gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-05-19 12:42:55 | 日記
井純
宇井 純
生誕 1932年6月25日
日本の旗 日本 東京都新宿区
死没 2006年11月11日(満74歳没)
日本の旗 日本 東京都港区
居住 東京都世田谷区、沖縄県那覇市
研究分野 環境工学、衛生学、下水道、公害問題
研究機関 日本ゼオン、東京大学、
オランダ国立衛生工学研究所、
沖縄大学
出身校 東京大学
主な業績 水俣病の原因究明
新潟水俣病訴訟
公開自主講座「公害原論」
下水処理問題
回分式酸化溝(沖縄型)
国際環境NGOフォーラム
影響を
受けた人物 荒畑寒村[1]、パスフィーア、平仲信明
影響を
与えた人物 中西準子、石牟礼道子[1]
主な受賞歴 UNEPグローバル500賞
アジア太平洋環境賞
プロジェクト:人物伝
宇井 純(うい じゅん、1932年(昭和8年)6月25日 - 2006年(平成18年)11月11日)は、日本の環境学者、公害問題研究家。沖縄大学名誉教授。富田八郎のペンネームで水俣病を告発し、新潟水俣病訴訟や公開自主講座「公害原論」でも活躍した。専門は下水道。化学実験を得意とし、畜産排水技術の研究開発で実績がある[2]。
東京大学工学部卒業後、日本ゼオンを経て東京大学大学院修士課程修了。その後、同大学で21年間助手を務めた後、沖縄大学教授、地域研究所初代所長、特任教授を歴任。UNEPグローバル500賞、アジア太平洋環境賞等を受賞。
目次 [非表示]
1 生涯
1.1 水俣病に出会うまで
1.2 東京大学助手
1.3 沖縄大学教授
1.4 沖縄大学名誉教授
2 人物
3 略歴
4 受賞歴
5 主要著書
5.1 単著
5.2 共著
5.3 セレクション
6 脚注
7 参考文献
8 関連項目
9 外部リンク
生涯[編集]
水俣病に出会うまで[編集]
東京都新宿区出身。「純」の名前は6月(June)生まれに由来する。2歳の時、父が茨城県の女学校に就職したため東京を離れ、以後、父の転勤に従って引っ越しを繰り返した。すでに、この2歳ごろから新聞を読み、神童といわれた。太平洋戦争中、両親の郷里である栃木県壬生町へ疎開し、敗戦後はそこで開拓団生活を送った。栃木県立栃木高等学校を経て、1956年に東京大学工学部応用化学科卒業。日本ゼオンに勤務した後、1959年に東京大学大学院工学系研究科に戻り、応用化学専攻修士課程修了、博士後期課程から土木工学専攻に所属する。
日本ゼオン勤務時代、塩化ビニール工場の製造工程で使用した水銀の廃棄に関わっていたことから、水俣病の有機水銀説に衝撃を受け[3] 、大学院生時代から水俣に足を運び、合化労連の機関紙に富田八郎(とんだやろう)のペンネームで連載した記事により、水俣病の問題を社会に知らしめる発端を作った。
東京大学助手[編集]
1965年に新設の都市工学科衛生工学コース助手(実験担当)となる。専門は下水道。助手就任の1965年に新潟水俣病が発生し、実名での水俣病告発を開始したため東大での出世の道は閉ざされ、「万年助手[4]」に据え置かれた。従来の科学技術者の多くが公害企業や行政側に立った「御用学者」の活動をしてきたと批判し、公害被害者の立場に立った視点を提唱し、新潟水俣病の民事訴訟では弁護補佐人として水俣病の解明に尽力するなどの活動を展開した。
1968年から1969年にかけ、東大闘争の最も激しかった時期にはWHO研究員としてヨーロッパに留学していた。この間、オランダ国立衛生工学研究所において、パスフィーア老師から酸化溝による排水処理技術を学ぶ[2]。
帰国した1970年より、公害の研究・調査結果を市民に直接伝え、また全国の公害問題の報告を現場から聞く場として公開自主講座「公害原論」を東京大学工学部82番教室にて夜間に開講。以後15年にわたって講座を続け、公害問題に関する住民運動などに強い影響を与えた[5]。こうした活動は大学当局にとっては非公認の活動であったが、外部からは、同時期に都市工学科の助手だった中西準子とともに「東大都市工学科の良心」とみなされることもあった。
沖縄大学教授[編集]
沖縄国際大学教授となっていた玉野井芳郎の呼び掛けに応じて[6]、1986年、21年間にわたった東大助手の職を辞し、沖縄大学法経学部教授に就任。沖縄の環境問題をはじめとして世界的な環境問題に取り組むとともに、公害論の授業(月曜日2コマ及び6コマ)を担当した。新石垣空港の反対運動[7]や、ベトナムの産業公害調査[8]やニカラグア共和国レオン市の下水道調査も行っている[9]晩年は畜産排水の研究に従事し、沖縄における牛や豚の排水処理で一定の成果を収めた[10]。
