消費期限終了

リタイアーのよもやま話

we are all alone

2016-10-17 22:52:32 | 音楽

今日、昼前、道反対側にスーパー
があって、そのスイーツ屋で、コ
―ヒーを飲んでのんびりしていた。

その場所で、コーヒーを飲んで居
眠りしていたら、頭上から聞き覚
えのあるメロディーが流れてきた。

玄関があって、幅広い廊下の奥に
わたしのよく行く本屋がある。

その廊下沿いに、いくつか店舗が
あって、その店は、廊下沿いにテ
ーブルとイスを置いている。

客がくつろいで飲食できるように
なっている。

その店は、玄関寄り左側の最初の
店である。

その椅子で、廊下の方に背を向け
て、時には居眠りしたり、突っ伏
してうたた寝をしている。

ちと行儀が悪い。

きっと、知り合いの誰かが見てい
るのではと思ったりもするが、リ
フレッシュタイム、やめられない。

読んでいる本が「一流とは何ぞや」
だから、なんか可笑しい。

なんせ、一流はこんなだらしない
姿は見せないはずだ。

一流というのは、スーツを脱がず
にワイシャツ姿にはならないそう
だ。

わたしには理解できないが、ワイ
シャツは、下着扱いだという。

ところで、わたしが、この年で、
このようなテーマで本を読んでも、
実質的に意味はあるはずもない。

何しろ、1日中スーツ姿で生活する
ことはありえないのだから。

葬式を除いて。

それでも時折、「ハッ」とするこ
とがあるから、やめられない。


もっとも、こういう本を読んでい
るなんて、口が裂けても言えるも
のでもない。普通に考えて可笑し
い。

いずれにせよ。気が緩む一方の
の日常にあって、幾ばくかの向
上心でも喚起できれば、その生
活の延長線上に何か見つかるの
ではと、期待するのみである。

 

ところで、頭上に響いた音楽は。 

we are all aloneである。

今日は、ピアノ演奏で聴いてみたい。

歌の演奏に比較して、

we are all alone

であることに対して
ちょっと距離をおいた
感じに聴こえる演奏
は、クールで心が
静まるようで、好感が
持てる。

わたしは、左遷にあった
一年目、盆に実家へ帰
省し、書斎で四面楚歌の
状況に悲嘆し聴いた記憶
がある。

遥か遠くに霞む日々の
ことだ。

かつては、一秒たりとも
あの時代には戻りたくな
い。と思った日々も。

とんでもない話だが。

最近、時折、もしかして、私
の人生で、一番、わたしが
かっこ良く輝いていた日々
だったのではと思えたり
してくるから、時を経ると
いうのは、不思議なもの
だ。

でも、そう思えるのは、
何かしら、救われるもの
があるのだが。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 礼儀 | トップ | Gerald Finzi - Eclogue for ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む