中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ

補助金が採択されなくても経営計画には価値がある

2015年04月21日 06時45分12秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は全国中小企業団体中央会の補助金会議、二宮町にて神奈川県商工会連合会主催の講演「経営計画作成セミナー~小規模事業者持続化補助金の申請」を行います。1日補助金に関連する仕事です。

中小企業診断士 経営計画講演
▲神奈川県二宮での経営計画作成セミナーです

今日は本日の講演に関連して補助金申請を考慮した経営計画についてです。経営計画は本来は常に作るものです。起業前、創業直後の微修正、1年後に実績を踏まえて2期の計画を作る、子息等に事業承継する際に中長期計画を作る等です。計画なき結果は単なる成り行き経営とも言えます。

しかし、現実には中小企業では経営計画を持っていません。日々の業務に追われていることや、そもそも経営計画なんて作っても意味がないという意識があるからです。

小規模事業者持続化補助金等の補助金を申請する際には、必ず経営計画、事業計画、投資計画、アクションプラン等を作らなければなりません。国民の血税が補助金になるのですからこれは当然です。

中小企業経営者の皆様、補助金申請の際に経営計画を作ったら、その後も定期的に経営計画を見直したり、新規事業の事業計画を作るようにしましょう。仮に補助金審査に落ちた(採択されなかった)としても、経営計画を作る意識が高まれば、補助金を得る以上の経営効果が期待できるかもしれません。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「経営計画」をテーマにしたブログ一覧


講演・講師の用命は、高い集客力、確かな講演満足度のスプラム竹内幸次へ
創業塾顧客満足度全国1位獲得。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、中小企業のSEO、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は1,700回を越えます。お気軽にお尋ねください。お客様の声も公開。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次http://www.spram.co.jp/

Copyright:© 2015 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成27年度の創業・第二創業... | トップ | 製造業の受注力はQCD+Fで高める »
最近の画像もっと見る

あわせて読む