また、沖縄サミット直前の国際環境NGOフォーラム開催に尽力した[11]。
沖縄大学名誉教授[編集]
2003年、沖縄大学を退職し名誉教授の称号を授与された。「九条の会」傘下の「九条科学者の会」呼びかけ人にも名を連ねている[12]。
2006年11月11日、胸部大動脈瘤(りゅう)破裂のため、東京都港区の病院で死去した。74歳[13]。死後、日本ボランティア学会や現代技術史研究会の会誌で追悼特集が組まれた[14][15][16]。
人物[編集]
自主公開講座や水俣病、大学批判等が有名だが、宇井は自身を技術者であると強調した[17]。公害問題の文献調査から、技術者の歴史観の重要性を指摘している[18]。
妻は書道家の宇井紀子、長女は環境コンサルタントの佐田美香。弟倬二は東京工業高等専門学校の化学の教師で、細野秀雄の恩師。宇井兄弟二人で細野を育てる。
略歴[編集]
1951年 - 栃木県立栃木高等学校卒業
1956年 - 東京大学工学部応用化学科卒業、日本ゼオン勤務(1959年4月退職)
1960年 - 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻修士課程入学
1962年 - 同 修了、同大学院土木工学専攻博士後期課程入学
1965年 - 同 単位取得満期退学、同大学都市工学科(衛生工学コース)助手(実験担当)
1968年 - WHO(世界保健機構)上級研究員としてヨーロッパ留学(1969年まで)
1982年 - フルブライト研究員[19]
1986年 - 沖縄大学教養科教授
1998年 - 沖縄大学定年、特任教授
2003年 - 沖縄大学退職、同大学名誉教授
受賞歴[編集]
1970年 - フィンランド自然保護協会特別大賞[19]
1973年 - 毎日出版文化賞(公害原論講義録の出版に関して)
1980年 - スモン基金奨励賞
1991年 - 国連環境計画(UNEP)「グローバル500賞」
2002年 - 第1回アジア太平洋環境賞
主要著書[編集]
単著[編集]
『公害の政治学-水俣病を追って』 三省堂〈三省堂新書〉、1968年。ASIN B000JA5G3C。
富田八郎 『水俣病 水俣病研究会資料』 水俣病を告発する会、1969年。
『公害原論』 亜紀書房、1971年。
『新装版 合本 公害原論』 亜紀書房、2006年12月1日。ISBN 978-4750506180。
『キミよ歩いて考えろ ―ぼくの学問ができるまで』 ポプラ社〈ポプラ・ノンフィクションBOOKS (2-22)〉、1997年4月。ISBN 978-4591032978。
『谷中村から水俣・三里塚へ ―エコロジーの源流』 社会評論社、1991年2月。ISBN 978-4784531240。
『日本の水はよみがえるか ―水と生命の危機 市民のための「環境原論」』 日本放送出版協会〈NHKライブラリー〉、1996年6月。ISBN 978-4140840368。
『沖縄型・回分式酸化溝のすすめ』 沖縄環境ネットワーク、2004年1月17日。
『沖縄における維持可能な水循環の取り組み』 沖縄環境ネットワーク、2006年5月25日。
共著[編集]
宇井純、生越忠 『大学解体論』 亜紀書房、1975年。ASIN B000J9L52O。
『水俣病闘争 ―わが死民』 石牟礼道子 編、現代評論社、1972年4月。ASIN B000J9P2E6。
『水俣病闘争-わが死民』 石牟礼道子 編、創土社〈復刻・シリーズ1960/70年代の住民運動〉、2005年11月。ISBN 978-4789300445。
宇井純 編著 『自主講座「公害原論」の15年』、2007年5月9日。ISBN 978-4-7505-0702-6。
セレクション[編集]
宇井純 『原点としての水俣病』 藤林泰、宮内泰介、友澤悠季 編、新泉社〈宇井純セレクション1〉、2014年7月。ISBN 978-4-7877-1401-5。
宇井純 『公害に第三者はない』 藤林泰、宮内泰介、友澤悠季 編、新泉社〈宇井純セレクション2〉、2014年7月。ISBN 978-4-7877-1402-2。
宇井純 『加害者からの出発』 藤林泰、宮内泰介、友澤悠季 編、新泉社〈宇井純セレクション3〉、2014年7月。ISBN 978-4-7877-1403-9。
脚注[編集]
[ヘルプ]
^ a b 鬼頭秀一, p. 3.
^ a b 宇井純 2003.
^ 宇井純「環境社会学に期待するもの(<小特集>環境社会学へのまなざし)」、『環境社会学研究』第1巻、1995年9月1日、 96-99頁。
^ 朝日ジャーナル 1985d.
