MIUMIUのいきあたりばったり

ひがな思いつくままの日記です。

木の芽時。

2012-03-29 19:34:58 | 日記

長かった寒い冬もやっと終わり、少しづつですが春に近付いて来ています

草木の芽が膨らんできました。

母から木の芽時には変な人が出てくるから気を付けて…と言われていましたが、どうなんでしょうか 確かに木の芽時に体調を崩す人も多いとか

体調と言えば、トルコ旅行で胃の調子を悪くし、やっと治ったかと思えば花粉症がひどくなり最悪です 年のせいかこのところ花粉症が良くなったかと思っていたら、今年はぶり返しました油断大敵でした。

探険隊も I さんの花粉症がひどいので休止中です カエル同様冬眠中ですいや、引きこもり中か

そういうわけで、春が来てると言うのに春を感じられません それでも、木の芽が大きくなりつつある木々を見つけてきました。

 ユキヤナギ

 モクレン

 シャクナゲ

 ドウダンツツジ

 ヒガンサクラ

 ソメイヨシノ

 コブシ

来週あたりから東京で桜が開花するらしいですが、こちらは田舎のせいかもう少し遅いでしょう 

早く春が来てほしいものですそして花粉も終わってほしいなぁ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都会の雰囲気を感じて。

2012-03-27 19:39:02 | 日記

娘のお付き合いで青山へ行って来ました。

田舎に引きこもりの私ですから青山なんて何年ぶりでしょうか…

おしゃれな街です

      

表参道ヒルズが見える中国茶のカフェでランチを食べる。

 

母は野菜のせいろ蒸し。

娘はトウミョウのパスタ。

おしゃれな街でのランチは何でもおしゃれに見えます

用事を済ませたら、またお茶タイム

またまたおしゃれなカフェにて

 モロッコのバラ茶

ちょっぴり苦かったけれど…おかわりしました。

 イチゴのムース

上品な甘みで美味しかった。

原宿・表参道・青山  おしゃれな街ですよね。歩いている人達も何故かおしゃれに感じて、銀座とはちっと違う感じ 中国観光の方々も少なく

ちょっぴりセレブな雰囲気を感じてきました。田舎暮らしには刺激的。

  

ランチを食べた中国茶のお店で買ってきたポットです。中国人はこれを持って出かけます。タクシーの運転手さんが持っていたのを思い出しました。そして、何度もお湯を注いで色がなくなるまで飲みます。

中のお茶は同じくお茶屋さんで買った金木犀茶。

 上の口から飲みます。

            

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコへ6泊8日の旅 8日目 怒りの矛先はどこへ

2012-03-23 17:06:53 | トルコ旅行

トラブルです

トルコ航空にて一路成田へ 機中泊

我々はツアーのため、同じツアーの面々と並んでいたり近くにいたりし出発を待っておりました。そこに若いカップルが来て我々の席と同じお…  そうですダブルブッキングです さぁ大変

話には聞いていたが始めての経験です。

私を残し、娘とカップルはCAのところに事情を話しに行く。トルコ航空のCAは日本語も英語もイマイチのようでして娘達の説明が理解できないようです。日本語が話せると言うCAも 「 解りません。」 と逃げ腰 トラブルには対応できないようです

そのうち、すごい形相の女のグランドスタッフがトランシーバーを持って乗り込んで来ました。

何やら、娘達ともめているようです。

後で聞いた話しによれば…若いカップルさんは新婚旅行でした奥様は生まれて始めての海外旅行新居にでも引こうかとトルコ絨毯を買ったそうです。ところが免税をするのに空港内をたらい回しにされ、おかげでチェックインが遅くなってしまったのだそうです。カップルなのに席をバラバラにされてしまったのだとか。それで、奥様の席が私の席とダブルブッキング

そうですダブルブッキングのさいは速やかにビジネスクラス ( トルコ航空ではコンフォートクラス )への席代えが常識です しかし、何をもめてる

若いカップルはやはり隣席を希望 ( そうだよねぇ ) んじゃぁ~我々が別々かいそんなバカなぁ~

だれか早くコンフォートへ移れと怒っているグランドスタッフさん。

そうだ 彼の席の隣に座っている方をコンフォートに移ってもらえばお互いバラバラにもならずに1件落着じゃないか と名案が浮かんだ彼らはすぐさま彼の席へ

ところが なななんと彼の席もダブルブッキング つまり彼らの席はないのです

どうなってるのトルコ航空

ことの詳細を怒りくるっているグランドスタッフに説明しても聞き入れません。

「 おまえたちのせいで飛行機が飛ばない 早く座れ 」の1点張り。

こちらが悪いわけではないのに何故怒られる

「 席がないのにどこに座れって言うんだ 」

「 膝の上に座れって言うのか 」 と負けてない娘達

「 コンフォートに移動させたら

「 フル」いっぱいで座れないって。

日本対トルコの戦いです 負けるな日本

 

ツアーの面々も乗り合わせた日本人も外国の方々も、この事の成り行きを興味深々に見ておりました。かくいう私も…

この、怒り狂ったグランドスタッフがついに強行手段に出たのです。

突然、私のところに来て立てと言う。イマイチ事情が呑み込めていない私は怖いので立った。チケットを出せと言うので出すとチャチャッとコンフォートの席に書き換えた。そして私を前のコンフォートへと連れて行こうとした。

事の成り行きを伺っていた周りの面々も 「ええぇ~」とブーイング しかし、このグランドスタッフは行動をやめない。私をコンフォートまで連れて来るとここに座れと命令しサッサと出て行ってしまった。

唖然とする私めです

とたんにシートベルト着用のランプが着き動きだした飛行機

娘達はどうしたんだろう…

聞けば…彼氏の席に座っていた人と、もともと座っていた私をコンフォートに移動させ、私の席に奥様が座り、移動させた席に旦那様が座ったとか。つまり我々もカップルもバラバラになってしまたわけです。何か変です

ダブルブッキングの場合。先に座っていた方が優位です。後から来たカップルがコンフォートに移動させれば何も、もめる事もなく希望通りカップはいっしょに座れ我々もバラバラになる事もなく、彼の席の方も移動する事もなかったのですよね何故こんな結果にわからないわぁ~おまけに怒られるわで

 

シートベルト着用のサインが消えたころ、添乗員を連れて私の席へ来た娘。添乗員もこんな事は始めてとかです。

3人で話しをしていると日本語が出来ると言う男のCAが来たので、クレームを付けたがこのCAも暖簾に腕押し・糠に釘。しまいには、グランドスタッフのした事でこちらは責任ないと言い出す始末。その言い分にさすがにいらついたので、同じトルコ航空の人間でしょうがと怒った私です。

スゴスゴと逃げでしてしまいました。

申し訳ないとか、すみませんとか一言もない

おかげで出された機内食も食べれず、写真も撮れず

 朝食

 

娘は当然、帰ってからトルコ航空のホームページにクレームを書いたがもちろん返事はない

 

トルコ航空と言えば、1985年3月イラン・イラク戦争の時に日本の航空会社も飛んでくれず、脱出出来ない日本人約250人をずいぶんと昔々の恩義を忘れず日本人を助けるべく2機のトルコ航空が飛んで助けに行った事がありました。反対にその恩義を感じ、LCCなみに狭い座席も美味しくない機内食にも愛想の悪いCAにも我慢していましたが…

もう、トルコ航空には乗らないかも

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

トルコへ6泊8日の旅 7日目

2012-03-21 18:33:47 | トルコ旅行

いよいよ、今日でトルコ旅行がお終いです。短かったような…長かったような…ちょっぴり寂しい気もします。

      

ホテルから見たイスタンブールの朝焼け。

8:00にホテルを出発して終日イスタンブールを見学です。

 

憧れのブルーモスクを見学 いやいやその前に皮製品のお店へ

なんと、モデルさん達のファッションショーが始まりました。朝もはよからよくやるわぁ~

 

