25ftのかたつむり、、、だったことがある。

魚と道祖神の招きにあひて会社を辞め、トレーラーで旅するはずだったのだが。3年で再定住。4年でトレーラーも手放した。

キアゲハ産卵

2017-05-28 23:26:48 | Weblog
5月28日 快晴
 トランプさんの主張は概ね無視してG6で合意した。題材が何にしてもG6で合意発表。トランプさんは見放されたわけだ。それも属国の日本の首相のアベさんまでが見放すということは、トランプさんがアメリカの代表を近々に辞めることになるという情報がG6に蔓延しているということだろう。国防省はトランプさんの意向を無視して「航行の自由作戦」を実施したしなぁ。

写真
 庭の雑草を熱湯除草するのための湯が沸くのを待っていると、山椒の木にアゲハ蝶が飛んできた。これまでも何度か飛んで来て産卵らしき動きをしても、探して見つかるのは棘の先に生えたウドンゲの花ばかりだっだ。今回はタマゴを発見!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2x4の謎

2017-05-26 20:54:05 | Weblog
5月26日 晴れ
 2x4の件で謎が解けた。材木の規格の2x4のことだ。2インチx4インチ断面ではなく、多少寸法が足りない。それが、どういうことか放置していた。日本で19mmx89mmの板材を「1x4」で売っているのを見て「あれれ?」とその疑問が再燃した。
 ググってみると「JASの規格で2x4は38mmx89mmで決まっている。」と書いてある。じゃ、2と4は何故そう決めたかが分からない。更にググって、「アメリカでは元々2”x4”の寸法だったものが、逼迫する材木需要を満足させるために、1/4インチ小さくしたのが今に残っている。」という答えが出た。

写真
 尾羽が伸びきっていない子スズメが2羽、庭でウロウロしている。まだマトモに飛べないのに巣から出てしまったようだ。1羽は1mぐらいの高さまで飛べるが、もう1羽はそれも心もとない。
親鳥が取ってきたエサをくわえたままで心配そうに見ている。
 このあたりは野良猫が2匹ウロウロしている。それに殺られるのが心配だ。その猫には折見て嫌がらせをしていたんので最近は見る頻度が減った。しかし、まだ居るには居るんでなぁ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに映画

2017-05-22 20:33:02 | Weblog
5月22日 晴れ
 今日は久しぶりに映画。
 guardian of the galaxyだな。他の映画はスキップしていたが、前作を好きな映画ではないような気がしたのだが、なぜかスキップしなかった。
 それはそうと、イオンモールの映画館に何処から入るのか分からず、ウロウロ探しているうちに予定の上映時間に間に合わず、長駆自転車を踏んで行ったので諦める気にもならず、かといって次の上映まで待つのもイヤ。んで、「ぐらん しあたー」という大仰な上映室で大枚2500円で1ドリンク付きのソファ型シートで見てしまった。
 映画の方は、登場人物が多すぎるとか、2時間を超える長さだとかの問題もあるけど、概ね中だるみもなく、面白かったよ。評価はB+。
 
写真
 ツバメ
 日中、近所の川で赤い顔を真っ赤にしてツバメ稼いでいる。長いテールのいわゆるツバメらしいツバメだな。子育て中だからな。川面にはあまり出ない。アメリカで撮っていたツバメは、たいてい水の上でエサを探していた。こっちは草原で、ここんとこが多少異なる。アメリカではイワツバメが多かったからかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虫の嫌いな人は閲覧注意! 

2017-05-21 00:19:32 | Weblog
5月21日 快晴
 暑くなった。地球温暖化で夏日だな。
 虫が嫌いな人は以下の写真を見ない方が良い。んで、ダラダラと書いて写真が画面の下の方に隠れるようにしてある。見てしまった人はごめんこめん。

写真
 ぞわわわわぁ〜〜〜っと、気持ち悪いイラガの幼虫の団体ということでよろしく。
 
 殺虫剤をかけた直後の状態。長さ20mm強か。基本的にツバキ科の木に付くらしい。茶の木はツバキ科なので付くだろう。地球温暖化で気温が上がってサクラなどにも着くようになったとか。年に2~3回発生するらしい。
 イラガの幼虫は棘が刺さると非常に痒い。風で棘が飛んで洗濯物についたりして、これでも非常に痒い。脱皮した抜け殻に着いた棘も非常に痒い。死骸に残った棘も非常に痒い。あまりに痒くて、国レベルで「公共の場所にはツバキの類は植えない方が良いし、切ってしまった方が良い。」という通達が出たとか。、、、書いているだけで、なんだか、痒くなってきた。
 対策は、予防殺虫でこのイラ蛾が広がらないようにするのが良い。しかし、こういう団体で見つけたら早めに駆除する。触らないように枝ごと取って、殺虫剤をかけ、袋に入れて捨てる。そうしないと、この後で脱皮して次の齢虫になる。そうなると移動して木に分散するから処理が難しくなる。予防と早期発見治療が肝心で、これは病気と一緒だ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ばんだい号

2017-05-16 19:21:46 | Weblog
5月16日 曇りのような
 函館に墜落。思い出すのは同じ状況で落ちたYS-11「ばんだい号」。ばんだい号が落ちた原因を良く知らないと思ったら、原因不明のままのようだ。視界が悪い状況で西の山に落ちたのは同じパターンを繰り返したようで、前回の事故が生きていない。とにかく、あそこの空港は危ないんだな。函館行きは新幹線でどうぞ。

写真
 玄3としてはアオスジアゲハが撮りたいのだが、アオスジアゲハは止らない。右から飛んで来て、左に飛んで行く。左から飛んで来て右に飛んで行く。こっちから飛んで来て、あっちに飛んで行く。あっちから、、、もういいか。
 花のほうはアヤメなのか、ハナショウブなのか、はたまたカキツバタなのか。時期的にアヤメかなぁ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加