中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ

浅学非才のマネジメント

2017年01月19日 06時09分16秒 | 中小企業の人事・組織

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は神奈川県平塚市の中小企業のコンサルティング、東京都多摩市のサービス業のコンサルティング、神奈川県大磯町の中小企業のコンサルティングをします。

今日は浅学非才についてです。「せんがくひさい」と読みます。私が好きな言葉です。意味は「学問、知識ともに乏しく、かつ才能もないこと。自分は無知無能である」という意味です。一般に謙遜して使う言葉です。具体的には「浅学非才の身ではありますが、お客様のことを思う気持ちは誰にも負けません」のように使います。

謙遜語ですから、謙遜するほど中身がある人と思って頂けることもこの言葉を使う利点ですが、もう一つの利点もあります。向上心や学ぶ意欲を保つためにも、「自分はまだまだだ。もっと学び、才能を開花させなくては」という気持ちになるために浅学非才という言葉を噛みしめるのです。

中小企業経営者の皆様、浅学非才という言葉を上手くつかっていきましょう。

【関連講演】
2017年2月16日に講演「中小流通業のIT活用術~IoTとビッグデータの概要を知り、ITで稼ぐ力をアップさせよう~」を協同組合金沢問屋センターで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「向上心」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
http://www.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実績の活かし方 | トップ | フェイスブックのファクトチ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む