gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-12 12:52:51 | 日記
ペニーレインでバーボン」で有名になり、修学旅行のコースにもなった"1970年代原宿の象徴"ともいわれる名店(原宿ペニーレインを舞台化!! - 文化通信.com、pennylane | あの頃僕らはペニーレインで公式サイト ペニーレインとは、『Vol.14 フォークソング+朗読劇 レコード会社の新しい試み』、拓郎名曲の舞台 主演に“インディーズの歌姫”抜てき)。休日は終日満員となり、マッチが一日500個消えていき、地方から上京したヤングが地元に持ち帰るマッチはプレミアムがついて売れたという(週刊サンケイ、1975年5月8日号、p38-40)。1990年に閉店、2006年に復活した。
出典[編集]
^ 好きだったモデル・入江美樹(小澤征爾夫人)と好きだった女の子の名前(準ちゃんと思われる)を足したもの(田家秀樹 2007b, pp. 164,184,185、吉田拓郎 1994, p. 176)。
^ a b c オリコン芸能人事典-ORICON STYLE よしだたくろう、吉田拓郎|アーティスト|株式会社フジパシフィック音楽出版(archive)、| 吉田拓郎 | Museum of Modern Music、TAKURO YOSHIDA (吉田拓郎) avex official website PROFILE
^ “拓郎最後のツアー9公演3万枚が即日完売”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2009年4月5日). オリジナルの2015年10月22日時点によるアーカイブ。 2015年10月22日閲覧。、ナタリー - 拓郎から星野源まで、男性シンガーソングライター名盤紹介、DIGAとオヤジと音楽と。 ブルーレイ/DVDレコーダー
^ a b c d e f g h シンコーミュージック 2013, p. 6.
^ a b c d nikkansports.com> 日刊スポーツ> 吉田拓郎インタビュー
^ a b 【コラム】木田高介の果たした大きな役割|HMV ONLINE
^ a b c d e Museum of Modern Music70'sバイブレーション! なぎら健壱インタビューp3(archive)、なぎら健壱インタビューp4(archive)
^ BS日テレ - 「地球劇場〜100年後の君に聴かせたい歌〜」#3 ウタビト 吉田拓郎、谷村さんの投稿 吉田拓郎登場!! - 谷村新司 Shinji Tanimura Official site、『フォークソングの時代』 曲目メモ by 森山良子 - ハイレゾ音源配信サイト、井上陽水、唯一無二の世界観で魅せた「UNITED COVER2」東京公演
^ a b c d e f g h i j 【吉田拓郎「元気です」】 日本の音楽のあり様に革命を起こす - ダイヤモンド・オンライン、発売1ヶ月で40万枚を売り上げた吉田拓郎のメジャーデビュー作『元気です。』、フォークソングをメジャーに!吉田拓郎 「元気です」 ロック・ポップス/国内ロック・ポップス、70年代の名盤の口コミ
^ 今日は一日 三昧(ざんまい)(archive)]
iTunes - ミュージック - 吉田拓郎「よしだたくろう 青春の詩」
BS-TBS「SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜」 結婚しようよ/吉田拓郎 2008年1月24日放送
田家秀樹 日本ライブ伝説(1)吉田拓郎と1970年代 野外へ放たれた叫び
吉田拓郎が日本のフォークソングに与えた偉大なる影響
今日は一日 三昧(ざんまい)(archive)
吉田拓郎は青春の反抗者だったのか - 旅行人編集長のーと、第105回:「ロックと日本の60年」第6章 クイーンを筆頭に、まばゆきロック・アイドルの時代へ
^ Jロック&ポップスCD名盤ガイド編集委員会 2001, p. 19.
^ a b c d 馬飼野元宏 2014, pp. 118-120.
^ a b 「いま、ふたたびのフォーク!! 拓郎・陽水でメジャー化したフォーク史」『ダカーポ』、2007年3月21号、マガジンハウス、pp.107–119
^ 「あの年この歌SP「日本の音楽を変えた4人」『あの年この歌〜時代が刻んだ名曲たち〜』BSジャパン、2016年1月16日放送
^ a b 吉田拓郎 Takuro Yoshida4、吉田拓郎 Takuro Yoshida5
^ a b c d e f Takuro Yoshida: Shangri-La – The Band Website (英語)
^ すべては吉田拓郎から始まった―吉田拓郎展. TAKURO YOSHIDA ARTIST GALLERY TAKURONICLE 1970 >>> Just now、126ch SUPER LEGEND 名盤チャンネル 吉田拓郎- Music Bird、【時代のサカイ目】現代CMソング考 求められる視覚と聴覚への“瞬間刺激” - ZAKZAK、読売新聞、2010年1月1日、2月にエイベックスへ移籍した『吉田拓郎』にインタビュー!!(archive)、吉田拓郎 3年ぶりの首都圏ライブ開催決定 | Musicman-NET(archive)、5月1日 ゲスト:富澤一誠さん - ドコモ団塊倶楽部、1月23日の放送は~|J-POP LEGEND FORUM|FM COCOLO大編集後記その八。吉田拓郎が教えてくれた。 | 雑誌・昭和40年男、日本における黎明期のロックコンサートとフェスティバル--1950〜70年代前半を中心に、井上陽水「能古島の片想い」に見る片想いの美学 | Bizコンパス、島崎今日子『安井かずみがいた時代』集英社、2013年、p281-283、381
^ 『ポピュラー音楽人名事典』日外アソシエーツ、1994年、p661、ISBN 978-4816912238)。
^ 日経エンタテインメント!、日経BP社、2004年2月号- P.28、29より
^ a b c d e f g h i 「ロングインタビュー 吉田拓郎 家族・時代・仕事をめぐる対話 〈聞き手・重松清〉」『すばる』 集英社、2010年3月号、122-150頁。
^ a b 吉田拓郎・牧瀬里穂・ラサール石井のトキメキ心の故郷三人旅故郷・鹿児島県で思い出の地を巡る(日本テレビ、1997年11月9日)
^ a b c d e f g h i j 「ロングインタビュー 吉田拓郎 すべてを語る」『AERA in FOLK あれは、ロックな春だった!』 朝日新聞社、2006年4月5日号、40-45頁。
^ 田家秀樹 2007b, pp. 10.
^ 豊かなる日々 吉田拓郎、2003年の全軌跡、田家秀樹、2004年、ぴあ、p123
^ ニッポンのうた漂流記、飯塚恆雄、2004年、河出書房新社、p107
^ a b 田家秀樹 2007b, pp. 144-145,165-206.
^ 田家秀樹 2007b, p. 278.
^ LOVE LOVE あいしてる
^ 田家秀樹 2007b, pp. 291-298.
^ 田家秀樹 2007b, pp. 349-360,422-431.
^ ケータイde中国新聞 ケイタイでも読める「広島フォーク村」(archive)、蔭山敬吾ブログ Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's LABEL、あの時の歌は…学都遠く - 暴走族(archive)
^ 田家秀樹 2007b, pp. 415-418,432-438.
