消費期限終了

リタイアーのよもやま話

"If" by Bread played

2017-10-09 23:37:28 | 日記



"If" by Bread played by Yenne Lee on a 2017 Enrico Bottelli

You Tubeで、遊んでいたら、懐かしい曲に
出会った。

今日は、オリジナルではなく、ギター演奏で
聴いてみることにした。

オリジナルは、ちょっとリアルすぎて、
臆してしまった。

ギターの演奏の方が、遠い昔をクールに
偲ぶことができるような気がしたからだ。

1971年にリリースされたそうだが、私は
いつどこで、最初に聴いたか覚えていない。

人生の進路変更をして、街を夜な夜な
彷徨った頃のことではないようだが、
どこで聴いたのだろう。

最近読んだ小説の登場人物の老婆が、
都会の古いアパートに一人暮らししている
のだが、わたしの人生に何も残らなかった
と嘆いていたところ、同じアパートに住む
ミュージシャン志望の若者の殺人の身代
わりを買って出る。

彼のちょっとした優しが嬉しかったらしい。
罪を犯しても、彼には将来があるし、
先のない老婆がかわってやりたいよう
だ。

老婆は、どうせ未来は、ないのだからと
若者の未来に自分の思いを託したかった
らしい。

思うのだ。およそ、高齢者の心理には、
このような思いがだれしも潜んでいる
のかもしれない。

そのうち、わたしも、どこを探しても
自分の明日に「未来」という言葉が
見つからなくなってくる日がくるか
と思う。

そのような日々を、自分はどの
ようにして、しのいでいくのだろう。

今までの人生のおりおり、心に
語りかけてくれた多くの音楽に
至福の思いをなぞりながら
暮らしていくのだろうか?




 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 'Hallelujah'(Russian). | トップ | 村治佳織 - 主よ、人の望みの... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事