小野寺防衛相 ミサイル防衛体制強化を検討

2017-08-05 15:49:11 | 日記
小野寺防衛相 ミサイル防衛体制強化を検討

Study on strengthening missile defense system of Defense Minister Onodera

小野寺防衛相は4日、「敵基地攻撃能力」を含むミサイル防衛体制の強化を検討するとともに、防衛大綱の見直しを進める考えを示した。

 小野寺防衛相「北朝鮮のミサイル発射、質量ともたいへん緊張感もつ状況になっています。現在のミサイル防衛、イージス艦とPAC3の対応だけで十分なのかどうか、総合的に判断していきたい」

 小野寺防衛相は4日、防衛省内に展開されている地上型迎撃ミサイル「PAC3」を視察した。その上で、自らが政府に提言した「敵基地攻撃能力」の保有を含め、ミサイル防衛体制の強化を検討する考えを示した。

 今回の内閣改造で安倍首相は小野寺防衛相に対して「防衛大綱」の見直しを検討するよう指示している。

 「防衛大綱」は10年程度の防衛力のあり方を定めるもので、現在の大綱は2013年末に策定された。しかし北朝鮮の弾道ミサイルの脅威が高まっているため、小野寺防衛相はミサイル防衛体制の強化とともに新たな大綱を来年末にも策定することを目指す考え。

Defense Minister Onodera said on Wednesday that he would consider strengthening the missile defense system including "enemy base attacking capability" and to review the defense outline.

Defense Minister Onodera "North Korea's missile launch, the situation is very tense with mass.I want to judge comprehensively whether current missile defense, correspondence of Aegis destroyer with PAC 3 is enough"

Defense Minister Onodera visited the ground-based interceptor missile "PAC 3" deployed within the Ministry of Defense on the 4th. He also expressed his view to consider strengthening the missile defense system, including the possession of "enemy base attacking abilities" that the government proposed to the government.

In this cabinet reshuffle, Prime Minister Abe has instructed Defense Minister Onodera to consider reviewing the "Defense Outline."

The "Defense Outline" defines the way of defense capability of about 10 years, and the current outline was formulated at the end of 2013. However, as the threat of North Korea's ballistic missiles is rising, Defense Minister Onodera aims to strengthen the missile defense system and aim to formulate a new outline at the end of next year.

- Share comment your idea
- あなたのアイデアを共有してください

+Goo Blog : http://blog.goo.ne.jp/24h-news
+Rakuten : https://plaza.rakuten.co.jp/24hnews
+Twitter : https://twitter.com/24hNewsJapan
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ASEAN外相会議開幕 北... | トップ | 台風5号 あす朝、強い勢力... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。