^ 谷口由記「広島出身ミュージシャン年代記(クロニクル)EX FLASH」、光文社、2001年1月30日号、96–98頁
^ 『70年代ノート 〜時代と音楽、あの頃の僕ら〜』、田家秀樹著、毎日新聞社、2011年、p39
^ 吉田拓郎 1980, pp. 27-28
読むJ-POP 1945-1999私的全史、1999年、田家秀樹著、徳間書店、p121
^ カワイミュージックショップ広島
^ 吉田拓郎 2002, pp. 64-66.
^ ニューミュージックの本、富澤一誠監修、p47
^ 音楽出版社 2008, pp. 27-28.
^ シンコーミュージック 2007, p. 40.
^ 田家秀樹 2007, p. 7
^ R−S20夜明け前?-エレックレコード社長のべらんめえブログ、FOR LIFE RECORDS -PARADISE DIGITAL(archive)
^ a b 田家秀樹 1994, pp. 141-142.
^ ツアーMC
本田 路津子・特別インタビュー(archive)
^ 別冊宝島編集部 2006, p. 77.
^ a b 「音楽文化・産業論 2008 I」 講師:後藤由多加 「インディーズ創世記」
^ 田家秀樹 2011, pp. 52-53.
^ 夢のあがり―ニューミュージックの仕掛人たち―1983年4月、富澤一誠著、音楽之友社、p41-42、51-52
^ 吉田拓郎 1980, p. 32.
^ a b c d e 『ポピュラー音楽人名事典』日外アソシエーツ、1994年、p661、ISBN 978-4816912238
^ 夢のあがり―ニューミュージックの仕掛人たち―、p60-63
^ ヤング・ギター・クロニクル Vol.1 吉田拓郎 これが青春、2007年、シンコーミュージックエンタテイメント、p225
^ 吉田拓郎 1976, p. 191.
^ a b c d 田家秀樹「特集 1970年代フォークソングの季節 サブカルチャーから若者文化の主流へ」、『週刊昭和48年』第21巻、朝日新聞出版、2009年5月3日、 pp. 14-16。(アーカイブ)
^ a b c d ニッポン放送「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」2013年6月24日放送、竹内まりや感激!拓郎と初共演「アイドルでした」
^ a b 佐々木淳・丹治史彦編『唄えば天国 - ニッポン歌謡映画デラックス 地の巻』メディアファクトリー、1999年、p227
^ 【1972年8月】旅の宿/よしだたくろう 幸せの絶頂期にリリースしたヒット曲
^ 読売新聞、2009年12月9日、13面
^ a b jinz bar - 前田 仁の「歌たちよ、どうもありがとう」第2回[リンク切れ]
^ あがた森魚が語る「ベルウッド・レコード」と、伝える技術の話
^ a b c d 「'70年代ヒットパレード大特集 あのとき僕らの言葉が歌になった! 吉田拓郎が駆け抜けた節操なき10年」、『FLASH臨時増刊 Extime(エクスタイム)』、光文社、2007年10月10日、 28-34頁。
^ a b プレイバック芸能スキャンダル史 吉田拓郎「金沢事件」 女子大生の狂言でCM自粛、放送禁止に
^ シンコーミュージック 2007, p. 126.
^ 月刊明星、1973年8月号、集英社、〈独占!よしだたくろう1800字自筆手記〉、p82-85
^ 石原信一 1985, pp. 76-77.
^ 『ラインダンス』、井上陽水、新潮社、1982年、p130
^ 日本経済新聞、1975年5月2日、p16、朝日新聞、1975年5月2日、p23
^ ニューミュージックの本、富澤一誠監修、p102
^ 矢沢保 1980, p. 249.
^ 人気ラジオ番組「緊急ハプニング集」! | アサ芸プラス、第90回 新田 和長 氏 5. 加藤和彦氏との音楽的な日々| Musicman-NET
^ 青春のバイブル、富澤一誠、シンコー・ミュージック、p160
^ 日本経済新聞、2006年4月12日、20面
^ 新宿ルイード物語、1988年、富澤一誠、講談社、p151-155
^ アサヒ芸能、2009年7月9日号、p39
^ 封印歌謡大全、2007年、石橋春海、太田出版、150-151
^ a b 別冊宝島編集部 2006, p. 34.
^ 石原信一 1980, p. 228.
^ 吉田拓郎 1994, p. 97.
^ [1]
^ 【オリコン】吉田拓郎、66歳でDVD最年長TOP10 P.マッカートニー記録抜く[リンク切れ]
^ 清川仁 (2015年8月6日). “戦後70年 ここから変わった(4)…シンガー・ソングライター”. 読売新聞 (YOMIURI ONLINE). オリジナルの2015年10月23日時点によるアーカイブ。 2015年10月23日閲覧。
^ a b “THE ALFEE 坂崎幸之助さん、フォークソングを語る!”. エフエム東京. (2014年8月17日). オリジナルの2015年10月23日時点によるアーカイブ。 2015年10月23日閲覧。
^ a b 黒沢哲哉『ぼくらの60〜70年代熱中記』、いそっぷ社、2012年、p98-101
^ 1972年4月22日日本武道館、音楽舎主催。文献によっては「音搦大歌合(おとがらみだいうたあわせ)」とするものもある(サンデー毎日、1972年6月25日号、p43)。拓郎、岡林信康以外の出演者は、三上寛、六文銭、ガロ、はっぴいえんど、遠藤賢司、かまやつひろし、加川良、五つの赤い風船、山下洋輔トリオほか。
^ 田家秀樹 1994, p. 163.
^ サンデー毎日、1972年6月25日号、p43
^ 「ドキュメンタリー 頭脳警察」公開記念イベント11月11日編 - BARKS
^ a b c d 柳井康弘「吉田拓郎が日本のフォークソングに与えた偉大なる影響 : 私生活フォークの成立と「僕の歌」をめぐって(芸術のロケーション)」、『Booklet』第12巻、慶應義塾大学、2004年1月31日、 83-92頁、 NAID 110004646497。
^ 吉田拓郎 1980, pp. 38-40.
^ a b c d 60年代フォークの時代 - 日本のフォーク&ロック・ヒストリー1、p194
^ イエスタディ '60's - '80's ―音楽記者の取材ノートから―、1989年、永井晶子、CBS・ソニー出版、p77-78
^ シンコーミュージック 1992, p. 14.
^ a b c 小西良太郎「日本のフォークは、いま... "フォーク"という四文字言葉、それは一体何なのだ」『ニューミュージック・マガジン』、ミュージック・マガジン、1974年8月号、p24–27
^ a b c d 学研ホールディングス 2001, p. 19.
