gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-12 12:51:58 | 日記
の依頼だったが、拓郎に今さら頭が上がらず、色々注文を付けられ詞も曲も書くことになったと中島は話している(満月みゆき御殿 『GB』中島みゆきファイル from 1980、1999年、萩原健太他著・ソニー・マガジンズ、p287)
^ 中島みゆき読本、音楽出版社、2009年、p128
^ 地球音楽ライブラリー 中島みゆき、2006年、財団法人ヤマハ音楽振興会監修・TOKYO FM出版、p194、217、218
^ 音楽出版社 2008, pp. 52.
^ 中島みゆき読本、p132、133
^ 俺らの旅はハイウェイ、1990年2月、長渕剛、八曜社、p8、9、75-85
NEXT、1984年1月、富澤一誠、潮出版社、p106-108]
長渕剛インタビュー
堂本兄弟、2004年2月29日
^ a b 吉田拓郎 Island Concert in 篠島
^ 第90回 新田 和長 氏 4. 歴史の瞬間と渦の中で〜「目利き」であることの重要性| Musicman-NET
^ 長渕剛vs桑田佳祐、矢吹光、1995年3月、三一書房、p154
^ ロックの子、1985年、桑田佳祐、講談社、p89
^ 「“エリー”って誰?」意外と知らないサザントリビア10( トリビア ... - 女性自身)
^ 2008年3月11日「桑田佳祐のオールナイトニッポン」
^ 桑田佳祐と吉田拓郎との隠された過去。今日までそして明日から。 - Techinsight 2011年3月
^ 『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』2009年5月18日放送分
^ 原由子『娘心にブルースを』1998年、ソニーマガジンズ、p171
^ 別冊宝島編集部「音楽誌が書かないJポップ批評26」、別冊宝島804、2003年 宝島社、p 28
^ Complete Shogo Hamada―浜田省吾事典、1996年、TOKYO FM出版、p379
^ あいつのクシャミ、1980年、富澤一誠、飛鳥新社、p24、25
^ 第137回 高橋信彦氏 | Musicman-NET
^ Complete Shogo Hamada―浜田省吾事典、p26、27
「Have A Nice Day LIVE2009 吉田拓郎フォト&ロングインタビュー集」p48、49
^ 坂崎幸之助のJ-Friends1、2008年、自由国民社、p70-71
^ 松本隆対談集 KAZEMACHI CAFE、ぴあ、p70
アサヒ芸能、2009年7月23日号、p189
^ 地球音楽ライブラリー 吉田拓郎、p41
コンサートMC
^ 音楽出版社 2008, p. 84.
^ 地球音楽ライブラリー、p43
^ 青春のバイブル、富澤一誠、シンコー・ミュージック、p160
和田誠インタビュー その三、1989年、和田誠、話の特集、p122-142
^ どーもとドーモ、2000年、KinKi Kids、新潮社、p177
^ 山下達郎のJACCS CARDサンデーソングブック2002/5/26
^ a b ナタリー - 山下達郎、本日ANNで吉田拓郎とメディア初共演
^ 今夜よる10時からの『坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』に山下達郎初登場!何と吉田拓郎さんとメディア初共演が実現!
^ 吉田拓郎×竹内まりや、ラジオで初共演!
^ 坂崎幸之助のJ-Friends1、2008年、自由国民社、p102
^ ここは私の学校、2003年11月、祥伝社、p66
^ とんがらし、1975年9月、八曜社
^ 音楽的日乗 スローハンドVol.1、2006年、自由国民社、p103-104
^ フォーク対談集、1974年、富澤一誠、アロー出版社、P178
坂崎幸之助のJ-Friends1、2008年、自由国民社、p118
^ a b 田家秀樹 1994, p. 156.