そして、観客いじり ノリのいいツアーの皆さま 楽しかったけれど、この後待ってる押し売りがぁ~難儀ですわ

難を逃れやっとブルーモスクへ

       

トルコ帝国の栄華がうかがわれる、素晴らしいモスクです。ここは期待を裏切りませんでした。

           

 

内部は青い花がらのタイルがびっしりと飾られているので、別名ブルーモスク。本当はスルタン・アフメット・ジャーミィ

 お祈りの時にここで足を洗う。 6本あるミナレット(尖塔)

ブルーモスク、綺麗です

       

ブルーモスクに対面するかのように建つアヤソフィア。

       

赤茶色です。

キリスト教の聖堂として建てられましたが、オスマン帝国が征服した後イスラム教のモスクになってしまいました。今は博物館です。

             

 

 

漆喰で塗り込まれたキリスト教のモザイク画も、現在は綺麗に取り除かれました。

アヤソフィアはキリスト教とイスラム教が共存しているモスクです。

 

 

グランドバザールへ行く。

 

1時間しかバザールにいられなかったので、バタバタして買い物。迷子にならないように必死。おまけに、お祈りの時間が来て熱心な信者は店を閉めてお祈りにはいってしまいました。

もっと、時間が欲しかった。

 

最後の晩餐ならぬ、ランチ 新市街と旧市街を結ぶ橋ガラダ橋の下のレストラン。

          

              

最後まで油物だった

噂のサバサンド。気になるけれど、もちろん食べませんよ。

 

これで、トルコともお別れです

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコの6泊8日の旅 6日目

2012-03-21 16:41:59 | トルコ旅行

今日は国内線に乗ってイスタンブールへと移動です。カイセリ空港から約1時間半の飛行

         

1時間半なのに軽食が出ました。朝食を食べたばかりでお腹はすいてませんが、出されれば食べちゃうわけでして…けっこう美味しかったのです。

           

 

イスタンブールはボスポラス海峡を挟んでアジア側とヨーロッパ側に分けられ、またヨーロッパ側は金角湾を挟み新市街と旧市街とに分けられるのです。

旧市街は城壁に囲まれ、有名なブルーモスクやアヤソフィアなどの名所がいっぱいあります。

 

飛行機の中で食べたばかりなのに、新市街の日本料理屋にて昼食です。3食目。

          お弁当

ツアーのスケジュールを見た時、何で日本料理と思ったが、なるほどぉ~トルコには途中に日本料理が必要かと

ここも、同様海外で食べる日本料理でした。作っている人もアジア系

まぁそれなりに…醤油の味と緑茶・味噌汁にホッとさせられました

     ザクロジュース

どこに行っても生のザクロがあって、カラのまま搾り器で搾ってくれます。酸っぱくてちょっぴり渋味もあってなかなか美味しいのです。

 

イスタンブールは大都会らしくエネルギッシュ

               

どこかヨーロッパを思わせる街並み。

 町のいたるところで売っている焼き栗。

 

地下宮殿を見学

              

ビザンチン時代に造られた大地下貯水池。ビザンチン時代は日本では古墳時代から平城京あたりそんな時代にトルコではこんな物が造られてたなんて。凄いです

見ごたえがありました。

 柱にメデゥ―サの顔

 水道橋です

水道橋から引いた水を地下貯水池に貯え宮殿などに供給していたのです。

 

トプカプ宮殿見学。

オスマントルコ時代の城。歴代のスルタン(王)の豪華な暮らしぶりが見れます。

           

        

     タイルが綺麗です。

 ステンドガラスも綺麗。

 

東洋と西洋にまたがるボスポラス海峡クルーズへ出る。

                 

 

夕食はボスポラス海峡を見渡せるシーフードレストラン。

            

 今夜のお宿は新市街タクシム広場に面したマルマラホテル。高層ホテルにため眺めは最高。

ちょっと、夜のイスタンブールを散策。

               

   

   

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加