^ a b c 富澤一誠のライブ・カルテ! 第44回 : 「岡林信康と吉田拓郎は特別な存在」
^ a b 小西良太郎『昭和の歌100 ―君たちが居て僕が居た』、幻戯書房、2016年
^ NHKネットクラブ 番組詳細(SONGS「吉田拓郎~今だから人生を語ろう」)、吉田拓郎が「SONGS」初登場「いくつになってもラブソングを歌い続けたい」
^ ぼくらの時代、ぼくらの歌、田川律著、思想の科学社、p110
アグネス・ラムのいた時代、長友健二+長田美穂、中央公論新社、P155-156
NEW MUSIC '81 ニューミュージック事典、学習研究社、p19
^ a b c Jポップを創ったアルバム 1966〜1995、北中正和、平凡社、2008年、p40-43
^ 日本総合研究所 || 寺島実郎の発言 問いかけとしての戦後日本-(その5)日本人の心を映し出す歌謡曲の変遷(archive)
^ にほんのうた 戦後歌謡曲史、北中正和、新潮社、p165-166
^ a b 伊藤強『TV世代に夢をつれてきた 日本の歌手“50+1”人』、日本テレビ放送網株式会社、1990年、ISBN 9784820390152、p265-269
^ 日本流行歌変遷史―歌謡曲の誕生からJ・ポップの時代へ、菊池清麿、論創社、2008年
^ 恩蔵茂 2001, pp. 3-5.
^ 5月1日 ゲスト:富澤一誠さん - ドコモ団塊倶楽部、ディランがいなければ、吉田拓郎は「文学者」になっていただろう - iRONNA
^ 針金を曲げてハーモニカ・ホルダーを作り、首にかけるスタイルも日本では拓郎が最初といわれる(『徳光和夫のトクセンお宝映像!』帰ってきたフォークソング伝説2、BS日テレ、2012年3月14日放送)。
^ ステージに譜面台を持ち出したのも、ニューミュージック界では拓郎が最初といわれる(あいつのクシャミ、1980年、富澤一誠、飛鳥新社、p49)。
^ a b c d 週刊現代、2013年3月5日号 p136-137 「わが人生最高の10冊」
^ 芸能界でコーヒー・ブレイク:私の音楽評論はラブレターだった、吉見佑子、八曜社、1980年、p10
^ a b c d 泉麻人『僕の昭和歌謡曲史』、講談社、p132–138
^ a b 富澤一誠『あいつの切り札―松山千春から吉田拓郎まで36人』、音楽之友社、1981年、p224-228
^ a b c d 坂崎幸之助 2003, pp. 60-74.
^ a b 山本コウタロー 2009, p. 4.
^ 別冊宝島編集部 2006, pp. 5,20-21.
^ 7 - _... moment ...._
^ 浦沢直樹 - ルーフトップギャラクシーw
あの時代の風
「佐野史郎、はっぴいえんどと音楽を語る」 PART 2 of SPECIAL INTERVIEW
時代に合った新しい映画を出していきたい - INTERNET Watch
4 - sotozen-net(archive)
^ 放送禁止歌手 山平和彦の生涯、p9
^ ラヴ・ジェネレーション1966-1979 新版 日本ロック&フォークアルバム大全、田口史人・湯浅学・北中正和監修、1996年、音楽之友社、p43
^ シンコーミュージック 1992, p. 4-7.
^ 矢沢保 1980, pp. 44-85.
^ 矢沢保 1980, p. 61,133.
^ 新版 日本流行歌史 下、古茂田信男、矢沢寛、島田芳文、横沢千秋、社会思想社、1995年、p63-64
^ 菊池清麿『日本流行歌変遷史―歌謡曲の誕生からJ・ポップの時代へ、論創社、2008年、p245-246
^ 五つの赤い風船とフォークの時代、なぎら健壱、アイノア、2012年、p194-195
^ 坂崎幸之助 2003, pp. 69-70,110-114.
^ 日本流行歌変遷史、2008年、論創社、菊池清麿、p218-219、245-246
日本のフォーク&ロック史―志はどこへ―、1982年9月・田川律著・音楽之友社、p72-73
アグネス・ラムのいた時代、長友健二+長田美穂、中央公論新社、p149、152-153
60年代フォークの時代、シンコーミュージック、p201-206、214
70's STAR・DUST、1996年、陣馬虫太郎、ヒット出版社、p113
わが青春の流行歌、1990年、池田憲一、白馬出版、p107
ザ・サクセス・ストーリー 矢沢永吉からY・M・Oまで、1981年、塩沢茂、冬樹社、p10
音楽する社会、1988年、小川博司、勁草書房、p49、50
^ 吉田拓郎 & 2002 p217.
^ 田家秀樹 2007, p. 151.
^ 気ままな絵日記、p48-50
^ club willbe(クラブ・ウィルビー):インタビュー 加藤和彦さんは ...
^ 日本経済新聞、2006年4月12日夕刊、p20
^ 週刊現代、2012年2月25日号、p90
^ 山本コウタロー 2009, p. 3.
^ Gauguin(ゴーギャン)、2008年4月号・東京ニュース通信社、p17
^ ディランを語ろう、浦沢直樹・和久井光司、p38
Gauguin(ゴーギャン)、2008年4月号・東京ニュース通信社、p38
【みうらじゅん インタビュー5 米国音楽界の巨人 ボブ・ディラン特集
みうらじゅん インタビュー6 日経トレンディネット
みうらじゅんの「あぁ、青春ノイローゼ」な10曲|音楽|HMV ONLINE
日本崖っぷち大賞、1998年、みうらじゅん、泉麻人、山田五郎、安斎肇、毎日新聞社、p183
浦沢直樹 - ルーフトップギャラクシーw
^ ディランを語ろう、浦沢直樹・和久井光司、p48
^ 田家秀樹 2007b, p. 82.
^ 山本コウタロー 2009, pp. 64-65.
^ AERA in FOLK あれは、ロックな春だった!、2006年、朝日新聞社、p43
^ 1973年12月の対談(小室等対談集、1975年、小室等、財団法人ヤマハ音楽振興会、p18)。
^ 小室哲哉音楽対論 Vol.2、p40
^ a b 田家秀樹 2011, pp. 44-45.
^ 別冊宝島編集部 2006, p. 47.
^ 吉田拓郎 1980, pp. 27-28.
^ a b c d Go!Go!GUITAR特別編集『初めて弾いたこの一曲』ヤマハミュージックメディア、2009年、ISBN 9784636846928、p19
^ a b c Sony Music Shop | 吉田 拓郎・吉田拓郎 スーパー・ヒット・CD・DVD
^ ディランから教わった「字余り」「字足らず」 吉田拓郎が思い語る えんび服で授賞式は想像できない、吉田拓郎「僕はディランのモノマネ」70歳での初ツアー終了、加川良の歌「教訓 Ⅰ」の時代をこえたリアリティ | 【es】エンタメステーション、本当の「プロの歌」を聴きたい 演歌「復権」の背景とは : J-CAST、【インタビュー】中村雅俊「折り返し地点はとっくに過ぎたかなと。だから、先を目指すのではなく、今日をどう生きるか」、@ぴあ/インタビュー 大橋卓弥 - チケットぴあ、SISTER JETのそれ行け!カバーボーイ 第二回 Page.2 - プレイリスト
^ 毎日新聞、1998年11月20日7面
^ 音楽出版社 2008, pp. 60.
