消費期限終了

リタイアーのよもやま話

高齢者ドライバーの事故防止

2017-06-30 23:03:25 | 社会

今日、テレビを見て、気になる
ニュースがあった。

高齢者ドライバーの事故防止で
運転免許証見直しか検討へ

社会問題化している高齢者ドライバ
ーの事故防止の対策として、警察庁
は、75歳以上のドライバーが運転
できる車や時間帯、道路などを限定
した運転免許証を導入するかどうか
検討を始めることになりました。

後、割愛。

 

このニュースを見て、驚いた。

わたしのように、病院に通い父親の
リハビリをしている家族としては。

毎日、通って父親を観察している限
り、少なくとも、あと10年は元気
だと思う。

だから、私は、80歳までは、病院に
毎日通う気持ちでいる。

もし、75歳で車を取り上げられたら、
その交通費は、誰が責任をとって
くれるのだろう。

私の自治会内では、高齢者が交通
事故を起こしたという事例はない。

こういう法律ができたら、自治会
活動は、崩壊してしまう。

高齢者の交通事故が起きるとまる
で、高齢者の全てが無能であるか
のような論調には、疑問がわいて
ならない。

統計的に言えば、何%かにしかな
らないはずだ。

 

その何%の運転に不適切な人々の
おかげで、残りの大多数の高齢者
の生活が破壊されるのは、納得し
がたい。

運転する能力に疑問をもたれる人
には、遠慮してもらい、運転して
しかるべき人には、自由に運転し
てもらう。

でないと、困る。

 

山間部の集落に生活している人は、
どうするんだ。

街であっても、電車もバスもタクシ
ーも、通らない地域だって、けっこ
うあるのだ。

買い物難民を増やすつもりか。


高齢者を不必要に、家に閉じ込めれ
ば、「惚け」が増えるばかりにしか
ならない。

高齢者を不必要に家に閉じ込めれば、
高齢者の活力がそがれ、社会が停滞
する要因になりかねないではないか。

1億総活躍社会という言葉は、どこ
にいった。

大事なことは、高齢者の中で、日常
的に、車を運転している人を除き、
運転すべきでない人、運転しなくて
も、生活に支障のない人に、遠慮し
てもらう制度にして欲しいものだ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カウント10  | トップ | 文盲 »
最近の画像もっと見る

社会」カテゴリの最新記事