中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ

労働分配率の解釈

2017年09月22日 05時38分50秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は横浜市の仲卸業者のコンサルティング、東京都東久留米市のサービス業のコンサルティング、横浜市の製造業のコンサルティングをします。

今日は労働分配率の解釈についてです。最近では大手企業では労働分配率が低下しています。2017年4~6月期では46年ぶりの低い数値で43.5%でした。労働分配率は人件費÷付加価値(売上総利益)ですから、低下しているということは、

(1)人件費をあまりかけずに多くの付加価値を生み出してる
(2)生み出した付加価値を人件費に適正に分配していない

ということです。どちらの解釈も正しいです。

我々中小企業では労働分配率は高くなりがちです。例えば電力開閉装置製造業の場合、58.8%です。もしも自社の労働分配率が上昇している場合、以下のような解釈ができます。

(3)業績が悪化しても人件費は下げずにいる。だから労働分配率が高い。人を大切にした会社だ
(4)人件費を掛けている割には、稼ぎが少ない

これもどちらも正しいです。中小企業経営者の皆様、御社の労働分配率の変化を把握し、解釈を加えましょう!

【関連講演】
2017年11月3日に講演「提案力向上」を東京都中小企業振興公社多摩支社多摩ものづくり創業プログラムで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「労働分配」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
コーチング・マネジメント
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2018年に向けた中小企業のIT... | トップ | 微差を積み重ねて大差を成す... »
最近の画像もっと見る

中小企業の財務・資金」カテゴリの最新記事