25ftのかたつむり、、、だったことがある。

魚と道祖神の招きにあひて会社を辞め、トレーラーで旅するはずだったのだが。3年で再定住。4年でトレーラーも手放した。

カイイの!

2008-05-31 09:56:36 | Weblog
5月30日 晴れ
 今朝から何やら足が痒い。十何カ所かムシに刺されたように赤くなっている。どうも何処かにアリかダニが巣食っているらしい。アリは、電力ケーブルを伝って入って来ていたのを少し前に退治した、、はず。どうも今回はダニらしい。乾燥しているから日本の常識ではダニなど繁殖しそうにないのだが、、、シラミ?、、、フライの材料に羽虫が付いたか? 防虫剤は入れてあるけど、、、いやだなぁ。
 寝ている間にやられたようなのだが、ソックスの淵が沢山やられている。ダニが痒くなるのは6から8時間後とか言う。他所でやられたのが朝になって痒くなったのか。取りあえず布団、毛布、シーツをひっぺがして殺虫剤をバラまいてやった。トレーラーも風も通した。洗濯が効かない布団はクリーニング屋へ、洗えるものは全部まとめて洗った。

 今日はオフィスまでデータを取りに行く予定だったが、このダニ騒ぎで中止。しかしハイドロコーチゾン1%なんか全然効かんわ。あーっ、カイイ、カイイ。

 と、書いているうちにほかの所も痒くなってきた。咬みバエか何か出てるんんかなぁ。
あーっ、カイイ、カイイ。あーっ、カイイ、カイイ。

写真
 ダニ対策で洗濯をしている時に久しぶりに見慣れぬ鳥がいた。追いかけてみた。写真に撮って調べてみると、以前にこのブログに登場したBullock’s Orioleのオスの1年目の配色になっている。2年目以降はオレンジと黒と白になるはずだが、今は黄色が強い。あーっ、カイイ、カイイ。
・黄色は派手な色のように感じるが、この黄色が枯れた枝がある木の中では保護色になっているようだ。



・明るい所で正面方向から見るとこんな感じ。そんな所をうろうろしているとハヤブサにやられるよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寝てしまった。

2008-05-30 16:01:04 | Weblog
5月29日 晴れ
 昨日は、オフィスから帰ったら10時。ちょっとソファに横になったらそのまま知らぬうちに寝ていた。ブログのアップデートを期待していた人にも、していない人にも、すまんこことをした。
 今日は今日で、昨日試験したネタでレポートを書こうと思ったらデータがない。スティックにコピーしたと思ったのにない。全然関係ないデータを間違ってコピーしたようだ。データ無しのレポートは書いたが、数値が無いとカッコウがつかん。カッコウは大事だからな。明日、取りに行かなければならんのかと思うと憂鬱になる。

 洗濯しようと思ったらどっかのおばさんの団体がランドリーを占領していて21時過ぎるまで使い続けた。ひでぇー話だ。

 北に旅立つ前に片付けておくことは概ね終わった。税金の書類は発送した。コンサルタント料の請求書は送った。5月分はまだ終わっていないのに送ってしまった。「あらららっ」ごめんごめんだ。メガネは新しいのが出来上がって昨日取って来た。
残る問題は、歯が欠けたのをどうするかだ。腕の良い歯医者はどこの国でも少ないもんだ。特に白人の歯医者は手が大きいのが多いから日本人の口には合わないのだ。ベイエリアには比較的まともな歯医者がいるようなのだが、この辺りは白人の歯医者かなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モヤモヤァ~、モヤモヤァ~。

2008-05-28 15:26:21 | Weblog
5月27日 晴れ
 今日は、フライを巻いて、飛行機の絵を描いた。いやはや、充実した一日であった。
 前から描いてみようと思っていたソ連の飛行機だ。取りあえずイメージが固まったので結構集中して描いて投稿。この飛行機、前からイメージが、「モヤモヤァ~、モヤモヤァ~」と頭にあったが、スケッチしてみても何か今ひとつ形にならない。「モヤモヤァ~、モヤモヤァ~」としたまま放っておいた。結局、この飛行機の「売り」である可変翼などではなく、もう一つの「売り」の頑丈そうな降着装置と、居心地の悪そうな小さいキャノピーをキモにすることにした。
 明日はオフィスに顔を出す予定。

写真
今日巻いたフライを2点。
・#20ブラックダンサー。そろそろユバに出始めた小さなカディスのイミテーション。黒い&小さいでキャストしても条件が良くないと見えないフライだ。いつも小さなインジケータを使う。これまでの経験では、ユバ川でこのフライに執着する魚は、大体12インチ止まりであまり大きな魚ではない。



・アルバート君。オービスのサイトではベージュを使っていた所をオレンジとモスグリーンにした。なかなかカッコイイ。効くか効かぬか分からないのに3本も巻いてしまった。 とにかく使ってみようね。



