日航機墜落から32年 「慰霊の園」で式典|ニュース 動画 News24h

2017-08-13 07:34:14 | 日記
日航機墜落から32年 「慰霊の園」で式典|ニュース 動画 News24h
32 years since the crash of the Japan Airlines a ceremony at the "Shrine Spirit Park"

520人が犠牲になった日航ジャンボ機の墜落事故から32年を迎え、墜落現場となった群馬県上野村は12日、追悼の祈りに包まれた。

 遺族らは、12日朝早くから「御巣鷹の尾根」を目指し、11日の雨でぬかるんだ山道を登った。それぞれの家族の遺体が見つかった「墓標」が立つ場所や、「昇魂の碑」と名付けられた慰霊碑にたどり着くと、ゆっくりと手を合わせ、犠牲者の冥福を祈った。

 また、午前10時半頃には、遺族らが「安全の鐘」を鳴らし、交通の安全を祈った。今年は三十三回忌の節目で、3連休の中日だったこともあり、過去3番目に多い97家族359人の遺族が登ったという。

 おじを亡くした男性「1年に1回ですけども、ここでないと会えないような気がするんですよ」

 父を亡くした男性「父が生きられなかった分、前を進んで生きていますよと今年も報告しに来ました」

 遺族「8・12連絡会」美谷島邦子事務局長「これからも特に子どもたちに私はこの事故を伝えていきたいなと思っています」

 午後1時すぎには、日本航空の植木義晴社長が御巣鷹の尾根を訪れ、献花を行った。日本航空では事故を経験していない社員が全体の94%になっている。

 植木義晴社長「我々の使命はこの事故を風化させることなく、この事実をしっかりと心に刻み込んで、これからの安全運航に全力を尽くす」

 夕方には、御巣鷹の尾根から10キロほど離れた「慰霊の園」で、遺族や日本航空の関係者ら、260名が出席して、式典が行われた。日が沈むと、犠牲者の数と同じ、520本のロウソクに火が灯され、飛行機が墜落した午後6時56分に合わせて追悼の祈りがささげられた。

 父を亡くした女性「この時間帯だったんだなって改めて思います。この暗さ山の中はどんなに苦しかったんだろうと思いました。一連の慰霊の行事が終えられたので、また明日から頑張っていこうという気持ち」

Ueno village of Gunma prefecture which was 32 years since the crash of the Nikko Jumbo aircraft that was sacrificed 520 people came, was enveloped in memorial prayers on December 12.

The bereaved families, aiming for 'the ridge of Mokushidaka' early in the morning on the 12th, climbed the mountain path which was muddy on the 11th rain. When we arrived at the place where the 'grave mark' where each family's body was found, and the memorial monument named 'monument of ascension,' slowly hands up and prayed for the repose of the victims.

Also, around 10:30 am, the bereaved families sounded a 'safety bell' and prayed for traffic safety. This year it was a milestone of the thirty-third intersection, which was a mid-day of three consecutive holidays, according to the survivor of 359 families of 97 families, the third most frequent in the past.

The man who lost his uncle 'Once a year, I feel like I can not meet you here'

Male who lost my father 'Because my father could not live, I will go forward I came here to report that I am alive. '

Bereaved family' 8 · 12 Liaison Committee 'Kuniko Miyajima Secretary General' I think that I would like to convey this accident to children in particular '

At 1:00 p.m., Japan Airlines President Yoshiharu Ueki visited the ridge of Mikuhodaka and made flowers. In Japan Airlines, the number of employees who have not experienced accidents is 94% of the total.

Yoshiharu Ueki President 'Our mission engraved this fact firmly into the heart without weakening this accident, we do our utmost to safe shipping in the future'

In the evening, about 10 km from the ridge of Mokushidaka A ceremony took place, with 260 people present at the distant 'Shrine Spirit Zone', related to bereaved families and Japan Airlines. When the sun goes down, the same candle as the number of victims was lit with fire, and a memorial prayer was offered at 6:56 pm when the plane crashed.

Woman who lost his father 'I thought again that it was this time zone. I thought how difficult it was in the dark mountain. Since a series of memorial events was finished, from tomorrow Feeling to work hard '

-------------------------------------------------------------------------------------------
- Subscribe to a Channel
- Share comment your idea
- コメントのアイデアを共有します
- チャンネルを購読する
-------------------------------------------------------------------------------------------
+Goo Blog : http://blog.goo.ne.jp/24h-News
+Rakuten : https://plaza.rakuten.co.jp/24hNews
+Twitter : https://twitter.com/24hNewsJapan
+ Blogspot : http://24hNewsJapan.blogspot.com/
-------------------------------------------------------------------------------------------
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住宅全焼の火事 焼け跡から... | トップ | ANA機 離陸直後に引き返... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。