25ftのかたつむり、、、だったことがある。

魚と道祖神の招きにあひて会社を辞め、トレーラーで旅するはずだったのだが。3年で再定住。4年でトレーラーも手放した。

艦隊週間の季節

2012-09-30 23:43:19 | Weblog
19月30日 快晴
 超強力な台風で叩かれたみたいでお見舞い申し上げます。今年の連発気味な超強力台風は朝鮮直撃コースをとっていたのが、今回は日本海コースをとばして、本州南岸広戸風コースになったなぁ。
 
 こっちは夏が舞い戻って来て暑かった。Indian Summerの季節というと思い出すのがサンフランシスコ艦隊週間。今年も10月4日から8日まで。今年はペルシャ湾、東シナ海、リビア、シリアと揉め事続きで残念ながら空母は参加できないみたい。海兵隊の飛行デモもあるらしいから「危ない、危ない」の大合唱のオスプレイのデモあるかも。危ないから見に行かないかというと、そんな事はない。

写真
 Yellow Warblerなのか、Blue-Winged Warblerなのか、はたまた全然違うWarblerなのか。いずれにしてもWarblerの仲間で間違いないと思うkどそれ以上分からない。背丈1mぐらいある草が斜面に茂みをポン、ポン、ポンと作っていて、鳥達はその実を食べている。日が高いうちは中ほどで実を食べているが、日が少し傾くとその草の上や表に出て来て食べはじめる.
夕日の関係で黄色が強く出ているが、もう少し緑かかった明るい黄色。

 先日、カメラを修理に出して以来、こういう状況での望遠レンズの焦点の合いが良くなったような。修理のついでに何かチューニングしてくれたのかもしれない。だとするとキャノンの修理工場に感謝感謝。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャンケンで負けるやつ。

2012-09-26 23:22:29 | Weblog
9月26日 快晴(だったような)
 ラジオのCMによると、「5時間エネルギー」型の新商品が出て来たようだ。これまでの製品の味が悪い(特に後味が悪い)ので味を良くしたことを協調していた。薬屋等にあるというので行ってみたが、まだ、店頭には置いていない。

 世の中には、時々、後出しジャンケンで負けるやつが時々いる。CANONの12コマ/秒の!Dxは値が高すぎるし、Mk3の6コマ/秒では不足だし、困った。おお、そうだ、ミラーレスなら安くて速かろう。時期が来たらキャノンのミラーレスEOSーMでも買ってやろうとスペックを眺めた。オリのOMーDでもRAWで20コマ/秒だから、キャノンなら25コマぐらいは行くだろう、、、、、と思った。ところが、これが4コマ/秒。冗談かと思ったら本当らしい。ミラーレスとしては一番最後に出して来たのに、これは、どうなっているのか言い訳を聞かせてほしい。超後出しジャンケンをしておいて、それで負けるというのは何とも言えん状況だ。ファインダーも無いし。これ、発売しない方が良いと思うよ、、、えっ?、、、しちゃったか。

写真
  Oyter Chatcherの胸元がカイイの。
 この鳥のように短い首に長いクチバシというのは、こういう時に非常に苦しい姿勢を強いられるという例。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾の艇長に座布団1枚。

2012-09-26 00:24:59 | Weblog
9月25日 快晴
 台湾の漁船団と巡視艇と、日本の巡視艇が”諸島”付近に出て来て水を掛け合っているらしい。まぁ、領土問題の常で、文字通りの水掛け論をやってみたってことlか。水掛け論の語源は、日本オリジナルか、それとも中国にあるのか。これをちょっとググってもわからない。いずれにしても台湾の巡視艇の艇長がこれを踏まえて日本の巡視船の放水に対応したとすれば座布団1枚な奴だ。
 それはそうと、どうせアメリカが「冗談にでも引くなよ。」と日本に言っているだろうから日本は引かないだろう。しかし、万が一、あの”諸島”から日本が「やーめた!」と言って手を引けば、あそこに出て来るのは台湾中国ではなく大陸中国なのは明らか。あんな所に大陸中国の出張所ができれば陸上部隊は駐屯するし、でき上がった練習空母と一緒に重装備の艦艇多数が常駐するのも必至。それで台湾中国の北側はぐるっと大陸中国に封鎖されたような形になる。台湾の人達はどっちも嫌だろうけど、日本が居るのと大陸中国が居るのと、どっちがLESS嫌なのだろう。