^ 頭脳警察(2004年8月・須田諭一著・河出書房新社)p164-166
定本 はっぴいえんど、1986年、白夜書房、p60、139、140、193
吉田拓郎・お喋り道楽、p219-220
関西フォーク70'sあたり、2003年、中村よお、幻堂出版、p78
ロックミュージックの社会学、南田勝也、青弓社、p122
ロック・クロニクル・ジャパンVol.1、1999年、音楽出版社、p89
ナタリー - ドキュメンタリー頭脳警察公開記念イベントで貴重発言続々
haruomi hosono 1971
^ 小室等対談集、1975年、小室等、財団法人ヤマハ音楽振興会、p122
^ _... m o m e n t ...._丸山圭子ロングインタビュー
^ ゆるふわ愛され音楽ニュースサイト - ナタリー 山本コウタローの名著「誰も知らなかった吉田拓郎」文庫化
^ われらフォーク世代、1975年、三橋一夫、山本コウタロー他著、荒地出版、p35-36
^ 音楽出版社 2008, p. 67.
^ 加川1974年のアルバム『アウト・オブ・マインド』に収録
^ 石川セリ公式サイト Seri Ishikawa Official
もう書いてもいいですね。、2005年、廿楽正治、有朋書院、P170
^ 別冊宝島編集部 2006, p. 72.
^ 井上陽水 FILE FROM 1969、p180、181
^ NSP『八月の空に翔べ』、八曜社、1978年、p29、148、149
^ この歌 あの歌手(下)、読売新聞社文化部、1997年、社会思想社、p108
^ 朝日新聞、2010年12月4日、be on Saturday-e1、2、うたの旅人:新婚旅行で書いた詞 「旅の宿」、BS朝日 - うたの旅人 旅の宿 2010年12月4日放送
^ うたのことばが聴こえてくる、1984年、岡本おさみ、八曜社、p165
AERA in FOLK あれは、ロックな春だった!、朝日新聞社、p44
^ 旅に唄あり、1980年10月、岡本おさみ、八曜社、p14-15
^ 音楽的日乗 スローハンドVol.2、2006年、自由国民社、p29
^ 「吉田拓郎 YOKOSO」NHK BSプレミアム、2013年6月12日放送
^ a b 松任谷由実、ルージュの伝言、1984年5月、角川書店、p8-11
^ 週刊朝日、1979年3月12日、p16、【yumiyoriな話】第36回 最終回 井上陽水さん YOMIURI ONLINE(読売新聞、2011年8月13日17面)
^ Musicman-NET 第87回 松任谷正隆氏.3、1951年11月19日 日本をリードする音楽プロデューサー松任谷正隆が生まれた日
^ 吉田拓郎・お喋り道楽、1997年10月、徳間書店、p270-285
^ a b 俳優、音楽、人生...尽きぬ話が語り明かされる!明日4日(水)BSプレミアムで放送『吉田拓郎YOKOSO "中村雅俊"』
^ ニッポン放送『坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』2013年4月15日放送、中村雅俊、坂口良子さんとの思い出語る - 芸能社会 - SANSPO.COM、テレビ東京『L4 YOU!』2013年4月10日放送、「L4YOU!」- ゲストトーク〜中村雅俊〜
^ 青春のバイブル、富澤一誠、シンコー・ミュージック、p161
^ 垣花正のあなたとハッピー!、ニッポン放送、2010年8月24日
^ 吉田拓郎 1980, p. 154.
^ アサヒ芸能、2009年7月2日号、p38-39
^ 吉田拓郎オールナイトニッポン・ゲスト矢沢永吉
^ a b LOVE LOVE あいしてる:1999/06/19
^ LOVE LOVE あいしてる:1997/11/29
坂崎幸之助のJ-Friends1、2008年、自由国民社、p100
^ LOVE LOVE あいしてる:1998/09/26
^ 坂崎幸之助のJ-Friends1、p100
^ 19インタビュー
^ 青い瞳のステラ、1962年 夏.../柳ジョージ&レイニーウッド - 広島FM 食卓ON楽
中国新聞、2007年7月29日、p10
AERA in FOLK あれは、ロックな春だった!、朝日新聞社、p82
広島フォーク村
^ 小室哲哉音楽対論 Vol.1、p105
^ FLASH臨時増刊 Extime、p30
^ 週刊新潮、2006年12月14日、p44
^ 「らいぶ」、学習研究社、1996年6月、p29
^ 石原信一 1985, p. 53.
