真
 この辺りは紫の花が多くなって、これで花の季節もおしまいだな。歩道の段差のわずかな隙間にも濃い紫のスミレみたいな小さな花が咲いている。写真に撮っても青みの濃いこの色がちゃんと出ないし、風に小さく揺れていてピントも甘い。小さな花にも5分の魂でその美しさをなかなか撮らせてくれない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

超大革命

2014-05-20 22:35:21 | Weblog
5月20日
 朝7時ごろ、「トトン、トトン」と外で音がすると思ったら雨。去年もこういう遅い雨が一度あったような。んで、タホ方面は雪が3~4インチ積もったらしい。標高が標高やからやなぁ。今週末は晴れるんかいな。

 先日のハワイ行きのユナイテッドの機体は、機内の映画などの配信が全てWiFiで放送だった件は書いた。その時はWiFi化自体に驚いて気がつかなったが、下のA380を撮っていて、機内アメニティのWiFi化は民間航空業界にとって超大革命だと気がついた。
 このA380がWiFi化されているか知らないが、A380を製造する大きな難関の一つが最大800席のシートのそれぞれに配線することだった。WiFi化で、各席へのアメニティ関連の配線が無くなる。一時、その為にこの飛行機は制作不可能とまで言われたA380の配線作業がほとんど無くなる。それに大変なコストダウンだ。各席のモニター自体も無くなり、電線が減る。すると、その重量が燃費にダイレクトに効く。玄3がブツクサ言っていた衛星放送のアンテナの膨らみの抵抗分など簡単にカバーできるほどの大変革だ。それを下の写真を撮っている時に気がついた。
 んで、件のユナイテッド航空のフライトで、ビデオになっていた救命胴衣の装着説明が、客室乗務員の実演にもどっていた。妙なところで復活、、、おもしろ
いと思うのは玄3だけかなぁ。

写真
 SFOの28RにアプローチするエールフランスのA380。サンフランシスコーパリ間だと思う。いつもの土手から遠い方のR滑走路で400mmのレンズでこのサイズになる。コクピットの窓の小さいこと! それにしても、まぁ、不細工な飛行機だがそれはいい、、、超大革命の象徴だから。んで、これが落ちたら800人死亡になるが、それもいい、、、、織込み済みだから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アーモンドの実

2014-05-18 21:17:36 | Weblog
5月18日 快晴
 ということで愛鳥週間も終わり、今週末23/24日は、いよいよ、新流星群として予報が出ているきりん座流星群だ。
 きりん座のキリンはGiraffeではなくて、Camelopardalisというらしい。カメロパルダリスと読むのかな。でもGiraffeでも通じるみたいだ。
 ISON彗星は消滅して大ハズレだった、あれ以来のギャンブル系の天体ショーということになる。予想ピーク時間は24日の03:00あたりで、その前後1時間がいいみたいだ。この流星群の元になる彗星(209P/LINEAR)のダストは普通より大きいとか、色々と期待とウワサが先行しているのはISONと良く似ていて気持ち悪い。イベントの五月のフィナーレにふさわしく、雨の如く、嵐の如く、沢山の明るい流星が降りますように。

写真
 2月ごろだったか、近所の道路沿いに咲いていたアーモンドの実が大きくなっている。表面にウブ毛が生えていて、実が小さい時にはちょっと梅の実みたいに見える。少し大きくなると伸びて、更に凸凹してくる。サイズはもうこんなもので、あとは熟すのを待つだけだな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴジラ

2014-05-17 21:41:05 | Weblog
5月17日 晴れ
 ここのところ、上空に高い薄い雲が出る日が続いている。

 「ゴジラ」が今日から一般公開。近所の映画館に行ったら混んでいる。入場料7~8ドルの2Dはもちろん、いつもは観客が比較的少ない16ドルぐらいのXD3Dまでムチャクチャに混んでいる。んで、撤退した。
 「スパイダーマン」を見に行ったと書いて、評価は書いていないと思う。単純にBだ。ただちょっと長いなぁ。

写真
 近所の山の公園の案内板にあるネコの注意書き。誰の手になる絵か知らないが、モデルは凛々しい顔立ちの猫だろう。
 farel, stray, outdoor… 何かというと家猫系のcatの前に付く修飾語だ。アメリカにも野良猫が結構多い。その中でもfarel catと呼ばれるのは、野良猫2世代以上にわたって人に飼われたことが無い猫。野犬に習って野猫とか、後天性ヤマネコと呼んでも良いような猫だ。もう完全に野生化していて人になつかない。このあたりだと、夜中、オークランドの東の山道を走っているとしばしば出会う。先祖のリビア山猫の本性を取り戻したのか、かなり凶暴で、下手に捕まえようとするとケガをするらしい。更に、昨日のTC-135Wと同様に、野鳥たちの脅威でもある。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加