小学生攻略法

このブログも10年目。久しぶりに担任復帰です。

水泳協会のベテラン指導者の言葉に背筋が凍りました

2017-08-10 20:31:04 | 学級生活の攻略法
夏休みを利用して学校のプールで
「水泳教室」
が行われています。
「もっと泳ぎが上手になりたい」という子どもを対象に先生たちが泳ぎを教えます。
(これも小学校教員の夏休み定番のお仕事の一つ)
もう私も真っ黒に日焼けしています。
今年、本校は初めてこの水泳教室に外部の指導者をまねいています。
地区の水泳協会の方々で、水泳ベテランの方々です。
だから今回先生たちは、その指導者の方々のサポートみたいな立場になっています。
協会の方々の指導を見ると、こちらが勉強になります。
(へ~こうやって教えればいいんだ~)
手順に沿って、形にこだわって、丁寧に丁寧に、一人ずつ教えます。
私も今後真似したいと思いました。

プールの合間に、その協会の方々と話をする機会がありました。
その方々は、本校だけでなく、近隣のいくつもの学校にも出向いて、同様に指導しているそうです。
「だから、学校によって全然違いますよ!」
何がかというと、
「指導に当たる先生たちが!」
だそうです。

言うには、
・たくさんの先生が一緒にプールに入って熱心に指導する学校もある
・全部こっちに(協会に)任せきりで、自分たちは上から見てるだけの学校もある
・学年や学級単位で依頼する学校もあり、そこは明らかに学校としてのまとまりを感じない

らしいです。
う~恐い話ですね~ 笑
私たちも「そういう目で」みられてるってわけですから。笑
(お~水着着てプールに入っててよかった~)
って思いました。笑
本校はどうですかね。
熱心な先生が「たくさん」とまではいかないけど、まあまあいるって感じかな。

こんな感じで外部の人は学校を客観的に評価するわけですね。
それぞれの視点から。
そういう目に直接触れたような気がして、背筋が伸びました。
緊張感はありますが、こういう情報を得られるのは学校にとって有意義なことですよね。
どうしても学校は閉鎖的になりがちですから、こうした声を真摯に受け入れて、改善につなげる姿勢は必要だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌らしいほどの話術が耳に障... | トップ | 「フォレスタネット」さんとの... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学級生活の攻略法」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。