中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ

商標の「類似」の判断

2017年10月29日 06時11分17秒 | 中小企業のブランド戦略

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京下北沢の中小企業のコンサルティング、横浜市のサービス業のコンサルティング、横浜市の中小企業のコンサルティングをします。

今日は商標の「類似」の判断についてです。近年はネット時代ですから店名やブランド名等の商標は簡単に見つけることができます。

・顧客からすると、見るけることができて便利
・同じ名称を使っている者からは、見つけることができる、見つかってしまう

自社が他者の商標権を侵害することないように、また、他者から侵害行為をされないように商標権を取得すること一般的です。

私は中小企業診断士として独立するまでは一部上場企業に勤務して、平成4年のサービスマーク(役務商標)制度導入時に勤務企業の商標出願の仕事を担当しました。その経験から中小企業診断士で独立した際にはすぐに「SPRAM/スプラム」の商標権を出願しました。

ある名称(商標)が他の名称(商標)と似ているかどうかは、誤認混同の点から以下の3つの要素で判断します。

(1)外観類似
(2)称呼類似
(3)観念類似

中小企業経営者の皆様、御社はネット時代の名称や商標について意識されていますか?

外観類似の事例(特許庁)
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/syouhyou_shinketu/youyaku08.pdf

【関連講演】
2018年1月28日に講演「ITを活用した販売促進の手法~ホームページやブログの作り方、インターネットを利用した販売促進」を平成29年度東京都創業支援指導事業三鷹「創業塾」で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「商標」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
各業界情報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Jimdoのライブチャットプレミ... | トップ | 今時のホームページのリニュ... »
最近の画像もっと見る

中小企業のブランド戦略」カテゴリの最新記事