25ftのかたつむり、、、だったことがある。

魚と道祖神の招きにあひて会社を辞め、トレーラーで旅するはずだったのだが。3年で再定住。4年でトレーラーも手放した。

翼すり合うも多少のブレ

2016-10-12 21:18:17 | Weblog
10月12日 晴れ
 昨日、今日とまた少し煙っている。

 そうそう、映画「Deep Water Holison」を見た。フロリダ沖で火災と11人の死者を出し、それに大量の原油のばら撒きをやったBP契約の海底油田掘削リグの話だ。一般に、アメリカ製の「実話に基づいています」の映画はあまり面白くない。が、今回は中盤から後半にかけて、それなりの迫力で観られた。それにしても、こういう実録系映画での主人公とそのモデルになった人物との隔たりがあまりにも激しい。事情は分かるが、激しすぎる。とりあえず、評価はB。

写真
 タッカー先生のアクロバット。
 マイナスGで上昇しながら左ロールに入ったところ。機体後部の字は読めるが、前部と主翼は進行方向と関係無い方に動き始めてブレている。機体の文字がはっきり読めるのはこれっきり。タッカー先生には困った困った。


 Blue Angels。縮小前の写真で進行方向にわずかにブレている。その影響は縮小後も残るようで、完全にブレのない写真より多少ブレていた方がスピード感が出ているような。「翼すり合うも多少のブレ」というではないか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作戦が残っている | トップ | いい選択 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タッカー先生 (建さん)
2016-10-13 20:42:16
タッカー先生はまだお元気なのですかね。御年は?
ちょうど10年前にミラマーで会って、赤い野球帽を投げてもらった想い出が懐かしいですね。もうあまり無理をせず、墜落せず天寿を全うしてほしいものです。
機体の向きと進行方向 (玄3)
2016-10-14 00:36:29
建さん、こんにちわ。
 本当に無理をされるとレンズが追いついてくれません。最近はLucas OilのMichael Wiskusが多いけど、やっぱりタッカー先生と味が違うんですよね。機体の向きと進行方向が合っていない時間が長いような。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。