^ 芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(2)仁義なき「激情アーティスト」-桑田佳祐VS長渕剛 他- アサ芸プラス 2014年7月16日
^ 岡林は、はっぴいえんどとロックをやり始めたため、怒ったフォークファンが怖くなり対人恐怖症になって歌を辞めると宣言し渡米、帰国後も京都の寒村に穏棲したりし表舞台に立たなくなった(バンザイなこっちゃ!、2005年・岡林信康著・ゴマブックス、p227、278、ニューミュージックの本、富澤一誠監修、p127)。
^ ニューミュージックの本、富澤一誠監修、p127
^ 【LOVE LOVE あいしてる:トーク】
^ トーク 特別編集版 - 【LOVE LOVE あいしてる:トーク】
^ 東北ロックンロール物語、2008年、高橋ジョージ、ワニブックス、p61-62
^ 真心ブラザーズ4週連続企画 『YOUNGER THAN YESTERDAY』 - 第3週目、ラジオ「PLATOn」出演記 - C-faculty - 中央大学、エコレゾトーク - エコレゾ ウェブ
^ 【LOVE LOVE あいしてる:トーク】
^ 「LOVE LOVEあいしてる」完全読本、1999年、キンキ・オールスターズ、飛天出版、p84、85
^ || KTV || 関西テレビ放送 [ 番組 さんまのまんま : バックナンバー
^ 吉田拓郎LIVE〜夏と君と冷したぬき〜
有名人同士の意外な交友関係(2011/05/04) | コブス横丁 | COBSキャリア
^ 変なおじさん、新潮社、2002年、38頁
^ 決定!これが日本のベスト
^ a b テレビ朝日|ストライクTV 2011年11月7日放送
^ フォーライフレコード設立35周年記念!井上陽水・吉田拓郎・小室等ら、70年代後半の名曲をコンパイルした高音質コンピ盤発売!、新企業CMに俳優の向井理さんを起用 / ニュースリリース | リコー
^ テレビ朝日 (2015年9月27日). “関ジャム 完全燃SHOW、2015-09-27twitter”. 関ジャム 完全燃SHOW. オリジナルの2015年9月27日時点によるアーカイブ。 2015年9月27日閲覧。テレビ朝日 (2015年9月27日). “関ジャム 完全燃SHOW”. 関ジャム 完全燃SHOW. オリジナルの2015年9月27日時点によるアーカイブ。 2015年9月27日閲覧。“関ジャム 完全燃SHOW”. Gガイド.テレビ王国. (2015年9月27日). オリジナルの2015年9月27日時点によるアーカイブ。 2015年9月27日閲覧。
^ 痛快!明石家電視台、2011年2月14日放送
^ ピース『憧れの人・ダウンタウンへの想いや、青春時代のベストソングを語る!!』-ORICON STYLE
^ “ダチョウ倶楽部×キンキ、敬愛する吉田拓郎カバー披露”. ナタリー. (2014年4月18日). オリジナルの2015年9月27日時点によるアーカイブ。 2015年9月27日閲覧。
^ TALK SHOW | 中村のん プレゼンツ、[地球は私の仕事です] 女の仕事、朝日新聞社、1997年9月、p230-231
^ 勝手にさせて、秋吉久美子著、河出書房新社、1986年3月、p52
^ 仲村トオルさん(3/3) - インタビュー - ひと - (どらく)
^ 江口寿史のお蔵出し、1994年4月、自著、イーストプレス、p13-27に収録
^ レコード・コレクターズ増刊「日本のフォーク/ロック アルバム・ベスト100 1960-1989」、2010年11月、ミュージック・マガジン、p41
^ 青春とはなんだかんだ、柴門ふみの'70s青春記、柴門ふみ、小学館、1994年、p813
^ a b 柴門ふみ 「あのころの熱をもう一度 フォークの季節 拓郎に恋をした」『東京人』 都市出版、2011年9月号、75頁。
