✳︎déraciné foot prints✳︎

〜日々の記録として〜 (羊毛の手仕事、金継ぎ、俳句のことなど… )

手打ちそば

2016-12-31 | 

〜毎年届く息子作〜

 

今年は夫婦それぞれの2タイプ

 


こんな時期になって…織りたくなった。(メモ加筆あり)

2016-12-30 | 私の手仕事

 〜ツイード擬き〜

 

咋冬紡いだネップ入り毛糸75g。

経糸は市販品。ほとんど使い切る。

 

ハマナカ。ウール100パーセントだけど 風合いがない。

30羽。20×180cm整経。

出来上がり=

 


年用意 その2

2016-12-30 | 植物

〜年迎え〜

 

 

 

 


もう買わないって決めたのに…

2016-12-26 | 私の手仕事

〜西洋茜〜

Mさんが茜で染めてみたいと言う。

日本茜は売り切れ。

 

ついでにと、注文してしまった。

カラー羊毛はもう買うまいって思ってたのに。

在庫の色が偏ってきたから。と言い訳に。

覚えにアップしておこう。

これ

 

 

グレーのはずが茶色だわ。

白は64sメリノ600g


久しぶりに

2016-12-25 | 植物

〜放りっぱなしの鉢に手を入れて〜

 

 

 

セキショウ ヤブコウジ ギボウシ?

 

 

椿は庭にはいろいろ植わってるけど…

なぜか無かった侘助(白)

 

 

 

 

 

 


2016年 句日記まとめ

2016-12-25 | 俳句 (ときどき 短歌、お習字)

 

 

〜平成28年 投句総まとめ〜

 

嫁ぎ来てほたるの川へ二十余歩


・廃線の軌跡の実生もみぢかな

・サックスの音伸びかねて今朝の雪

・諸葛菜義母祥月の色となす

・メガソーラー父祖の青田に迫り来る

 

・まっさらの小さきシューズや青き踏む

・カタカタに一歳の歩の白き靴

・梅雨晴間いつもの蜘蛛のいつもの巣

・かな書の夫の名うすれ箱眼鏡

 

・集落をうづめ尽くせり蝉の声

・待ちかねし夕立の端のひとしづく

・三秋や厚み増したる母の辞書

・望月や東三軒灯りなし

・数珠玉のありし辺りの草を刈る

                                             

                                              ⬆︎毎日新聞 「三重文芸 」欄 掲載句

 

・脱サラの息子百姓種を蒔く(兼題: 百)

・十薬や埋もる蔵戸の重さかな

・奥津宿宿札講札さみだるる   

・秋澄むや泡ぶくたった煮えたった(兼題:泡)

・天高し天井知らず欲の泡   (   〃      )

                           

                                                     ⬆︎吟行、句会高得点句


秋の名残り

2016-12-25 | 植物

〜古いものと一緒に〜

 棉 今年弾けたのは十個。                錫の水注↓

 

山帰来、柘榴(ドライ)

 

上皿天秤秤

 

 


年用意

2016-12-25 | その他

〜ガラスを磨く〜

陽が綺麗❤️

拭きムラが写ってるわ😩


コーデメモ 紬(十字に縞・紺色)

2016-12-22 | 着物

〜結び角出し風(半幅帯)〜

某ギャラリーでのライブへ


Live at Space-e

2016-12-21 | musicなど

〜某氏の追悼Live〜

 

 12/21夜