中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ

中小企業がブルーオーシャン戦略を行う際の留意点

2016年01月20日 06時36分01秒 | 経営革新・イノベーション

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は鎌倉市のサービス業のコンサルティング、横浜市のサービス業のコンサルティング、横浜市の製造業のコンサルティングをします。

今日はブルーオーシャンについてです。ブルーオーシャンは「経営学の用語で、競争のない未開拓市場のこと。新しい商品やサービスを開発・投入することで創出される競合相手のいない市場」と説明されます。反対の意味にはレッドオーシャンがあります。

ブルーオーシャン戦略は競合がいない未開拓の市場を一気に得る戦略であるため、中小企業にとっても魅力的な戦略です。

ただし注意するべきことがあります。未開拓市場を開拓する際には市場形成のための時間やコスト、規制の壁があるものです。尖ったペン先のように強い個性や技術等の武器があれば、必ずブルーオーシャン戦略が成功する訳ではないのです。市場形成の時間やコストを根底から支える経営者の夢やビジョンが必要です。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「ブルーオーシャン」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
http://www.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2016 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神奈川県中央会ブログに「クラウ... | トップ | 東京江東区の実践WEB活用術講演... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む