^ a b 米大統領選に影響も…「反体制」の象徴、ボブ・ディランがノーベル文学賞 吉田拓郎は「彼がいたから今日がある」 (2/2ページ)
^ 山田兼士 字余りソングの詩的リズムについて 吉田拓郎の言語革命『洪水』14号、阿部嘉昭ファンサイト: 再帰性と再帰性が反射する--三村京子について
^ a b 時代は変われど転がり続けて - 日高新報 Web Hidaka
^ guts、表現技術出版、1972年8月、p16
^ 坂崎幸之助 2003, pp. 64-65.
^ “アーティストインタビュー:斉藤和義”. JOYSOUND.com. エクシング. 2017年5月17日閲覧。
^ 村田久夫・小島智編 「金子洋明インタビュー」『日本のポピュラー史を語る―時代を映した51人の証言』 シンコーミュージック、1999年10月14日、88-91頁。ISBN 4-401-613-40-6。
^ guts、表現技術出版、1972年8月、p16
^ 別冊宝島編集部 2006, pp. 36-37.
^ 坂崎幸之助のJ-Friends1、2008年、自由国民社、p182-183
^ 言葉の達人たち、阿久悠、扶桑社、1993年、p201-226
^ a b c 木村ユタカ編著『俺たちの1000枚 10 Artists × 100 Albums』、シンコーミュージック・エンタテイメント、2016年、ISBN 978-4-401-64350-9、p222-244
^ フォーク対談集、1974年、富澤一誠、アロー出版社、p141-160
^ 「ニューミュージック・マガジン」1972年11月号、p100
^ ニューミュージック白書、1977年、p54
^ a b よい子の歌謡曲、1983年、よい子の歌謡曲編集部編、冬樹社、p116-119
^ 江口寿史の正直日記、2005年、江口寿史、河出書房新社、p73
^ 吉田拓郎 1984, pp. 146-148.
^ 石原信一 1985, p. 97.
^ 定本 はっぴいえんど、1986年、白夜書房、p222
はっぴいえんどコンプリート、2008年、シンコー・ミュージック・エンタテイメント、p87
失われた歌謡曲、1999年、金子修介、小学館、p203、206
「Have A Nice Day LIVE2009 吉田拓郎フォト&ロングインタビュー集」p26
^ 別冊カドカワ 井上陽水、角川グループパブリッシング、2009年12月、p194、【発掘!流行り歌 徒然草】椎名林檎「ここでキスして。」(1999年) 年配には受け入れにくい「違和感」は大化けの予兆 デビュー秘話 (2/2ページ)
^ 吉田拓郎「古希」初ツアー 「そこらの70歳よりも元気なつもり」
^ a b 音楽出版社 2008, pp. 64-68.
^ a b c d 昭和歌謡 勝手にベストテン、宝泉薫、彩流社、2009年、p48-51
^ 別冊宝島編集部 2006, pp. 21-22.
^ 小室等対談集、1975年、小室等、財団法人ヤマハ音楽振興会、p15-20
^ 小室哲哉音楽対論 Vol.2、p38-40
^ 歌謡ポップス・クロニクル 特集アスペクト39、1998年、アスペクト、p9234-239
筒美京平を否定する人たちがいた1980年代はじめ、近田が「筒美京平はすごい」と言ったことが筒美神話のはじまり(その意味は 考えるヒット4、2001年、近田春夫、文藝春秋、p161)。
^ 定本 気分は歌謡曲、1998年、近田春夫、文藝春秋、p25
^ この街で君と出会い、1975年、喜多条忠、立風書房、p145
Charは『Char meets ???? 〜TALKING GUITARS〜』での仲井戸麗市とのセッションで「JOHNNY, LOUIS & CHAR(PINK CLOUD)1979年のライブ盤『フリー・スピリット』に収録されている「籠の鳥」という曲は、拓郎がよく使ったG#sus4から作ったと話している(Char meets???? TALKING GUITARS〜Char×ギタリスト対談集〜vol.1、シンコーミュージック・エンタテイメント、2009年、p127)。
^ 歌謡ポップス・クロニクル 特集アスペクト39、アスペクト、p9
^ 別冊カドカワ 井上陽水、角川グループパブリッシング、2009年12月、p98
^ SPA!、2009年8月4日号、p143、扶桑社、CIRCUS、KKベストセラーズ、2009年12月号、p89
^ J-POP進化論 「ヨサホイ節」から「Automatic」へ、1999年、佐藤良明、平凡社、p170
^ 『僕の音楽物語 1972-2011 名もなきミュージシャンの手帳が語る日本ポップス興亡史』、平野肇、祥伝社、p98-99
^ 吉田拓郎の古希祝いトリビュートに民生、ミセス、鬼束、ポルノ - ナタリー
^ a b c 読売新聞、2010年10月22日夕刊、p14
^ 阿部嘉昭ファンサイト: 再帰性と再帰性が反射する--三村京子について
石崎ひゅーい×須藤晃「アタラズモトオカラズ」インタビュー (1/4) - 音楽ナタリー
小野瀬雅生 インタビュー|MUSICSHELF
インタビュー:意識よりも“衝動”に忠実な全12曲を収録! andymori
^ 渡辺プロダクション社史「抱えきれない夢〜渡辺プログループ40年史〜」、1999年、「渡辺プロ・グループ四〇年史」編纂委員会、p345
^ ザ・ダウンタウンズ時代の吉田拓郎。秘蔵音源お聴きのがしなく。
^ a b 恩蔵茂 2001, pp. 221-226.
^ はっぴいえんど、拓郎、ユーミン…Jポップ創始者たちが唄う“春の名曲”5選、Special Interview スペシャルインタビュー - MOMM | MusicMusic Scene VOL.02 田家秀樹、日本ロック大系、白夜書房、〈上巻〉p194、ミッキー・カーチス、おれと戦争と音楽と、亜紀書房、p207
^ 田家秀樹 2007, p. 19.
^ 流行歌 気まぐれ50年史、1994年、矢沢寛、大月書店、p103
^ J-ROCKベスト123-1968-1996、篠原章、講談社、1996年、p61
^ 相倉久人『相倉久人の70年代ロック&ポップス教養講座』音楽出版社〈CDジャーナルムック〉、2007年、p228-234
^ 矢沢保 1980, p. 51,52.
