広島県被爆二世・三世の会活動日記

広島県被爆二世・三世の会の日々の活動状況を報告します。

広島で被曝者差別は何故あったのか?

2017-03-06 16:32:38 | 日記

こんなどっきりの題でアップするのは何故でしょう?

一昨日、昨日と伝承講座や被曝者、被爆二世の話を広島市や広島市外で話してきました。その時に出た質問に「同じ広島でなぜ差別したのだろう」と言うのが最近多くなりました。

福島の避難者に対する心ない言葉が話題になっているからだと思います。

広島では何故かと」聞かれたとき私は答えました「もし私が、貴方がその場面に遭遇したときどんな態度を取ったか、どういう風に思ったか考えてみましょう」

私だったら、ケロイドの人が乗ってきたら目をそらしますよ。それは醜いとかではなく、見たらじっと見たら傷つくのではないか、この人は広島で被爆をした、私は被爆をしても火傷をしなかった。申し訳ない。と思ったでしょう。

悪意のある差別ではなく、申し訳ないと思う気持ちの表れが見ないようにする。近づかないようにする。ようになったのだと答えましたが・・・・

様々な不安が被爆二世にはあります。被曝者が「こんな苦しみ、痛み、思いを他の誰にも味合わせたくない」という気持ちが同じです。

「見たこともない原爆が病気になるのではないかの不安がある、そんな思いを他の誰にも味合わせたくない」そう思い活動していこうと強く思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は変な一日です | トップ | 今日は新聞発送日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事