中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ

中小企業は個性で新風を吹き込む

2017年02月04日 05時44分47秒 | 経営革新・イノベーション

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は立川市の中小企業のコンサルティング、神奈川県秦野市の中小企業のコンサルティング、東京町田の中小企業のコンサルティングをします。

今日は新規事業を始める際の市場評価についてです。既存事業では収益が出ないため新規事業を行うこともあります。既存事業が好調につき新規事業を行う場合もあります。様々な理由から経営者は新規事業を行います。

その新規事業の対象市場がどのような状態の時に自社が参入するのが好ましいのでしょうか?以下のように整理するとよいでしょう。

(1)1~2年で収益がでる可能性がある市場を狙う
(2)既に先行企業が存在する市場を狙う
(3)先行企業と差別化できる個性が自社にある市場を狙う

市場を生み出すことは、言葉として素晴らしいのですが、中小企業が市場を作る事例は少なく、実際には個性で既存市場に新風を吹き込むことが多いものです。

【関連講演】
2017年2月20日に講演「小売業をとりまく環境の変化とWeb販売等新しい小売マーケティング」を神奈川県商工会連合会主催販売士資格更新講習会(2級及び3級)で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「参入」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
http://www.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IT導入補助金を活用しよう! | トップ | 多くの中小企業が値上げの際... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む