 9月も終わりに近づいた夕方、湿地の公園の丘の中腹にいた。右の薮の方で「ジジジッ」とハチドリが鳴くような声がした。見ると逆光の中にそれらしき影が見える。素早くレンズを向けてシャッターを落とした。んで、結果の写真からはハミングバードは消えて、左上のミソサザイみたいな鳥が写っていた。鳥2羽に「あんた、遅いよ」と言われたみたいだ、、、とは言うものの、秋の風景になったなぁ。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

困ってしまう。

2012-09-24 01:37:33 | Weblog
9月23日 晴れ 
 高いスジ雲がそれなりにある。遅寝でボケた頭でお休みもズルズル仕事。なんとかしないと疲れるだけだわ、、、はぁ。

写真
 この湾のきれいなビーチをフリチンでランニングしているオッサン。
 OysterCatcherがいる小さな湾、その一つ向こうの少し大きな湾に面した崖がウミバトの巣があった所だ。そこから上半身裸のオッサンらしき者がおるなぁと、望遠レンズをのぞいて、、、仰け反った、、、下半身も裸だった。向こうに見える家族連れがいてもお構いなし。犬を連れたアベックが居てもお構いなし。お巡りさんも来ないのをいいことに、ちんちん丸出しで波打ち際をゆっくりランニングで行ったり来たり。まさか、この浜をフリチンで走り回って、フリチン以外の人が来にくいようにして、フリチン天国にしようなどと考えているんじゃなかろうなぁ。アメリカ、奇人も多くて困ってしまう。

追記
 フリチンかフルチンか気になったのでWikiってみた。「曖昧さの回避」として、チェコにはフルチンという街があって、ロシアの共和国の検事総長にセルゲイ・フルチンという人がいること書いてあった。よって、曖昧さの回避の観点からフリチンを使うべきだと分かった。詳しくはWikiって下さい。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ならぬはNASAのNASAぬなりけり、、、とぞいひけむ。

2012-09-22 00:28:59 | Weblog
9月21日 快晴
 エンデバーが8:30から10:00のということ8:00頃からダンバートン橋に平行して突き出している釣り桟橋で待っていた。ところが、9:40になっても来ない。他に用事があったのでギブアップして帰った。だいたい、その時間帯はサンフランシスコ空港に国際便が入るラッシュアワーで、沢山の飛行機が空港に南からアプローチする。その空域を逆向きの北から入って来ようというのが無理があるんじゃないかと思う。多分SF上空でずいぶん待たされたんじゃないだろうか。
しょっちゅうカウントダウンをやっているNASAなのだから、丁度真ん中の時間帯の9:15頃に来るぐらいのことはできると思う。やる気が全然ないのだろう。こういうのは「ならぬはNASAのNASAぬなりけり」という。

写真
 サメ。
 んだもんだから、シャトルの写真はない。朝早いと釣り桟橋に平日でも釣り人がいる。どっかのアンチャンが太いロッドを曲げ込むような良い引きをする魚をかけた。何かなと見ていると、桟橋の上からごぼう抜きに抜き上げた魚は、ゲゲゲッ、全長1mぐらいありそうなサメだ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エンデバーが飛ぶ

2012-09-19 00:28:55 | Weblog
9月18日 快晴
 ここ数日、一行の長さを決めないで書いている。今までの約33文字だとiPhoneで改行が合わない。読みやすい長さが良く分からないのでこの改行に変えてみた。