^ 70'sバイブレーション!Museum Talk | Museum of Modern Music 1960 牧村憲一(音楽プロデューサー) × 松山猛(エッセイスト)× 高橋靖子(スタイリスト)4
^ ロックの子、1985年、桑田佳祐、講談社、p89
^ ぴあMOOK「氷室京介ぴあ」ぴあ、2013年8月20日発売、p13
^ エレックレコードの時代(2006年9月・アクセス・パブリッシング)p48
^ Lapita 月刊吉田拓郎、小学館、p34
^ ニッポンのうた漂流記、河出書房新社、p134
ビジュアル版・人間昭和史⑦ 大衆のアイドル、1986年、講談社、p233
アサヒ芸能、2009年7月2日号、p36、37
guts、表現技術出版、1973年1月、p31
「伝説のメロディ 甦る!日本のフォーク フォークル、岡林信康、吉田拓郎、かぐや姫...」BS朝日、2010年4月25日
ラガー音楽酒場 / 村上“ポンタ”秀一(ドラマー) | WEBマガジン e-days(archive)
^ 消費社会の広告と音楽、林進・小川博司・吉井篤子、有斐閣、1984年、p40、41
^ シンコーミュージック 2013, p. 7.
^ & 田家秀樹 2007, p. 25.
^ 石原信一 1985, pp. 203-204.
^ 田家秀樹 2007, p. 31
豊かなる日々 〜吉田拓郎、2003年の全軌跡〜、2004年6月、田家秀樹著、ぴあ、p7
^ 田家秀樹 2011, pp. 142-143.
^ a b c 【LOVE LOVE あいしてる:トーク】
^ 地球音楽ライブラリー 吉田拓郎、TOKYO FM出版、p8
^ 吉田拓郎 2002, pp. 158-162.
^ 情報には色をつけない - asahi.com(朝日新聞社):就職・転職ニュース
『ぴあ』の時代、掛尾良夫著、キネマ旬報社、2011年、p64-66
『70年代ノート 〜時代と音楽、あの頃の僕ら〜』、p116-117
田家秀樹 1994, p. 27,146
渡辺芸能ビジネスを創った男、新潮社、p153-160
読むJ-POP 1945-1999私的全史、田家秀樹著、徳間書店、1999年、p143-146
明日に向かって走れ、p136-137
^ ヤング・ギター・クロニクル, vol. 2『かぐや姫 青春という夢・恋・歌』、p76
^ カルチャーエリア - 富澤一誠の55歳の決心! 234〜240/ Slownet SNS
^ 吉田拓郎 - おんがく日めくり | YAMAHA
^ 田家秀樹 2007, pp. 10-11.
^ ビジュアル版・人間昭和史⑦ 大衆のアイドル、1986年、講談社、p233
^ a b c 『しゃべくり007』、日本テレビ系、2013年3月18日放送(Techinsight » 【エンタがビタミン】「帰れって言う、お前らが帰れ!」長渕剛が伝説の“帰れコール”について真相語る。)
^ 俺らの旅はハイウェイ、1990年2月、長渕剛、八曜社、p185-198
吉田拓郎 Island Concert in 篠島
^ a b 泉谷しげる - TKMC ARCHIVES NON EDIT TALK
^ a b c d guts、1972年5月号、p8-11
^ a b c 吉田拓郎 1984, pp. 131-135.
^ 音楽出版社 2008, pp. 48.
^ ロック・クロニクル・ジャパンVol.1、1999年、音楽出版社、p48
^ 紅白歌合戦と日本人、太田省一、筑摩書房、2013年、p123-126、サンデー毎日、1972年12月10日号、p40、1976年12月12日号、p33
^ a b 富澤一誠『ニューミュージックの衝撃』共同通信社、1979年、p178-181
^ 恩蔵 2001, pp. 221-226.
^ 夢のあがり―ニューミュージックの仕掛人たち―、p64-66
ぼくの歌・みんなの歌、森達也、講談社、p59
わが青春の流行歌、池田憲一、白馬出版、p110、148
Jポップとは何か、2005年、烏賀陽弘道、岩波書店、p70-71
ロック・クロニクル・ジャパンVol.1、1999年、音楽出版社、p48
^ サンデー毎日、1974年10月6日号、「井上陽水のフォークの世界」p150-151、戦後世論のメディア社会学、佐藤卓己、柏書房、2003年、p183
^ ザ・ベストテン、山田修爾、ソニー・マガジンズ、2008年、p188-189
^ テレビだョ!全員集合、長谷正人/太田省一、青弓社、2007年 p75、週刊朝日、1978年12月29日号、p37
^ アイドル工房―夢のつむぎ方―、1995年、相澤秀禎、スコラ、p121-122
^ a b 田家秀樹 2001, pp. 164-165.
^ a b c d e f 島崎今日子『安井かずみがいた時代』集英社、2013年、p281-299
^ 吉田拓郎登場!! | フォーラム - 谷村新司 SHINJI TANIMURA
^ 牧村憲一さんへのインタビュー - デジタルサウンドシンポジウム@浜松
^ 昭和フォーク&ロック音楽堂、中村よお、青幻舎、2008年3月、p53
TV博物誌、1997年、荒俣宏、小学館、p189、190
フォークソング運動、2001年、辻俊一郎、新風舎、p73
戦後ポピュラー日誌、1982年、柴田勝章、八曜社、p130、131
^ 夢のあがり―ニューミュージックの仕掛人たち―、p63
^ a b c 馬飼野元宏 2014, p. 245.
^ 【ああ懐かしの雑誌黄金時代】『深夜放送ファン』 フォークシンガーがスターだった証し
日本ロック大系、月刊オンステージ編集部、白夜書房、1990年8月、〈上巻〉p193
われらフォーク世代、1975年、三橋一夫、山本コウタロー他著、荒地出版社、p177
ニューミュージック白書、1977年、エイプリル・ミュージック、p175
NEW MUSIC '81 ニューミュージック事典、学習研究社、p19
ニューミュージックの本、富澤一誠監修、p49
^ シンコーミュージック 2007, p. 71.
^ 吉田拓郎 これが青春 |シンコーミュージック・エンタテイメント
^ 馬飼野元宏 2014, p. 192-198.
^ 別冊宝島編集部 2006, p. 19.
