<西日本の放浪記>

西日本の隠れた名所と隠された秘密を・・
・・・粗茶も出ませんが、楽しんでください。

夕暮れの港町INタチウオ釣り

2016-10-11 10:23:20 | 釣り
遠くで聞こえていた、カラスの鳴き声がどんどん近づき、気づくと山の上に、無数の鴉が飛び交っています。
そして、街を染める夕闇が訪れると、電気ウキの明かりが、くっきりと見え始めます。
タチウオ釣りのスタートの合図ですね。遠投して少しポイントへ近づけると、・・・・ポポポッとウキが小躍りして、スゥーと海へ消えて聞き、数十センチのところで止まります、はやる気持ちを抑えて、「まだまだ・・!!」と自分に言い聞かせていると、今度はそのウキが、おもむろに、沈んでいきます。
少しテンションをかけて聞くと、竿先にかかる荷重、「今じゃ!!」と竿先を煽ると、かかる重みに魚の大きさが感じられます。
なんじゃ!!小さいな〜と思いながら、取り込んでクーラーへ入れて、次に餌を付けて構えます。
昨夜は、3匹釣って、小さいので、少し合わせを早く取って、小さい魚を取り込まないように、避けていましたが・・・・2時間で、あたりは無数で、取り込みは3本で終了です。
時間は、PM6時45分ですが、帰ってから、3枚おろしにして、刺身とフライにして、美味しくいただきました。至福のひと時をいただく、海の恵みに感謝して・・・・合掌!!今日の1日も東の空から、昇る月とともに暮れて行きました。・・・・・・ZZZZZZZZZ!!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漏れる情報(富山大学)「水... | トップ | 激安情報を・・・・・釣具じ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL