扇子と手拭い

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

タダで一日たっぷり楽しめる芸協らくごまつり!!

2016-09-19 19:54:33 | 落語
 落語芸術協会(桂歌丸会長)のファン感謝デー、「第10回芸協らくごまつり」が25日(日)に新宿区西新宿・芸能花伝舎で開催する。落語協会の謝楽祭をはるかにしのぐ年に一度の落語界最大のイベントだ。

 午前10から午後4時まで。木戸銭は無料(ホール寄席のみ有料)。人気噺家と目の間で直接、話ができるというので落語ファンばかりでなくたくさんの人が押し寄せる。

 会場は旧淀橋第三小学校なので広場には、焼きそばやおでん、人気噺家のグッズなどたくさんの屋台が出る。ビールなども販売。

 橘流寄席文字一門による「寄席文字教室」や、 太鼓や三味線による出囃子の「鳴り物教室」、「紙切り教室」さらには「前座体験教室」などもある。

 変わったところでは現在、日本でただ一人と言われる江戸の売り声、宮田章司による「売り声教室」も開かれる。江戸時代は、水は貴重で、「水屋」という商売があった。さて、どんな売り声で売って歩いたか? 本物の声を聞くのも楽しい。

 このほか、各大学の落研学生の落語対抗戦も行われる。芸協所属の噺家やナイツら芸人が総出演で盛り上げるまつりだ。タダで一日たっぷり楽しめる。

詳報はここをクリック
http://www.geikyo-rakugo-matsuri.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泥田でダイアモンドを見つけ... | トップ | 落語「愛宕山」を地で行く安... »

コメントを投稿

落語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。