^ 日本のベストアルバム―フォーク&ロックの25年―、1992年、田家秀樹監修・シンコー・ミュージック、p232
^ 元祖フォーク評論家の立志を後押しした「今日までそして明日から」〜富澤一誠 第2回、第1回 からだが溶ける至福の体験 ブルガリアン・ヴォイス
最強のミュージックマンが音楽を語る!!-ORICON STYLE ミュージック
庄司明弘インタビュー
あの時代の風
BS-TBS「SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜」|番組スタッフが選ぶわたしの一曲
大人のためのフォークギター入門: 紀伊國屋書店BookWeb
磯田秀人ピンポイントフォーラム 倍音浴
^ a b レポート - フジテレビ、Musicman'sリレー きくち伸インタビュー、2012年11月 - きくちPの音組収録日記 - フジテレビ、LOVE LOVEあいしてる(19) - きくちPの音組収録日記 - フジテレビ
^ ニューミュージック′80 すばらしき仲間たち、立風書房、1980年、p88
^ a b 【時代のサカイ目】現代CMソング考 求められる視覚と聴覚への“瞬間刺激” - ZAKZAK
^ 音楽する社会、1988年、小川博司、勁草書房、p50
^ メディア時代の広告と音楽 変容するCMと音楽化社会、小川博司、粟谷佳司、葉口英子、小田原 敏、小泉恭子、増田聡、新曜社、2005年、p28、29
^ a b c d e f ヤング・ギター・クロニクル Vol.1 吉田拓郎これが青春、2007年、シンコーミュージックエンタテイメント、p216
^ ニューミュージックの本―日本のフォーク&ロック FM fan コレクション★POPS(2)、1978年、富澤一誠監修、共同通信社、p61
^ a b 「セイ!ヤング」1980年1月4日放送
^ フォークソング運動、2001年、辻俊一郎、新風舎、p76
^ a b ブレーン別冊『キャッチフレーズ3000選 戦後30年のヒット広告とコピー発想法』島森路子他、マドラ・グループ編著、誠文堂新光社、1976年、p65、128
^ a b HIT SONG MAKERS 〜栄光のJ-POP伝説〜 BSフジ 「CMの中のJ-POP」2005年3月11日
^ a b 富士フイルムのあゆみ
^ 現代風俗史年表、若森繁男、河出書房新社、p244
テレビだョ!全員集合 自作自演の1970年代、長谷正人、太田省一編著、p148
タイアップの歌謡史、洋泉社、p87、136
^ ニューミュージックの本、富澤一誠監修、p61-63
^ Lapita 月刊吉田拓郎、2003年9月号、小学館、p38
^ フォーク名曲事典300曲、富沢一誠著、p208、209
みんなCM音楽を歌っていた、田家秀樹著、徳間書店、p46
すばらしき仲間たち ニューミュージック′80、立風書房、1980年、p88
^ 『70年代ノート 〜時代と音楽、あの頃の僕ら〜』、p122-123
^ 消費社会の広告と音楽、林進・小川博司・吉井篤子、有斐閣、1984年、p40-44、57
^ 思想としての60年代、桜井哲夫、講談社、1988年、p128
^ アサヒ芸能、徳間書店、2009年6月25日号、p39、2009年7月23日号、p189
^ 別冊宝島編集部 2006, p. 24.
^ アグネス・ラムのいた時代、長友健二+長田美穂、中央公論新社、p157-158
^ 日本のフォーク&ロック・ヒストリーー(2) ニューミュージックの時代、シンコーミュージック、1993年、p27-28
^ a b c 別冊宝島編集部「音楽誌が書かないJポップ批評26」、別冊宝島804、2003年 宝島社、p140
^ 音楽CD検定公式ガイドブック(下巻)、音楽出版社、2007年、p111
^ ホットドッグ・プレス、1980年2月号、講談社、p105
^ 『阿久悠 命の詩〜『月刊you』とその時代〜』、講談社、2007年、p112、113
^ 矢沢保 1980, p. 22.
^ イエスタディ '60's - '80's ―音楽記者の取材ノートから―、1989年、CBS・ソニー出版、p94-95
^ 消費社会の広告と音楽、p41
^ シンコーミュージック 2013, p. 12.
^ 歌謡曲とフォークの架け橋めざして〜太田裕美さん
^ a b c 歌謡ポップス・クロニクル 特集アスペクト39、アスペクト、p122-125、194
^ 失われた歌謡曲、1999年、金子修介、小学館、p89
FM雑誌と僕らの80年代、恩蔵茂、2009年、河出書房新社、p40、41
青二才の頃 回想の70年代、p105
すばらしき仲間たち ニューミュージック′80、立風書房、1980年、p93
週刊朝日1975年12月26日号、p35-41
^ スーパーテレビ情報最前線 「吉田拓郎 『復活』への全軌跡」日本テレビ、2003年10月27日放送(archive)
^ a b 原田真二 アルバム『OUR SONG』 インタビュー PAGE2/音楽情報サイト: hotexpress
^ a b 原田真二セレクトのプレイリスト(MUSICSHELFインタビュー)
^ a b 織田哲郎ロングインタビュー第13回|織田哲郎Project2007
^ シンコーミュージック 2007, p. 185.
^ 『新譜ジャーナル・ベストセレクション'70s』、自由国民社、2003年、p222-223、明日に向かって走れ、p191-198、もういらない、p94-95
^ 別冊宝島編集部 2006, p. 38.
^ ムッシュ!、2002年、ムッシュかまやつ、日経BP社、p141-153
青春のバイブル、富澤一誠、シンコー・ミュージック、p142、152
「FM雑誌と僕らの80年代 『FMステーション』青春記」、恩蔵茂、河出書房新社、2009年、p41、42
「隔週刊 青春のうた ベストコレクション43」、2007年9月18日、p605、608
^ 地球音楽ライブラリー 吉田拓郎、p128
^ 吉田拓郎、田中好子さんとの思い出秘話 - 芸能 - SANSPO.COM(archive)
^ さよならのメッセージ、1978年、キャンディーズ、勁文社、p188、GO!GO!キャンディーズ― キャンディーズ革命、1977年、文化放送編、ペップ出版、p188
^ 石原信一 1980, p. 120.
^ [2]
^ [3]
^ 小室等の音楽夜話、FM東京、1977年8月12日
拓郎はランちゃんが苦戦したのは、その日が生理だったからとマネージャーに言われたと記している(吉田拓郎 1994, pp. 121-122)。
^ 1977年発行 キャンディーズ ファンクラブ会報 No.9
^ 毎日新聞、2008年4月3日夕刊2面
^ 小室等の音楽夜話、FM東京、1977年8月12日
^ 自動改札のアイドルPOP考 VOL.2 - プレイリストから新たな音楽を発見
^ 地球音楽ライブラリー吉田拓郎、TOKYO FM出版、p158、159、209、210
^ あの解散宣言の2ヶ月後にリリースされたキャンディーズ「アン・ドゥ・トロウ」、GO!GO!キャンディーズ― キャンディーズ革命、1977年、文化放送編、ペップ出版、p254
失われた歌謡曲、1999年、金子修介、小学館、p203
^ 失われた歌謡曲、1999年、金子修介、小学館、p90
^ 吉田拓郎 1994, pp. 119-120.
^ 垣花正のあなたとハッピー!、ニッポン放送、2010年9月20日
^ WEEK-END Party 〜forever young〜、NACK5、2007年4月20日
^ スキャンダル 紅白歌合戦、竹中労、みき書房、1979年、p186
^ オデッセイ★原田真二編、1978年、ペップ出版、p65、66
^ 石原信一 1980, pp. 145-152.
^ 原田真二インタビュー
プロの作曲家というものが、いかに綿密な計算をしたうえで楽曲を創作しているかを説明するため筒美京平を盛んに聴かせたり(石原信一 1980, p. 147,148)
^ 石原信一 1980, pp. 146-147.
