✳︎déraciné foot prints✳︎

〜日々の記録として〜 (羊毛の手仕事、金継ぎ、俳句のことなど… )

着付けお稽古メモ(人に着せる、垂れもの、袋帯)

2017-11-16 | 着物

〜前回の続き 帯の持ち方から〜

 

 

①左手の234の指を折山にそれぞれ入れる。⬆︎

                       ( 帯によっては、柄終いに最初の指を入れ手持つのがよい⬇︎)

 ②着せる人の後ろから肩越しに  帯を前にもっていき

③2、3の指を外しながら 帯板に当てて締め始める。

 

 

 

今日は、縫い紋無地ぼかしを。

好きではないが、着やすそうな垂れものなので。

縫い紋なので

この洒落袋でもOK。とのこと。

色無地の一つ紋より気楽に着られる。

でも、この帯380cmしかいない

開き名古屋帯だった。

二重太鼓にしないと薄っぺらい😩

教室の袋帯を借りて

Uさんに着付けてもらった。

 

帯をサイドから見た時7の字に。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« コーデメモ(胴抜き紬) | トップ | スープ »
最近の画像もっと見る