ホップ ステップ エイジング

車の免許を取ったのもパソコンを始めたのも55歳過ぎ。
興味を持ち楽しみながらゆっくりゆっくり年を重ねていきたい。

「辛」に悩んだ

2016-10-19 22:46:41 | 雑記

日本語というのは複雑なものです。

“辛い”という字は「つらい」と「からい」と読み方も意味も違う不思議なことばになっています。

両者は全く違う意味なのに・・・。

調べてびっくり!

「辛」が表す物は、「入れ墨用の針」なんですって!

比較的軽い罪の罪人に対する「入れ墨刑」のための針。

そこで「つらい」(=身を“刺す”)という意味。

「からい」もまた奈良時代から使われ、もともとは“舌を刺すような鋭い味覚全般”を意味していたという事です。

又、臭い(くさい)と臭い(におい)は同音異義語ですから、「クサイニオイ」はパソコンで変換すると「臭いにおい」と出てきます。

そうですよね。

両方漢字にしたら「臭い臭い」となってしまうから・・・。(笑)

前後の文章で明らかに判断できる場合には漢字を使ってもいいけれど、わかりにくいときはひらがなにした方がいいのかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の解答  クラス会 | トップ | デジタル化が生む難問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL