歴史に輝く女性の生き方から学ぶ科

高齢者大学校『歴史に輝く女性の生き方から学ぶ科』のみなさんが創るブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

7月22日白熱教室(前川先生)

2013-07-23 10:04:58 | 日記
有名な大学で行われる白熱教室とは違う
高大の歴女らしい白熱教室が行われました
題『次に生まれ変わるなら女性がいいですか男性がいいですか』
でしたが色々な意見が飛び交いました。
特に男性の方は考えたこともないという意見がほとんどでした。
女性の方は小さい時は男性にと思われる方多少ありましたが
子供を産んだ時はとくに女性に生まれて幸せでしたと言う意見が
多かったです
今日この様に話合の場に置いても幸せ度100%の方多くこのままの
人生を謳歌したいと言う雰囲気でした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月10日小野小町(礪波先生)

2013-06-12 17:14:51 | 日記
遠足でお世話になった礪波先生の講義(小野小町)を受講いたしました。
百人一首で有名な『花の色はうつりにけりないたずらに我が身世にふるながめせしまに』
は小野小町の歌で恋うたではなく 春の歌だそうです。(私には失恋の歌と思います)
多感な時期に鞄のなかのメモ帳に小野小町の『思つつぬればや人の見えつらむ夢としりせば覚めざらましを』歌をみては赤くなっていた自分を懐かしく思い出されました。
小野小町は生没年不詳ですが「古今和歌集」には18首入集されているそうです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月3日各班の課外活動

2013-06-11 10:30:52 | 日記
6月3日午前中は、社会への参加活動の準備としてクラスミーティングで各班での活動と決定いたしました。
少し遠い話ですが(鬼は笑わないとは思いますが)11月11日の遠足はバスでと決定しました。
行先は夏休み前に討議すると決定いたしました。歴女の皆さん沢山の提案お待ちしています
お昼食はクラスで・予約をされていた場所でとそれぞれ活動されました。

2班は4名で『大阪くらしの今昔館』を見学しました
場所は地下鉄天神橋6丁目駅と直結する住まいの情報センタービルの8階にあり、とても足の便が
いいところです。
2001年4月にオープンし、「住まいの歴史と文化」をテーマにした専門ミュージアムで、2013年
2月に来館者が200万人に達しました。
    
江戸時代の大阪の街並みや人々の暮らし、さらに川口居留地や空堀通り等の近代大阪の代表的な
住まいと暮らしも模型等で紹介しており、実に興味深く見学することができました。(H.U)


4班は5名で学校からJR森ノ宮駅までの大阪の史跡探訪をいたしました。

細川ガラシアの嫁ぎ先細川邸の井戸跡(越中井)です
越中井~玉造教会~玉造稲荷神社~森ノ宮遺跡~鵲の宮(森ノ宮)と散策いたしました

玉造稲荷神社の境内にある豊臣秀頼が奉納した鳥居だそうですが、阪神大地震の時損傷がひどかったため修理して奉納されたそうです。
私達が通っている通学路にこんなに多くの遺跡が眠っていることに驚かされたと同時に大阪の町に住んでよっかたと納得いたしました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月27日(遠足)礪波先生

2013-05-28 13:54:33 | 日記
私たちは講師の母校である奈良女子大学を訪れました。お忙しい中礪波先生に
学内を案内いただきました。
明治41年~明治42年に建築された校舎は平成6年に10ケ月かけて 
改修工事が完了したそうですがいつ改修されたのか分からないぐらい
近代建築の重厚さと華やかさを残した建物でした。
“大和路”で食事と親睦会を行い解散としました。
                 10時近鉄奈良駅に集合風景             奈良女子大学 正門 奥に記念館
            記念館2階より大仏殿を望む              記念館前              
                                     学内にて学生気分味合う

『思った一言』
奈良には正直言っていつ来たか記憶にありません。やはり日本のルーツの
一つである古都だけあり落着きます。
これから何回も来ることになると思いますが、そのスタートが奈良女子大学の訪問
であることに何か因縁を感じます。 また奈良に来た時に感じた事を書くことにし
ましょう。〔H・H〕
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月13日光明皇后〔中川先生〕

2013-05-15 14:27:01 | 日記
私達の『歴史に輝く女性の生き方から学ぶ科』は奈良女子大学大学院卒業の先生の講義
を拝聴いたします
5月13日は中川先生より「光明皇后」拝聴いたしました





光明皇后は、藤原鎌足の孫 藤原不比等の三女として生まれ
16歳で(後聖武天皇)結婚し、2年後孝謙天皇誕生、
その後10年後に皇太子を生むが3ケ月後に亡くし母としては
非常に辛い日々のためより一層仏教に傾倒し造仏・写経行いました。
また寺院の造営〔新薬師寺・興福寺・法華寺〕も行い奈良で有名な
東大寺は光明皇后が推進主体だったようです。
私達も辛い日々が続くと何かにすがりたい、功徳をつんで取り消して
ほしと望むかもしれませんネ

午後からクラスの各担当の長が決まりました。
5月27日の遠足は、奈良女子大に行く事に決まりました。
5月27日遠足の詳細は後日プリントで配布されます。
お天気になるといいですね
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加