^ 70年代、青春のスーパースター・吉田拓郎を熱く語る 「吉田拓郎・これが青春」 柴門ふみ
^ 『シンプジャーナル・ベストセレクション'80s』p376、2013年10月28日 | 午後まりブログ:NHK - NHKオンライン、6F)マサ拓Z - Live Bar X.Y.Z.→A LIVE SCHEDULE
^ みうらじゅん インタビュー5 米国音楽界の巨人 ボブ・ディラン特集、みうらじゅん インタビュー6 日経トレンディネット
^ a b c ほぼ日刊イトイ新聞- じゅんの恩返し12
^ 第三回 : アレ?ここウチの地元? テーマ曲 「伽草子」 吉田拓郎
^ en-taxi 第21号、2008年、p100
みうらじゅんの「サブカルジェッター」
日本崖っぷち大賞、1998年、みうらじゅん、泉麻人、山田五郎、安斎肇、毎日新聞社、p174、183
^ みうらじゅん対談集 正論。、みうらじゅん、コアマガジン、2009年、p231、234
^ 「みうらじゅんの「サブカルジェッター」〜2番目がいいんじゃない」、TBSラジオ、2008年1月26日放送、番組公式サイト ジェッター回顧録2008年1月
^ 石原信一 1980, p. 46.
^ 週刊現代、2011年8月13日号、p126
^ 放送禁止歌手 山平和彦の生涯、p247
^ 茅ヶ崎ロータリークラブ 創立50周年記念講演 直木賞作家・重松清『命を語ることば』
^ 重松清さん×糸井重里さんの対談|作家による読書の楽しさを伝える対談
^ 週刊現代 講談社 2009年10月17日号71頁
^ 10月23日放送 「クリエイティブディレクター箭内道彦さん」
^ 社長が訊く『Wii Music』 - 任天堂
^ サッカー・内田篤人選手、吉田拓郎さんの曲でコンフェデ杯へ闘志 - FNN
^ 内田、吉田拓郎ソングで士気アップ!プレゼントCD持参
^ 「月刊ミュージックスター」にインタビュー記事掲載 - 江田けんじNET
吉田拓郎・・・我が青春|江田 けんじオフィシャルブログ Powered by Ameba
内外タイムス - 高須基仁のメディア国士無双
ほぼ日刊イトイ新聞 - あのひとの本棚。
週刊現代 2009年10月17日号、p71
en-taxi 第21号、p96-99
『ライオンのごきげんよう』(2012年6月15日放送分)より。価格.com - 「ライオンのごきげんよう」2012年6月15日(金)放送内容、森永卓郎の俺が震えた1曲、吉田拓郎「人間なんて」 | アサ芸プラス
参考文献[編集]
著書[編集]
吉田拓郎 『気ままな絵日記』 立風書房、1972年。
吉田拓郎 『明日に向かって走れ』 八曜社、1976年。
吉田拓郎 『俺だけダルセーニョ』 集英社、1984年。
吉田拓郎 『ふたたび自分の事は棚に上げて』 小学館〈BIG ORIGINAL BOOKS〉、1994年。ISBN 978-4093653220。
吉田拓郎 『もういらない』 祥伝社、2002年4月。ISBN 4-396-42035-8。
解説書等[編集]
石原信一 『吉田拓郎 挽歌を撃て』 八曜社、1980年。
矢沢保 『フォーク俺たちのうた』 (改訂新版) あゆみ出版、1980年。 NCID BN11565436。
石原信一 『俺たちが愛した拓郎』 八曜社、1985年。ISBN 978-4-8270-0082-5。
シンコーミュージック 『フォーク黄金時代(1969〜1978) (CUT-UP-FROM YOUNG GUITAR)』 シンコーミュージック、1992年。
田家秀樹 『吉田拓郎ヒストリー1970-1993』 ぴあ〈ぴあbook. ぴあmusic collection ; 4〉、1994年1月。
キンキオールスターズ 『「LOVE LOVEあいしてる」完全読本』 飛天出版、1999年10月。ISBN 978-4894401594。
田家秀樹 『J-POP時評 1989-2001 音楽の向こうに現代が見える』 ヤマハミュージックメディア、2001年8月15日。ISBN 4-636-20982-6。
Jロック&ポップスCD名盤ガイド編集委員会 『Jロック&ポップスCD名盤ガイド』 立風書房、2001年。ISBN 4-651-82048-4。
恩蔵茂 『ニッポンPOPの黄金時代』 KKベストセラーズ、2001年11月。ISBN 4-584-12025-0。
坂崎幸之助 『坂崎幸之助のJ-POPスクール』 岩波書店〈岩波アクティブ新書, 60〉、2003年。ISBN 4007000603。
吉田拓郎 『晴れときどき拓郎―Younger Than Yesterday.』 小学館、2003年6月。ISBN 978-4093796224。
別冊宝島編集部 『音楽誌が書かないJポップ批評44 拓郎&陽水と「フォーク黄金時代」』 宝島社〈別冊宝島1346〉、2006年8月。ISBN 978-4796654258。
田家秀樹 『吉田拓郎』 TOKYO FM出版〈地球音楽ライブラリー〉、2007年1月15日。ISBN 978-4-88745-179-7。
シンコーミュージック 『吉田拓郎これが青春』 シンコーミュージック・エンタテイメント〈ヤング・ギター・クロニクル, vol. 1〉、2007年1月31日。ISBN 9784401630851。
田家秀樹 『いつも見ていた広島 : ダウンタウンズ物語 : 小説吉田拓郎』 小学館、2007年9月。ISBN 9784093797122。
音楽出版社編 『吉田拓郎読本』 音楽出版社、2008年。ISBN 978-4-86171-041-4。
山本コウタロー 『誰も知らなかった吉田拓郎』 イーストプレス、2009年12月11日。ISBN 978-4-7816-7016-4。
田家秀樹 『70年代ノート 時代と音楽、あの頃の僕ら』 毎日新聞社、2011年。ISBN 978-4-620-32046-5。
シンコーミュージック 『日本の男性シンガー・ソングライター』 シンコーミュージック・エンタテイメント〈ディスク・コレクション〉、2013年9月。ISBN 9784401638857。
馬飼野元宏 『日本のフォーク完全読本』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2014年6月30日。ISBN 978-4401639724。
外部リンク[編集]
吉田拓郎 avex official website
吉田拓郎 ∥ TEICHIKU
吉田拓郎のフォーライフ公式サイト
吉田拓郎の詩
吉田拓郎提供曲
[表示]
表 話 編 歴
吉田拓郎
典拠管理
WorldCat VIAF: 258062331 MusicBrainz: b2e1e69c-e24f-4f89-9621-250ca3b176c1 NDL: 00097132
カテゴリ: 吉田拓郎日本の男性シンガーソングライター日本の作曲家日本の作詞家日本のソングライター日本のフォークシンガー日本のギタリスト日本の音楽プロデューサー日本の男優日本の実業家NHK紅白歌合戦出演者NHK紅白歌合戦歌唱楽曲・作詞者・作曲者日本の映画音楽の作曲家エレックレコードのアーティストソニー・ミュージックレコーズのアーティストフォーライフミュージックエンタテイメントのアーティストエイベックス・グループのアーティストラジオ番組のパーソナリティ・DJオートレースに関連する人物広島修道大学出身の人物鹿児島県出身の人物広島市出身の人物1946年生存命人物
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
他言語版
English
한국어
Tagalog
リンクを編集
最終更新 2017年7月10日 (月) 02:04 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事