 この金曜日にベイエリアの上空をエンデバーを背中に積んだB747が飛ぶらしい。もっと早く来るはずだったのが、フロリダの天候不順で延期になっていた。永久展示予定のLAに輸送する途中、遠回りしてこの上を飛ぶのだそうだ。エンデバーにとっては最後の飛行になる。
 早朝に中継地のエドワーズ基地(たぶん?)を飛び立ち、サクラメントからゴールデンゲート橋の上空を飛び、シャトルの緊急着陸用の飛行場に指定されていたモフェットフィールドの上空を通過する予定。モフェットフィールドの通過時間は朝8:30から10時までの間を予定しているということ。玄3は出勤前に湾のこちら側から望遠で撮れたら撮るという方向で準備する。結果は朝の霧と玄3の早起き根性次第だろう。 アイオワもエンデバーもLAに持って行かれちゃって寂しいなぁ。

写真
 ウミバトはいなかったかなぁ、と思いながら、ガケっぷちを歩いていると、遠くの岩に黒っぽい鳥が降りた。ウミバトかと小さな湾を回り込んで崖の上からのぞいてみた。すると、このOysterCatcherがいた。はじめは一羽かと思っていたが、実は3羽いた。しばらく見ていると、そのうちの一羽が少し大きな貝の身を引きずり出した。と、早足でクチバシが少し短いやつの所に持って行く。その一羽も駆け寄ってエサを受け取って食べた。巣立ちしたばかりのヒナのようだ。どこで営巣していたか分からないし、元々の卵の数も分からないが、カラスやカモメの攻撃を乗り切り、とにかく1羽巣立ったようだ。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

phalacrophobiaって、ファラクロフォビア。

2012-09-18 00:50:41 | Weblog
9月17日 快晴
 昨日は上空にスジ雲が沢山出て、幻日や天頂アークが見られた。今日は、夕方になって気温がかなり下がってきた。人類が滅亡するはずだったりする2012年もあと3ヶ月で終ってしまう。

写真
 ネス湖の怪獣じゃなくて、首を海面からズボッと出したウ。藻がついた岩の背景で黒いウの浮上シーンというのは結構難しい。何処に浮上してくるか分からないからだ。ずいぶん粘ってやっとちょっとまともなこの1枚。
 ウはCormorant、コーモラントであるな。科レベルではPhalacrocoracidaeらしく、ファラクロコロシダエとなる。「腹黒殺したれぇ」と覚えると良い。鵜飼の説明で「喉の奥が大きくなっていて」と聞いたような気がする。しかし、この鳥はペリカン属のお仲間で、ペリカンよろしく喉の下に袋があるらしい。ウミバトの居なくなった小さな湾でこの鳥だけが潜りの稼ぎをしていた。
 なを、ググっているとphalacrophobiaという単語が出て来た。ハゲ恐怖症のことらしいが、語源がウに関係あるのか知らない。更にググってみると、いきなりトム・クルーズが出て来るのがおかしい。彼はハゲ恐怖症らしいのだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西海岸の夏も終わりと思いけむ。

2012-09-16 03:07:52 | Weblog
9月15日 快晴
 遅ればせながらDVDで「真珠の耳飾りの少女」を見た。フェルメールのあれだ。普通はアクション系ばかりで、こんな映画は見ないのだが、Netflixの予告編をクリックしたら妙に画面が良いので借りてみた。何とかヨハンソンはヨハンソンでよかったが、フェルメールの嫁を演じた女優が相当インパクトがある。
 ヨハンソンの顔つきがオリジナルの絵と大きく違うのだが、映画を見ているうちにこっちが本物の顔だと思うようになってくる。絵の方はどんなだったかとググッてみたら違う顔が出来てびっくりする。監督とカメラが旨いんだな。

写真
 カイツブリの仲間だと思うが。かなり遠くてトリミングしてもこんなぐらいしか写らない。全然飛ばない。潜らない。わずかに上向きの鋭いクチバシでカモメでないことはわかる。LoonかGrebeなんだろうと思う。
 昨日は遅くまで起きていた。んで、今朝12時直前に起きた。ゆるゆる朝昼兼用のご飯を食べて、今日はウミバトの子育てはどうなったかと、いつもの岬に行って見た。ウミバトの姿は全く無く、この知らない鳥とウがそれぞれ一羽。それにいつものカモメと褐色ペリカンが沢山いるだけだった。無事に巣立って海上のどこかにいるのだろう。西海岸の夏も終わりと思いけむ。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

効き目は違わないと思うよ。

2012-09-15 00:20:05 | Weblog
9月14日 快晴
 世の中は、あっと言う間に金曜日。

 イスラム系暴力団があっち方面でゴタゴタ。反日系暴力団が中国で
ゴタゴタやっている。 アメリカはと言えば、明日と明後日はリノの
エアレース本番。無事故でありますように!

