✳︎déraciné foot prints✳︎

〜日々の記録として〜 羊毛の手仕事.金継ぎ.着物のことなど…

句日記 7月分(8/8加筆)

2017-07-14 | 俳句 (ときどき 短歌、お習字)

 

〜お稽古の句より〜

 

◯梶の葉を蓋に男の茶会かな

 

           ◯藺(い)座ぶとん対角線に赤子かな

 

◯籐寝椅子父の躯体の縮まれり

◯籐寝椅子居留守決めこむ昼下がり

 

          ◯ひとり飯二日めの夜の冷茶漬け

◯読み聞かせはるか本日の大昼寝

◯炎昼や回り続ける三輪車

 

 

△代替わり料亭女将麻のれん ⬅︎三段切れ

 

 

舌先の抜歯の小穴梅雨に入る

                   △だが自分では気に入っていたので投句

➡︎(8/8掲載)

 

△椅子揺らし「ロコモーション」に生ビール

△灰皿の重なる卓の生ビール

 

教室に貼ってあった句⬇︎ 💮

 

 

 〜短歌一首〜 

◎斜に見れば隙間なきあを早苗田の

     すこし歩めば天の映りぬ

                                          (7/11掲載)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「美術室」という名のカフェ | トップ | NHK俳句メモ 「遠雷」 »
最近の画像もっと見る