tokyo ひとり通信社

小さな出来事も取材中
食・インテリア・花・音楽に加え、日々いろいろなジャンルへ興味を拡大!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

QUEEN+PAUL RODGERS

2005-10-28 | 音楽・芸術
行ってきました、QUEEN+PAUL RODGERSのライブ!! 
27日、さいたまスーパーアリーナで。

フレディ・マーキュリーが生きているうちに一度見たかったクイーンのライブ、とにかく生クイーンは見ておかなくちゃ、ということでちょっと高かったけどチケット取ってました。クイーンからはブライアン・メイとロジャー・テイラーが参加。ブライアン・メイのギターを生で聴けるなんて。私の席からはベースが隠れて見えない位置だったので、ジョン・ディーコンがツアーに参加してないのはライブが始まって少ししてから知りました、、、地味で見えないだけかと思ってたわ。

私の場合(というか誰でもそうかもしれないけど)、クイーンはフレディ・マーキュリーのあの声がどうしたってつきまとうもので、ボーカルで参加のポール・ロジャースはどうなのかなぁと思っていた。でも、歌がうまいし、年齢も手伝って渋かった!余裕があるというか、案外なじむものだなと。あまりポールのフリーやバッドカンパニー時代に詳しくないのでポールの曲にはノレなかったけど、クイーンの曲も案外メジャーどころが少なく、そういう意味での盛り上がりには欠けた気がした。残念。

とはいえ、クイーンらしさの出るコーラスは健在で、みんなうまかったなぁ。私の大好きな”Love of My Life”が聴けたのもよかった。ただただ、きれいな曲だな~と思う。アコースティックギターでブライアンが「フレディーに捧げる」と歌うもんだから、会場で合唱。最後の方にはボヘミアンラプソディーがフレディーの歌声と映像で始まり、生演奏と合成という演出がなされ、まるでステージにフレディーがいるかのような感覚をちょっとだけ体験できた。
ううぅ、せつないけどやっぱりここに辿り着いちゃいます、彼の歌声を生で聴きたかったな、と。
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あったか、きりたんぽ鍋 | トップ | ブラウンシュガー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブライアン・メイ (sept filles)
2005-10-28 17:19:02
わー、24X365さん、このコンサート行ったんですね!はるか彼方から気になってたんです…羨ましい!



今年英国では、Live8の開催にともなって便乗商法?でLive AidのDVD(4枚組)が発売されました。即買いましたが、やはり20年前のQueenの、というかフレディのパフォーマンスは言葉では尽くせないパワーと魅力で涙が出ました。



でも同時に、彼がもし、今でも生きていたら、ああいう死に方をしなかったら…と思うと、やっぱり「伝説の人」なのかなぁーと…。



それからもうひとつ、会社の上司が、こないだA30沿いの中華Mingで、ブライアン・メイに遭遇したそうです!「サインちょうだい」と言ったら(すごい勇気!)、「Family Timeだから勘弁して。」って断られたみたいだけど…
シブっ (24x365)
2005-10-31 10:50:13
ブライアン・メイがチャイニーズにいたら、そりゃあ目立つだろうね、すぐわかりそう。声をかけたってのもすごいですが。



コンサートはおもしろかったよ。メンバーの日本語力もアップ(!?)してサービス精神旺盛だったし。でも、クイーンの生誕地イギリスでの公演ほど盛り上がるものはないのでは。ぜひぜひそちらにいるうちに行ったらどうですか?



フレディのいないクイーンはさびしいのだけど、彼を失ってからも彼をリスペクトしつつ悲しみから再起して活動を続ける他のメンバーもすごいなと思います。まあ、コンサートの後はやっぱりフレディの歌うCDを聞き直して「やっぱこうこなくちゃ」と確認してしまうのは否めないんだけどね。



最近、日本人のKWEENというバンド(本家QUEENも公認するコピーバンド)のライブにも行こうか考え中。音楽はいいね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
QUEEN フレディ・マーキュリーの似顔絵 2。 (「ボブ吉」デビューへの道。)
前回フレディの似顔絵を描いた時に、シリーズ化しますって 宣言しましたので、新作を描いてみました。 今回のタイトルは「お花畑でフレディ」というわけで(汗) 本来のファンの方に受け入れられるかどうか わかりませんが、いたって真面目に描いております。 先週は、「
QUEEN フレディ・マーキュリーの似顔絵。第4弾 (「ボブ吉」デビューへの道。)
QUEEN フレディ・マーキュリーの似顔絵も 第4弾を迎える事ができました。 今回のタイトルは「アニマルパラダイス」って 感じでしょうか(笑) ここはアニマルパラダイス 挨拶はコマネチさ そうさアニマルパラダイス 誰もが顔見知り おいでアニマルパラダイス 夜