✳︎déraciné foot prints✳︎

〜日々の記録として〜 (羊毛の手仕事、金継ぎ、俳句のことなど… )

句日記11月分

2017-11-14 | 俳句 (ときどき 短歌、お習字)

〜お稽古の句より〜

◯四半刻弄ばれていのこづち

◯ベッタリとあなただけだわイノコヅチ

 

お手本⬇︎

 

 

 

◯すり減りしイボタの蝋や冬障子

➡︎障子だけで冬の季語

冬障子➡︎白障子 



○蔓刈りて朝湯のけふはバースデー

○ハイハイのひと手ひと足日脚伸ぶ

 

○薪くべる店主と我と湯気の音

➡︎「我と」不要。いかにも音数合わせ感。

事実その通りです。自分でも思ってた。

 

△うっすらと足元までも秋の虹

               ➡︎「足元」では表現に無理がある

 

△写メ高山より手のひらの雪虫

➡︎写メも高山も不要。

焦点絞るべし。

「高山」は「こうざん」かと。

書きたければせめて「飛騨」とするか…

△あと2句……………

あああー〜ーあ。

 

 

久しぶりに

Hさんの新聞掲載句を見せてもらった。

さすがご常連。

さりげなていけど的確。

いろいろ思うところあり。

ありがとう。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« にんじん | トップ | 句日記 10月分 (10/17*10/31... »
最近の画像もっと見る