釣り
 ファットアルバートの残りが少なくなったのでファットアルバートを中心に巻いた。オレンジが入ったサーモンフライ風のもいっしょ巻いた。ブラックダンサーの#20を少々。テレストリアルの季節も近いので、何にでも使える#10の赤腹EHCも巻き足しておいた。
 ファットアルバートは5X以上のティペットに結ぶので使っている頻度に対する損失率は低いフライだ。魚に取られることはほとんど無い。しかし、倒木や後ろの草や木に取られる。バックキャストから返す時に「アッ?」と抵抗がある。大抵の場合は糸が切れないので回収できる。しかし、時々、「アッ?、チャ!」と思った時の「チャッ」まで言ってしまうと既に遅く、前に飛んでいったラインにフライが付いていない。そういうパターンで消えてゆくフライだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

memorial day

2008-05-27 14:23:25 | Weblog
5月26日 一応晴れ。
 今日はメモリアルデーで祭日。足の調子は良い。それでも、何かの拍子に少し引きつったような感じが残っている。
 今日は祭日なのでテレビゲームを延々とやった。グランツーリスモのプロローグ版。3番目のレベルになると、専用のコントローラーが無いと辛いもんがある。

 天気予報があっさりと恐ろしいことを言っている。アメリカ中部南部の竜巻銀座のあたりで野球かソフトボールぐらいの雹が降ると言っている。もちろん竜巻も一緒に来るのだろう。今年のあの地域の気象活動は激しいような気がする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5ドル/ガロン!!!

2008-05-26 15:32:34 | Weblog
5月25日 晴れ後曇り後雨
 ユバに行った。行く時には雲量2ぐらいだったのが、帰るころには9ぐらいになっていた。
 岸から上がる時に足を滑らせて、足が吊ったみたいになった。歩くには今の所問題ないが、少し体重を余分にかけると痛い。明日は祭日。とりあえず様子を観て、まだ痛みが残るようなら病院に行こう。「軽い肉離れでんなぁ。」と言われそう。
 軽油が5ドル/ガロンを越えた。もう、無茶。6ドルが見えているような気がする。レストランでは、バイオ燃料の原料になる食用油の廃油が盗まれるそうだ。昔は処理に困っていたのに、えらい世の中になってきた。

写真
 今日、魚に延ばされた針。


釣り
 また魚は釣れない。魚はいる。虫も出る。ライズはある。フッキングもする。WT6のロッドにティペットは5X。それでも魚は釣れない。3回バイトがあって、3回フッキング、全部バレた。2回は黒とベージュのファットアルバート。これはロングシャンクだから、玄3の腕だと外されるかもしれない。しかし、一回は#14の赤腹EHCだった。こっちはTMCのフックを延ばされた。あまり良い所にかかっていなかのか、ジャンプ後の首の二振りで延ばされてしまった。Diichiのフックの方が強度は有るようなのだが、バーブをつぶそうとすると針が折れる。たぶんギリギリまで焼きが入っている。TMCのは粘りを持たせてあるようだ。とちらを取るか選択の問題だろうが、バーブだけ焼きを少し戻して、他の部分の強度と剛性はぎりぎりまで上げるような熱処理はできんもんかなぁ。

 今日から、黒い小さいカディスが出始めている。#18ぐらいでほとんど真っ黒。ブラックダンサーというやつか。ユバ川でこれが出始めると、これに執着する魚がいて何が来てもこれ以外食わなくなる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ガウチョ、ガウチョ。

2008-05-25 16:46:09 | Weblog
5月24日 曇り時々小雨
 この時期に2日続けて曇りと雨はめずらしい。
 インディジョーンズを観てきた。スピルバーグ先生のタッチは軽いし、全て手慣れたもの。朝鮮戦争直後ぐらいの風俗も得意中の得意。おしまいまで楽しくみられた。ただ、いくらスピルバーグ先生がネタ切れでも、この終わり方は手抜きじゃないですかと言いたいなぁ。んだから、Bだな。

今日は、予定通り、釣りは無し。明日はある予定。

写真
 今日はこの街のFIESTA DAYというものらしい。パレードに参加するために、映画館前の駐車場にガウチョ風のスタイルの人たちが馬を大量に持ちこんでいた。おかげでそこらじゅう馬のウンコとオシッコだらけ。かなわんなぁ。あいにくの曇り空の下、
お子様連れでカッコ良くガウチョやっている人もいれば、


馬にひきずられて格闘するガウチョもいる。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

こまったなぁ。

2008-05-24 15:52:49 | Weblog
5月23日 晴れ
 釣りにインディジョーンズに行くか悩んだ末に、、、風が無いので釣りに行く事にした。映画は後でも見える。

 と思ってユバに行ったのだが、坊主。正真正銘の坊主。全然、まるでライズがない。ラスプーチンも所詮坊主だから役にたたんか。
 ファットアルバートの下にビーズヘッドをぶら下げたドロッパーでもやったが反応がない。場所を変えたが無駄。しまいに雨まで降り出して。5月のカリフォルニアで雨だ。もう1ヶ月ちかく魚の写真が載らない。うーん、こまったなぁ。

 ハイウエイ80は、ごごから東行きがえらい渋滞だった。玄3と同類のかたつむり君たちが道を塞ぐ上に台、その台数が多い。今日から寒くなって天気も悪くなるらしい。連休を狙いうち。

