台風5号 あす朝、強い勢力保ち九州上陸か

2017-08-05 18:01:50 | 日記
台風5号 あす朝、強い勢力保ち九州上陸か

Typhoon Morning 5 Morning, Keeping strong forces and landing in Kyushu
強い台風5号は、屋久島の南の海上にあって、ゆっくりとした速さで北寄りに進んでいる。6日朝には強い勢力を保ったまま九州にかなり近づき、その後、上陸しそうだ。

 台風は動きが遅いため、大雨や暴風が長く続きそうだ。6日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州南部と奄美で55メートル、九州北部と四国で35メートル。

 6日にかけて予想される波の高さは、九州南部と奄美で9メートル、四国で8メートル、九州北部で7メートルなどとなっている。

 また、6日夕方までの予想雨量は多い所で、九州南部で600ミリ、奄美で400ミリ、九州北部と四国は250ミリ。そして、7日にかけては、西日本の太平洋側から東海で記録的な大雨のおそれがある。暴風や高波、低い土地の浸水や土砂災害などに厳重な警戒が必要。
A strong typhoon 5 is on the sea in the south of Yakushima, and is proceeding to the north with a slow speed. On the morning of the 6th, it will be quite close to Kyushu while maintaining a strong force, and then it is likely to land.

Because the typhoon is moving slowly, heavy rain and wind storms are likely to last long. The maximum instantaneous wind speed expected for the 6th is 55 meters in southern Kyushu and Amami, 35 meters in northern Kyushu and Shikoku.

The expected wave height is 9 meters in southern Kyushu and Amami, 8 meters in Shikoku, 7 meters in northern Kyushu, and so on.

Also, the expected rainfall is large in the evening of June 6, 600 mm in the south of Kyushu, 400 mm in Amami, 250 mm in northern Kyushu and Shikoku. And on the 7 th, there is a danger of recordable heavy rain in the East Sea from the Pacific side of Western Japan. Strong vigilance is required for storms and high waves, flooding of low land and sediment disasters.


- Share comment your idea
- あなたのアイデアを共有してください

+Goo Blog : http://blog.goo.ne.jp/24h-news
+Rakuten : https://plaza.rakuten.co.jp/24hnews
+Twitter : https://twitter.com/24hNewsJapan
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小野寺防衛相 ミサイル防衛... | トップ | 台風5号 奄美や種子島など... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。