^ a b 第62回 ニューミュージックもテレビをメインに新戦略
^ FLASH臨時増刊 Extime、p34
^ 『Jロック&ポップスCD名盤ガイド』立風書房 p61
^ 地球音楽ライブラリー 吉田拓郎、TOKYO FM出版、p10
^ 吉田拓郎 1980, pp. 151-152.
^ アサヒ芸能、2009年7月9日号、p39、40
^ 1970音楽人大百科 日本のフォーク/ニューミュージック/ロック、学習研究社、p165
どうにもとまらない歌謡曲 −七〇年代のジェンダー、舌津智之、2002年、晶文社、p145
日本ロック大系〈下巻〉、1990年、月刊オンステージ編集部、白夜書房、p415
別冊太陽 日本のロック 50's〜90's、1993年、平凡社、p105、106
現代風俗史年表、若森繁男、河出書房新社、p300
青春のバイブル、富澤一誠、シンコー・ミュージック、p213
Media View 1970-1999 売れたものアルバム、2000年1月、東京書籍、p199
Jロック&ポップスCD名盤ガイド 2001年 立風書房 60、200、237頁
^ 音楽CD検定公式ガイドブック(下巻)、音楽出版社、2007年、p11
^ 日本ロック大系〈下巻〉、月刊オンステージ編集部、白夜書房、p415-417
Jロック&ポップスCD名盤ガイド、立風書房 p200
J-ROCKベスト123 1968-1996、講談社、p158-160
新宿ルイード物語、1988年、富澤一誠、講談社、p155-157
「隔週刊 青春のうた ベストコレクション43」、2007年10月16日、p634-636、639
^ 音楽CD検定公式ガイドブック(下巻)、音楽出版社、2007年、p11
^ 第25回 大里洋吉 氏 | Musicman-NET
^ 田家秀樹 1994, p. 47,48,55,56.
^ 「隔週刊 青春のうた ベストコレクション43」 デアゴスティーニ・ジャパン、2007年10月16日、p635
^ 歌謡曲の時代 歌もよう人もよう、阿久悠、2004年9月、新潮社、p207
^ a b c アイドルという人生、石川順恵、1998年1月、メディアワークス/主婦の友社、p41
^ 吉田拓郎 1994, p. 121.
^ 「心に残るニッポンの歌」、テレビ朝日系、2009年1月1日
石野真子さん(2/3) - インタビュー - ひと - どらく(archive)
歌謡コンサートブログ:NHKブログ | スタッフだより | 『時代の歌
^ 日刊スポーツ、2008年3月26日、p17
アサヒ芸能、2009年7月23日号、p189
^ 「昭和歌謡黄金時代 作詞家 なかにし礼の世界」NHK BS2、2012年8月8日放送、なかにし礼「時には娼婦のように」 世間の常識にノン、【1978年5月】時には娼婦のように/ヤバすぎてテレビで歌えない?黒沢年男 事故で予感
^ a b 「特集 昭和ですよ!」『kotoba』2013年冬季号、集英社、p43
^ 『放送禁止歌』森達也、光文社、2003年、p70-71
^ シンコーミュージック 2007, p. 57,71.
^ 別冊宝島編集部 2006, p. 78.
^ 総武線猿紀行 総武線猿紀行第282回、SISTER JETのそれ行け!カバーボーイ 第四回 Page.2 - プレイリスト、en-taxi 第21号、2008年、扶桑社、p94
^ 吉田拓郎'70-'90ヒストリーブック、p89
^ Et Tu BRUTE?
^ ヒットの種、2008年、サエキけんぞう、東京ニュース通信社、p125
日本崖っぷち大賞、1998年、みうらじゅん、泉麻人、山田五郎、安斎肇、毎日新聞社、p180
^ ニュー・ミュージックマガジン1972年11月号、ミュージック・マガジン、p94
^ guts、表現技術出版、1970年8月、p12
^ シンコーミュージック 2007, p. 197.
^ 別冊宝島1637 音楽誌が書かないJポップ批評60 THE ALFEE、宝島社、2009年、p123
アサヒ芸能、2009年7月16日号、p190
SISTER JETのそれ行け!カバーボーイ 第四回 [Page.2] - プレイリスト
近年のコンサート/ライブでは、こうしたMCも重要な構成要素とされるが、小室等は1980年に出した著書の中で、歌と直接関係を持たない、お客さん用のおしゃべりのような、くだらないことを拓郎にやらせた、覚えさせたのはファンに半分責任があると、MCに対する問題提起をしている(出会いは旅のなかで、小室等著、晶文社、1980年2月、p146)
ほぼ同じ内容の記述(新譜ジャーナル ベストセレクション'70s、2003年、自由国民社、p66)
^ オールナイトニッポンドリームウィーク
^ 音楽CD検定公式ガイドブック(下巻)、音楽出版社、2007年、p29
^ 別冊カドカワ 井上陽水、p205
^ 60年代フォークの時代 - 日本のフォーク&ロック・ヒストリー1』、p116
NEW MUSIC '81 ニューミュージック事典、学習研究社、p19
フォークソング運動、2001年、辻俊一郎、新風舎、p77
ニューミュージックの本、富澤一誠監修、p120
セイ!ヤング&オールナイトニッポン70年代深夜放送伝説、p22-29、56-58
嘉門達夫 | OGな人びとVol.27 - OCN TODAY
^ a b 日本のフォーク&ロック・ヒストリーー(2) ニューミュージックの時代、シンコーミュージック、1993年、p25-27
^ 別冊宝島編集部 2006, p. 85.
^ 別冊カドカワ 井上陽水、p205
^ タイアップの歌謡史、2007年、速水健朗著、洋泉社、p83
^ 言葉の達人たち、阿久悠、扶桑社、1993年、p174、嘉門達夫 | OGな人びとVol.27 - OCN TODAY
^ - MOMM | Music Scene 亀渕昭信03
^ a b 日本ロック大系、月刊オンステージ編集部、白夜書房、1990年8月、〈上巻〉p194
^ Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol.6、p83、87
関西フォーク70'sあたり、2003年、中村よお、幻堂出版、p76、78
アサヒ芸能、2009年1月29日号、p70、71、アサヒ芸能、2010年11月11日号、p71
大野真澄 連載 - なこと一覧
^ 「たくろうLIVE'73」ライナーノーツより
^ この話は少し前があって、二人が付き合っている頃、拓郎の実家に行ったら、拓郎の祖父ら先祖の写真が飾られてあって、その人たちがみなハゲていたため、こういう返事になったとのことである(トーク番組での浅田の発言)
^ 【1973年5月】赤い風船/浅田美代子 危なっかしが“いい宣伝”に ...
^ 「1979年篠島ライブ」での山本のMC
^ テレビ朝日、2003年9月20日、2004年7月10日放送
^ 2013年4月15日放送
^ OSHARE 30・30 VOL2、日本テレビ放送網、1989年6月、p186-187
^ a b 週刊朝日、1982年2月12日号、p136
^ 歌謡曲という快楽 雑誌『よい子の歌謡曲』とその時代、2002年、宝泉薫+ファッシネイション、彩流社、p172
^ 2013年3月1日NHK総合『あさイチ』内のインタビュー映像にて。
^ 吉田拓郎 1980, pp. 112-123.
