中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ

日経BP専門誌に載りました

2006年07月13日 06時25分12秒 | マーケティング戦略
おはようございます。スプラムの竹内幸次です。今日は町田商工会議所で講演「集客につながるビジネスブログ活用術~成功事例、成功のポイント等~」をします。

今日は雑誌掲載のお知らせです。日経BP社の「NVC Monthly」という雑誌の2006年7月号の「ビジネスリポートPick Up」というコーナーです。これからも数回、連載されます。

見る機会がございましたら、読んでやってください。




***導入部から抜粋)
1.顧客DBこそ中小企業の財産だ
御社には顧客DB(データベース)があるだろうか?大企業では当然の顧客DBも、中小企業においてはまだまだ普及しているとは言えない。

個人事業主、小規模事業者等、日本でもっとも多い中小企業の現場で顧客DBが活用されていないことは、本当にもったいないことだと思う。

そもそも顧客DBとは何だろうか?答えはズバリ「顧客そのもの」である。例えば、顧客の社名や氏名、所在地等の「基本情報」から、顧客が何をいくらで、いつ買ったかという「購買履歴情報」、そして、どのような問い合わせやクレームを受けたか等の「接触情報」が詰まった電子情報の“バケツ”が「顧客DB」なのである。

そのバケツを覗くと、過去の顧客の動きだけではなく、今日の、近い将来の、長期的な将来の顧客のニーズが見えてくる。

まさに、顧客DBは“顧客そのもの”であり、顧客DBを重要視する=顧客を重要視することになる。もし御社が「顧客第一」を経営理念に掲げておきながら、顧客DBが存在しないのなら、それは見せかけの経営理念に他ならない。

続きの記事ブログ


株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 中小企業診断士
http://www.spram.co.jp
e-mailはこちら
Copyright:© 2006 SPRAM All Rights Reserved.

【ブログ執筆・運営ポリシー】
・中小企業経営にプラスになる情報を執筆します
・顧問先・コンサルティング先企業等、守秘義務のある特定企業情報は執筆しません

ジャンル:
ビジネス実用
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キーボードをカスタマイズする | トップ | 安全なまちづくり »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (高橋由香子)
2006-07-14 00:11:34
暑い日の夕方から町田での講演、大変お疲れさまでした。



起業を目指している私ですが、自分自身のスキルを磨くのと並行して一刻も早くブログを始めたいと思いました。そのためには私の場合、自宅のものとは別に自分自身のパソコンを持つことからスタートです。竹内先生がお持ちのような最新式ではない、スタンダードタイプを購入予定ですが、力がついてきたら次を考えたいです。



7月14日(金)は相模原市大沢公民館主催の「コミュニティビジネス講座」第2回で事例発表を聞きます。



7月22日(土)の相模原市産業会館での講座も楽しみにしております。







高橋様 (竹内幸次)
2006-07-14 06:30:17
高橋由香子様、竹内幸次です。昨日は遅くまでの聴講をありがとうございました。しかも一番前で。ブログは起業家には必要度が高いツールだと思います。高橋様は人とのコミュニケーションがとれるお方ですから、ブログには向いていると思いますヨ。頑張ってくださいね。よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました (遠藤)
2006-07-14 12:05:12
昨日は貴重な「お話」ありがとうございました。

早速?取り入れて改革をしていきたいと思います。
遠藤様 (竹内幸次)
2006-07-14 12:48:25
遠藤様、竹内幸次です。昨夜は遅くまでの聴講をありがとうございました。少しでも役に立つことがあれば私も嬉しく思います。よろしくお願い申し上げます。

あわせて読む