<西日本の放浪記>

西日本の隠れた名所と隠された秘密を・・
・・・粗茶も出ませんが、楽しんでください。

炎天下の勝浦川・・・ぞろぞろ出てくるヤブ蚊でなくて、釣り師!?

2017-07-15 16:50:54 | 釣り

長柱橋下流、通称稲葉の今日の様子です。昨日までが嘘のように釣り師が、所狭しと集まっています。鮎は、一人10匹から20匹程度かかっています。

場所を変わればもう少し数を増やせますが・・・同じところでは、やはり追い気のある鮎を取ってしまえば、次がなかなかで数が伸びません。

昨日も早朝から、知り合いのKさんから電話がかかり・・・「どこ行こうか??」と言う事なので、「いつものところへ行ったら、昨日は掛けとらんわ!?」と言うと「ほな行こうか!!」夕方釣果を聞くと、23匹とのことです。

今朝は、「今日はどこがええ??」またも電話が・・・昨日の下流のポイントを説明!?3時間ほどして、お昼に覗くと、なんと15匹ごえを釣ってました。・・・・・・・・・・・・・・・・

野鮎は20cmサイズですから今の鮎としては、上出来ですね。照りこむほどに、待ってましたとばかりに次々と鮎がかかっています。

しかし、最近は、ラインの進化で、取り込みスタイルにも変化が起きています。

見ていると、取り込みスタイルで、釣り歴がわかるから、見るのも面白いです。

ぜひ、鮎の友釣りを、眺めて見てくださいね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の勝浦川、友釣りも見か... | トップ | 梅雨が明けたと思ったが?? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL