古天気学 A

明治時代以前の日本のお天気や地震また天文関係の資料を収集中

「弘前藩庁日記」延宝8年 11月5日 天文偏Ⅱ

2017-08-10 13:07:12 | 古天気学
「弘前藩庁日記」延宝8年11月5日 新発見の史料か 天文偏Ⅱ

2017年8月10日 木曜日 天気 曇 

『弘前藩庁日記』は、江戸時代に弘前藩が藩政を記録した日記であり、一級品の史料です。

『弘前藩庁日記』延宝8年11月5日

「延宝8年11月5日 雪一尺五寸許(ばかり) 夜地震三度 (申刻より申酉の方にあたり幅二尺長十間余雲のことく白有之 酉の后刻見付之 御前江申上之御書院屯之間にて御覧)」
「12月28日 延宝8年 11月8日 風雪 (去る5日之ことく雲相見え候に付き御前江申上げる 則御覧 5日より毎夜見え申す由に候えども(はっきり見なかったので記録しない))」彗星らしき記事がありこれを検証したい。

「テータ変換」

年月日 延宝8年 11月5日申刻 → 1680年12月25日午後4時頃

場所 弘前 → 青森県弘前

天文種類 申刻より申酉の方にあたり幅二尺長十間余雲のことく白有之 酉の后刻見付之 御前江申上之御書院屯之間にて御覧 → 午後4時頃より西南西の方角に 幅 2度(尺=1度、丈=十尺=10度、間=六尺=6度)長さ60度余の彗星 午後6時ごろ御前へ話し観る。

ネットと古天気学データベース(KTDB)で検証

ステラナビゲータ10で検証
場所指定 青森県弘前 経度 東経 140°27′48.5″
           緯度 北緯 40°36′9.7″

延宝8年 11月5日申刻 → 1680年12月25日午後4時頃

(ステ10)12月25日16時00分 
 → 太陽は、方位 56.3°高度 2.4°光度-26.7等南西と西南西の間の地平線に沈む前 
 → 彗星は、方位 58.9°高度 16.8°光度-1.0等 で彗星が太陽の真上にある。 太陽に光が強く彗星が観えていたか不明。
 → 金星は、 方位35.1°高度 19.7°光度-3.9等 
 → 月は、方位 19.6°高度 34.9°月齢4.2

(ステ10)12月25日17時20分
 → 太陽は、地平線に沈み夜空は暗くなる
 → 彗星は、方位73.3°高度3.1°光度-1.0等 彗星の尾が見えはじめる。 
 → 水星は、方位59.0°高度2.1°光度0.4等  
 → 金星は、方位51.2°高度9.2°光度-3.9等  
 → 月は、方位40.6°高度27.5°月齢4.3  

(ステ10)12月25日17時38分
 → 彗星は、方位76.2°高度0.0°光度-1.0等 彗星の尾が鮮やかに観えて、18時8分に尾が観えなくなる。


キルヒ彗星(1680年の大彗星)C/1680 V1 1680年11月14日にゴットフリート・キルヒが発見しました。近日点で太陽の極めて近くをかすめるように通る彗星である。(クロイツ群)最初に望遠鏡で発見された彗星。17世紀で最も明るい彗星の1つとなった。キルヒ彗星は昼間でも見え、長い尾を引いていたので非常に注目された。

また、日本各地で観測されました。青森・山形・宮城・東京・神奈川・山梨・静岡・福井・京都・宮崎

「検証結論」

キルヒ彗星(1680年の大彗星)C/1680 V1 「酉刻(申刻から修正・17時20分から18時00分)より申酉の方(西南西の方角)にあたり幅二尺(2度)長十間余(60度余)雲のことく白有之」の彗星

ステラナビゲータ10より

青森県弘前市では、16時頃では、太陽の光が強く彗星が観えていたか不明。
太陽が完全に沈んだ17時20分から18時00分の間に彗星の尾が鮮やかに観えた。

日本各地でも観測された
キルヒ彗星(1680年の大彗星)C/1680 V1 最初に望遠鏡で発見された彗星。17世紀で最も明るい彗星の1つとなった。
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「弘前藩庁日記」延宝8年 11... | トップ | 「弘前藩庁日記」延宝八年十... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。