^ “天声人語”. 朝日新聞. (1985年3月27日)
^ 新崎盛暉「宇井さんと沖大」、『沖縄大学紀要』第15巻、1998年3月1日、 31-33頁。(宇井純教授 大嶺哲雄教授退官記念論文集)
^ “宇井純氏=沖縄大名誉教授”. 読売新聞. (2006年11月11日)
^ 宇井純「ベトナム産業公害調査旅行報告 (1993/8)」、『沖縄大学地域研究所所報』第8巻、1994年3月20日、 1-7頁。
^ 宇井純「ニカラグア・レオン市下水道調査報告」、『沖縄大学地域研究所年報』第8巻、 27-50頁。
^ 宇井純 2003-03.
^ 沖縄環境ネットワーク世話人 宇井純「平和と環境の立場から世界に発言する 国際環境NGOフォーラム」、『自主・平和・民主のための広範な国民連合 月刊『日本の進路』2000年5月号』2000年5月。
^ “「九条科学者の会」呼びかけ人メッセージ”. 九条の会 (2005年3月13日). 2014年3月7日閲覧。
^ “宇井 純さん(うい・じゅん=沖縄大名誉教授、環境科学)”. 北海道新聞. (2006年11月11日)
^ 「特集 ボランティアとして生きる ―宇井純さんを偲んで」、『日本ボランティア学会学会誌2006年度』2006年、 67-126頁。
^ 「追悼特集 宇井純」、『技術史研究』第76号、2007年6月、 2-26頁。
^ 「宇井純さんを悼む」、『季刊軍縮地球市民』第7巻、2007年、 8-18頁。
^ 宮内泰介 2007.
^ 宇井純「技術者の歴史観」、『沖縄大学紀要』第6巻、1989年3月31日、 19-24頁。
^ a b 高良有政「ノーベル賞を超える歴史的業績」、『沖縄大学地域研究所年報』第17巻第3号、2003年3月31日。(<特集>宇井純初代所長退職記念)
参考文献[編集]
宇井純「さらば東大」、『沖縄大学地域研究所所報』第5巻、1991年9月26日、 85_a-68_a。(朝日ジャーナル再掲)
「①御用学者とのたたかい」、『朝日ジャーナル』第27巻第50号、1985年12月6日、 22-26頁。
「②科学の名による詐欺」、『朝日ジャーナル』第27巻第51号、1985年12月13日、 88-93頁。
「③私物化される学問の府」、『朝日ジャーナル』第27巻第52号、1985年12月20日、 28-31頁。
「④はびこる無能の制度化」、『朝日ジャーナル』第27巻第53号、1985年12月27日、 86-89頁。
山里将輝「宇井純先生 経歴・著作・論文目録」、『沖縄大学紀要』第15巻、1998年3月1日、 5-10頁。
宇井純「実験屋、最後の16年を振り返って」、『沖縄大学法経学部紀要』第3巻、2003年3月31日、 1-7頁。
“沖縄大学名誉教授の宇井純さん死去 公害研究の第一人者”. asahi.com (朝日新聞). (2006年11月11日)
宮内泰介「(特別寄稿) 宇井純さんが模索した学問のあり方について ―フィールドワーク・歴史・適正技術―」、『環境社会学研究』第13巻、2007年10月31日、 224-232頁。
『ある公害・環境学者の足取り ―追悼宇井純に学ぶ』 宇井紀子 編、亜紀書房、2008年11月。ISBN 9784750508160。
鬼頭秀一. 村上陽一郎、西澤潤一、杉山滋郎 監修: “日本の科学者・技術者100人『宇井 純』”. 田中舘愛橘記念科学館. 2015年12月30日閲覧。
関連項目[編集]
ウィキニュースに関連記事があります。
訃報 宇井純氏
公害病、四大公害病
水俣病、水俣病関西訴訟、 水俣市、 チッソ株式会社
環境問題、下水道
外部リンク[編集]
宇井純 (2001年6月15日). “駒場の学生にできること”. 環境の世紀Ⅷ ―講義録―. 2014年3月7日閲覧。
中西準子 (2006年11月13日). “宇井さんありがとう ―宇井純さんの死を悼む―”. 2014年3月7日閲覧。
ひろせ事務所. “新・宇井純物語”. 《環っ波》--わっぱ/WaPPA. 2014年3月7日閲覧。
“環境倫理/環境思想 ◇WHO『宇井 純』”. 立命館大学生存学研究センター. 2014年3月9日閲覧。
“この人に聞く 宇井 純さん プロフィール”. 認定NPO法人 高木仁三郎市民科学基金. 2014年3月9日閲覧。
執筆の途中です この項目は、科学者に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝/Portal:自然科学)。
執筆の途中です この項目は、環境に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(Portal:環境)。
典拠管理
WorldCat VIAF: 108219709 ISNI: 0000 0000 8172 9872 BnF: cb12319058n (data) NDL: 00088451 CiNii: DA00334312
カテゴリ: 日本の技術者日本の環境工学者日本の環境学者国際連合の職員沖縄大学の教員九条の会の人物東京大学出身の人物東京大学の教員東京都区部出身の人物1932年生2006年没
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
言語
リンクを追加
最終更新 2017年4月1日 (土) 12:45 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してくだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。