✳︎déraciné foot prints✳︎

〜小さな幸せの記録として

句日記 9月分(10/18追記)

2016-10-19 | 俳句

 

〜お稽古の句から〜 

◎待ちかねし夕立の端(は)のひとしづく(10/4)

◯仕込みたる十日目の柿渋濾しぬ

        ◯型染めの古布帯にせし木染月

      ◎三秋や厚み増したる母の辞書(10/18)

◯一枚は閉じし玻璃戸や今朝の秋

 

●そよりともせで「立秋」とテレビより

                    ●平らけし二百十日や群すずめ

●六十二歳然は然りながら秋の虹

           ●締め忘る玻璃戸小部屋のそぞろ寒

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« フェルトのとんがり帽子 | トップ | 工房インディゴ10月 »
最近の画像もっと見る