こずくな生活

写真付きで山暮らし

今春の鍋倉山

2017年05月14日 | 旅山行

朝早くの7時、我々夫婦だけでなく近所に住まいする妻の妹ような残雪登山初体験のKさんと三人で、途中の飯山で驚くほどに安き朝採りアスパラを買い求め鍋倉山へ向かった。昨年と違い今年の連休後の鍋倉山は山頂まで残雪を踏みしめ登ることができた。芽吹いたばかりのブナ林に注ぐ光はやわらかい、その中に身を置くだけで癒され幸せを感じる。稜線に出ると北に上越の田園地帯が、その先には日本海の海岸線を望めることができる。山頂では偶然にも同じ会社に在籍していたH君と合うことに、その後彼は華麗なターンで滑り降りていった。景色を眺めながら、ゆったりと早昼食をとり下山は登りとは別ルート、かかとステップを踏みながら急斜面に神経を注ぎ車に着いたの真の昼時をまわっていた。靴を履きかえ特別にと妻が用意していたフルーツポンチ食べながら充実感を味わう。登山には温泉セットがあたりまえ、千曲川沿いの湯滝温泉に入り、飯山特産の美味しきポークを買い求め車内会話を絶やすことなく、淡き緑に囲まれた我が家に帰宅し、そさくさとザック内をかたづけ待ちわびていた喉を潤した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初ワラビ | トップ | 海のパイナップル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。