^ 俺らの旅はハイウェイ、1990年2月、長渕剛、八曜社、p214-215
よい子の歌謡曲、1983年、よい子の歌謡曲編集部編、冬樹社、p120-121
歌謡曲という快楽 雑誌『よい子の歌謡曲』とその時代、2002年、宝泉薫+ファッシネイション、彩流社、p19
^ a b 浅川マキ、幻の男たち、講談社、1985年、p151-158
^ 吉田拓郎と浅川マキ・ジョイントコンサート1972年
^ 吉田拓郎、かぐや姫、井上陽水、山崎ハコ、ガロ、ケメ、イルカ、リリー
^ TAKURO YOSHIDA ARTIST GALLERY. TAKURONICLE 1970-Just nowパンフレット、p14、15
^ 音楽的日乗 スローハンドVol.2、p17
地球音楽ライブラリー アルフィー、2004年、TOKYO FM出版、p336-339
別冊宝島1637 音楽誌が書かないJポップ批評60 THE ALFEE、p34
^ 【ビジョン】THE ALFEE、高見沢俊彦の本音「今さら路線変更できない」
実は「王子」に抵抗があった : タカミー王子の秘密 : 生き方!
【エンタがビタミン♪】「ロックには見た目も大事」。高見沢俊彦、堂々宣言。還暦になっても王子を貫く!
高見沢俊彦 | ロングインタビュー | R25.jp
^ 別冊カドカワ 総力特集 高見沢俊彦、2007年、角川ザテレビジョン、p12、13、31
あきらめない夢は終わらない、2004年、高見沢俊彦、幻冬舎、p181-183、201-203
^ 別冊宝島1637 音楽誌が書かないJポップ批評60 THE ALFEE、p18、34
^ 坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD内の発言より
^ わが奔走―IT'S MY LIFE、1988年、泉谷しげる、ロッキング・オン、p59-60、90-96
泉谷しげるの治外法権、1994年、泉谷しげる著、徳間書店、p61-63
坂崎幸之助のJ-Friends1、2008年、自由国民社、p27
^ ま、いいか、1999年、森山良子、毎日新聞社、p234、235
^ ニッポン放送「三宅裕司のサンデーハッピーパラダイス」2008年8月31日放送
^ 泉谷しげると吉田拓郎の喧嘩にも遭遇…ムッシュかまやつ『ARTiST』で秘話明かす
^ a b c 兎猫豚(うびょうとん)のみらい日記 2011年07月12日 スーパーバンド!
^ 吉田拓郎と泉谷しげるが12年ぶりに和解 ラジオで大げんか懐かしむ ORICON STYLE 犬猿の2人ついに…泉谷しげると吉田拓郎が12年ぶり和解
^ 小室哲哉音楽対論 Vol.2、p313-314<TKMC ARCHIVES NON EDIT TALK>
^ オールナイトニッポンGOLD 2012年10月8日放送分
^ 芸能界でコーヒー・ブレイク、吉見佑子、八曜社、1980年、p98-105
^ きくち伸インタビュー
Musicman'sリレー 第68回 吉田建氏
JP MUSIC - CD詳細・試聴
^ a b c YES-NO 小田和正ヒストリー、小貫信昭、角川書店、2000年、p86-87
^ 吉田拓郎、小田和正と30年ぶりラジオ! - 芸能 - SANSPO.COM
^ 『ザ・ビッグヒットトゥモロー』エフエム東京、1984年10月13日放送
^ Archive(アーカイブ)普賢岳チャリティライブ | Echofield
^ アーティスト ファイル UNION MUSIC OFFICE ユニオン音楽事務所
^ 吉田拓郎 1984, p. 62.
^ 田家秀樹 1994, pp. 140-151.
^ TIME CANT' WAIT、1990年、小田和正、朝日新聞社、p67-69
YES-NO 小田和正ヒストリー、2000年、小貫信昭、角川書店、p85-86、132、148-152、240、262
Complete Shogo Hamada―浜田省吾事典、TOKYO FM出版、p205
LOVE LOVE あいしてる
吉田拓郎・お喋り道楽、p90-91
風のようにうたが流れていた、小田和正、宝島社、p122-123、126、127
坂崎幸之助のJ-Friends1、2008年、自由国民社、p74
シンプジャーナル ベストセレクション'80s、p160-163、166、167
^ 【ライヴレポ】小田和正『クリスマスの約束』で、吉田拓郎と共演。ミスチル桜井とは新曲を共作し披露
^ 坂崎幸之助のJ-Friends1、2008年、自由国民社、p142-145、149
^ 気ままな絵日記、p120-121
^ このギターから石川鷹彦の演奏で知られる「リンゴ」等、多くの楽曲が生み出された(アサヒ芸能、2009年7月2日号、p36-38、マニア・プチ対談「吉田拓郎のギターを語る」)。
^ 日本ロック学入門、1986年、相倉久人、新潮社、p88
^ TIME CANT' WAIT、1990年、小田和正、朝日新聞社、p67-69
YES-NO 小田和正ヒストリー、2000年、小貫信昭、角川書店、p148-151
^ 晴れときどき拓郎 Younger than yesterday、2003年7月、小学館、p280-282
^ 吉田拓郎・お喋り道楽、1997年10月、徳間書店、p80-88
晴れときどき拓郎 Younger than yesterday、p292
^ 文藝別冊 追悼特集加藤和彦、河出書房新社、2010年、p196
^ a b 「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」2009年10月20日
^ 文藝別冊 追悼特集加藤和彦、p177
^ 地球音楽ライブラリー吉田拓郎、p24、25、66、67
^ ラブ ラブ KinKi Kids、スタッフKinKi、1997年、太陽出版、p12-24
^ 『ポポロ』2009年4月号、麻布台出版社、p124
^ 2011年11月12日NHK-FM「今さらですが突然KinKi Kids生放送」
^ TBSテレビ『カミスン!』2011年11月7日放送
^ 堂本剛が開拓したジャニーズ「アーティスト路線」 - Real Sound
^ アサヒ芸能、2009年7月30日号、p187
^ 吉田拓郎・お喋り道楽、p159-176
^ ニッポン放送「テリーとたい平のってけラジオ」2009年4月17日放送
^ プレイボーイの人生相談 1966-2006』、週刊プレイボーイ編集部、集英社、2006年、p123頁
^ 中島みゆきデータブック、1995年、落合真司、青弓社、p20
魔女伝説―中島みゆき、1982年、こすぎじゅんいち、CBS・ソニー出版、p80
中島みゆき・言葉の向こう側、1998年、落合真司、青弓社、p92
^ 音楽出版社 2008, pp. 72.
^ 地球音楽ライブラリー 吉田拓郎、p83、212
産経新聞、1996年9月25日夕刊、p8
最初は詞だけ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。