 玄3のブログの広告に、最近、包茎の手術の広告が載っている。コンテンツマッチらしいので、ブログに書いた事に関係があるのだろう。きっと、坊主や牧師、イスラムの**師に包茎が多いなどという統計があるのだろう。それとも釣りをするのはたいてい男だから、そこにコンテンツがマッチしちゃったのだろか。こんなことを書くと余計にコンテンツにマッチしてそっち関係の広告が増えるかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

blood moneyで釣り

2008-05-23 14:47:43 | Weblog
5月22日 晴れ
 朝から強風。これでは釣りはダメと思ったので、洗濯、レポート書き、フライ巻き、ついでに、先日から調子が悪いアップルのコンピュータとの戦い。

 コロラドで竜巻が発生してデンバー近郊のどこかの街を直撃したらしい。どこかのおっさんが、
「おれのRVがロケットになって飛んで行っちゃった。」
とか言っていた。それは辛いなぁ。あんな気圧の低い所でも竜巻って起きるんだなぁ。と、思っていたら、カリフォルニア南部にも竜巻警報が出ていた。ハリケーンの季節も、もうそこまで来ている。なんか、今年の夏はアメリカ中南部はすごい事になりそう。

 最近、ラジオ等で石油価格のことをいう言葉が段々キツくなってきていた。低所得者らしき人が、blood moneyでガソリンを買っていると言っていた。切実にわかるなぁ。その気持ち。
 それに押されてか、とうとう、アメリカの石油備蓄を吐き出すとか言っていたが、そんなの焼け石に水。金の亡者の投機のパワーには勝てないよ。

 今日の12時から「インディアナ ジョーンズ」が解禁になる。近所の映画館で深夜上映。行かないけどね。

 明日は、blood moneyで釣りに行くけんね。

写真
 数日前のBWO系の小さなカゲロウのフライを巻いた。スレッドが黄色というだけのただの#20のBWO。騙されてくれるかなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坊主のご託宣。

2008-05-22 13:51:18 | Weblog
5月21日 晴れ
 今朝、タイヤショップに行ってタイヤを修理してもらった。予定通り修理可能だった。$18。最近燃料関係が高いので値段を見るたびに憂鬱になる。その上、前回がタイヤのサイドが切れていたので2本新品に帰るはめになったので高くついた。今回はこの値段ならなんだか「ほっ」とした。

 今日あたりから高速道路でRVの移動が目立つ。来週の月曜日がメモリアル・デーなので、今からどこかにバケーションに出かけるのだろう。このガソリンの高いのに何処に行くつもりか。玄3はもの休みを勘定にいれていなかったので、今週北に動く予定だった。しかし、この状態だと北の方のRVパークは一杯かもしれない。この騒ぎが終わるまで動くのを延期することにした。幸い、この方面も一時よりすずしくなったし。

サポートサイトへのリンクを貼りました。



 あんまり釣れないので、今日はオフィスの帰りにラスプーチンに寄って、CDを見るついでに、坊主の大御所であるラスプーチン大僧正にご託宣をいただいだ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

またパンク。

2008-05-21 14:00:33 | Weblog
5月20日 晴れ
 10時にオフィスに着いて19時半にアウト。タイヤがパンクした。久しぶりにオフィスに行って、試験した結果が良かったので、気分良く帰ろうと思ったら。左後ろのタイヤが凹んでいる。前回は右前だったが、今回は左後ろ。タイヤ表面をぐるりと見回すとネジクギが刺さっている。取り合えず予備タイヤに取り替えて帰路に着く。場所がサイドに近いが、今回は多分修理できる位置であろうと希望的観測をした。
 それにしても、今までタイヤがパンクしたことがほとんどない。ところが、このフォードのピックアップに乗り始めて既に2回目だ。1回目のパンクは、だれかが路上に落としたバンパーを避けらず踏んだの原因だと思う。今回はいつやったか不明。とにかく、鈍重なこのピックアップは動きも鈍重で路上の物を拾い易いのだ。

 ここ3週間ほど轢かれたスカンクをよく見る。大抵と言うか、ほとんどと言うか、全部が轢き逃げだ。何度も轢かれて潰れて、臭いの袋も盛大に御開帳だ。当然辺りは、ゴムの焼けた臭いを生臭さで修飾したような、あの臭いがそこら中に広がる。あんなものに関わりたい人はいない。一度だけ、まだフレッシュな死体を轢いたことがある。この時には3日間臭いが消えなかった。動物の死体の中でも単位重量あたりの嫌われ量、つまり、嫌われ密度が最も大きいのがスカンクの死体だと思う。浜に打ち上げられたクジラの死体なども処分しにくいので嫌われやすいが、あれは大きいから密度はそれほどでもないだろう。
 こういう野生動物の大量事故は、大抵繁殖期で配偶者を探して動き回る時におきるようだ。今、スカンクの繁殖期なのかな。

写真
 おとといのユバ川、公園裏から上流を見る。ライズがほとんどないので静かなもんだ。正面に2本に木の所で右に曲がっている。あそこまで500mは楽にあるだろう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加