 中国と言えば、ここ2週間ほど次期主席が姿を見せていないとか。
入っていた外交予定も全部キャンセルで、一部には、この人事に反対
する軍部に青龍刀で刺されたという噂も飛んでいるらしい。青龍刀は
刺すには不便だと思うが。
 中国も経済成長率が伸び悩み、軍の統制が効かなくなり、内政が行
き詰まっているのだろう。朝鮮2国や日本も同じくで、為政者はこう
いう行き詰まった時には海外に目を向けさせようとする。今回の反日
ゴタゴタもそういう意図があるんだろうなぁ。偉大な毛沢東主席に学
習した広範な革命的人民は、このような反革命的煽動には乗らない筈
なのだが、、、秋風や、革命は遠くなりにけり。

写真
 写真がないので絵を描こうとと思ったがネタがないし時間もない。
浮浪者をしていた頃が懐かしい、、、と言いつつ。
 んで、浮浪者になる替わりに、飲んで頑張っている「5時間エネル
ギー」(右)と、Walmartで扱っている偽物(左)。大体単一乾電池
ぐらいの大きさ。Walmartでは、本物はこの2本パックで$5.00
ぐらい。偽物は同じく2本パックで$1.50ぐらい(中国製か?)。
本物をそこらの薬屋で買うと$3.50/本ぐらいする。この差で
Walmartがいかに強力であるか良くわかる。なを、本物も偽物も効き
目は違わないと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のきなみ半旗

2012-09-13 02:06:27 | Weblog
9月12日 快晴
 今日は近所に立っている星条旗がのきなみ半旗になっていた。 今だと
半旗になりそうな事と言えば、、、と考えて、ジョージHWブッシュが亡
くなったかと思った。ところが、これは、そうではなくて、例のリビアの
大使とその一行が殺された件らしい。
 悲惨な事件だな。大使一行が殺さたというと、全面戦争になるような事
件だ。事の起こりは宗教ベースの問題らしいが、あのマザーテレサでさえ
 「神様はいないんじゃないぉ」
と言っていたとかの噂もあるこの世界で、宗教や神様は苦笑いの冗談で済
ませるとか、当事者間での殺し合い、せいぜいその程度にしておいてもら
いたい。第3者を死なせるようなのは話にならん。
 ただ、しかし、テスラの工場の星条旗は旗竿のトップにヘンポンとひる
がえっていたなぁ。
 
 例の「レッドブル」は濃いリポビタンD。「5時間エネルギー」は炭酸
抜きで更に濃くて量が少ない。エネルギーと言っても0カロリー。まぁ、
カフェインとタウリン等のアミノ酸、それに各種消化酵素しきものの混合
物。ただし、カフェイン抜きの製品もあるらしい。
 日本に売っているかどうかは、玄3は知らないのだが、「ユンケル」等
の強敵があるから進出しにくいかもぉ。これが店に並んでいるのを見ると、
電池が並んでいるみたい。目的に適合していると言えば適合しているパッ
ケージで、気持ち悪いと言えば気持ち悪いパッケージ。
 玄さんとしては1本全部飲むと気持ち悪い。んで、半分だけ飲む。昔、
タモリの勃起不全治療薬のネタで、、、
  「2時間も立っていなくていいという奴が半分飲んだ。すると
  半立ちが、2時間続いた。」
というのがあったが、これもそれ近い効き方をする、、、ような、、、
「立つ」とか。そういう問題じゃなくて、元気が出るとかそういう問題の
効き方の話ですが。くわしくは以下をどーぞ。
 http://www.5hourenergy.com/index.asp

写真
 F-16の低速飛行。サクラメントの航空ショーの写真はこれでおしま
い。F-16のエアブレーキはこんな所にあるというのが良くわかる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加