MIUMIUのいきあたりばったり

ひがな思いつくままの日記です。

ANA ボーイング787初就航チャーター便行く香港2日間 (5)

2011-11-05 18:11:15 | 香港ANA787

さて、2日目は12時に集合ですから午前中しか自由時間がありません

6時半に起き、支度をしてまずは朝ご飯です息子にお任せだと朝マックになりそうなので出発前に娘の香港人のお友達K君に聞いたホテル近くの糖朝へ行く。K君の予定表では九龍公園でおじいさん・おばあさん達の太極拳を見ながら朝の散歩をし、その足で糖朝で朝粥を食べる。となっていましたが息子は太極拳をカットしてそのまま糖朝へ行く。実は昨夜のフェリーで対岸へ渡る案もK君の案でした。ありがとう助かりました。

        

 チキンボールのお粥

 あわびのお粥

 ドライアイスが煙いフルーツ盛り

下には豆腐が…ほんのり甘い蜜が豆腐の下に。

 定番のマンゴープリン

すごく美味しかった。

さぁ~お腹がいっぱいになったらどこへ行こうか ここからは息子の案内で進みます。

地下鉄を乗り換えて上環へ行く。香港の中でも古い町で香港らしい商店が並んでいる。

漢方薬のお店や蛇を売っているお店もあった。

               

 文武廟

              

町中を走るトラム

 マカオ行きのフェリー乗り場

息子は私にこのフェリー乗り場を見せたかったようです。時間があったらマカオに行ったのに…とさ。ありがとうね、でも半日じゃぁ~ねぇ 行こうと思えば行けたと言い張る息子ですが行って帰るだけじゃぁねぇ

ただいま香港は高層ビルの建設ラッシュ。

 足場が竹なのがちょっぴり不安

香港の下町を満喫し、地下鉄で帰る。

地下鉄の椅子が固い冷たい。ホームは安全なドア付き。びっくりなのはエスカレーターのスピードが速い事。怖かった。

また、ボーイング787に乗り帰国。

帰りはプレスもいなくゆっくりとできました。

 

今回の旅行でいただいた記念品。

搭乗証明書

 鏡割の時のマス

 しおり

 マフラー

 香港空港でいただいたメダル

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ANA ボーイング787初就航記念チャーター便で行く香港2日間 (4)

2011-11-04 19:30:24 | 香港ANA787

さて この香港2日間の旅は観光するためではなく787に乗るための旅ですので、ゆっくりと観光や買い物などする時間がない弾丸ツアーです それでも、始めての香港を楽しみたい母でした。香港3回目の息子にベターなところに連れてってもらうこととしました。

レセプションが終わったら、そのまま走って近くの海沿いのプロムナードへ出て対岸の香港島側の夜景を見る。8時から音楽に合わせてレーザー光線が夜空を照らします

                  

                 

ちょっぴり薄曇りで残念 上海のほうが綺麗かも…

ガイドに今日は曇っているが夜景は大丈夫かと聞いた時に 「 問題ない。香港は朝と夜は曇り、ライトが点けば綺麗だ。 」そうだ。モウマンタイ何事にも問題ないらしい。

23分間のショーを見ながら歩いてフェリー乗り場に行き、対岸の香港島側に渡る。

                   

100万ドルの夜景で有名な、ヴィクトリア・ピークへタクシーで行く。

 山頂まで行くピークトラム

すごく、急なので座っていても首が痛くなる。立っていたら力いっぱいつかまっていまいと危険。江ノ電よりすれすれ

               

                     

これが100万ドルですか。

世界3大夜景はここ香港とイタリアのナポリ、そして日本の函館だそうですが、これを決めたのが日本人だそうですよ…日本人は3大うんぬんが好きなんだそうです

時間がないのでサッサと下山

地下鉄駅まで歩き、香港の夜の街を散策する。

                  

日本では節電でちょっぴり暗いムードですが、香港は明るい明るい

地下鉄の乗ってホテルへ帰る。時差が1時間あるので本当はもう寝ている時間さハードスケジュールにダウン

さてさて、明日は…

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ANA ボーイング787初就航記念チャーター便で行く香港2日間 (3)

2011-11-02 19:32:20 | 香港ANA787

機内食は特別メニューだそうです

成田~香港

 洋食

 和食

                   

787にこだわったお菓子。記念にお土産にしようと、とっておいたら中のクリームが溶けて見るも無残な状態に…残念

 

香港~成田

 和食

 洋食

            

帰りはマカロンに787がプリント。これはお土産にした。

 

行きの香港行きにはANAの伊東社長も同行されていた。他に営業担当執行役うんぬんと偉い肩書の付いた方々も同行。

 

240名の乗客は抽選で選ばれた100名が後方の座席に座り、中央の席にはプレスとANAの関係者。それと、オークションで勝ち取った6名。もちろん、お偉い方々はビジネスクラスにイン。

ちなみにオークションで勝ち取った方はシカゴにお住まいのアメリカ人のご夫婦。落札額は258万だそうです。ビックリです。日本での落札額は90万とか。凄いねぇ~

飛行機に乗る前にグランドスタッフが満面の笑みを浮かべマフラーと手書きのメッセージカードを配っていた。タラップの下と上にはANAのお偉い方々が挨拶をし、極め付きには伊東社長が全員に挨拶をして回っていた。

香港に着くとタラップで降りる我々に伊東社長は1人1人に握手をし、笑顔で送り出してくれた。なかなか出来る事ではない。

ANAがこのボーイング787にかける自信と期待を感じる。頑張れぇ~

JALも787を導入予定とか…お互い切磋琢磨しながら日本の航空業界を盛り上げてもらいたいものですね。

                    

機内では各国のプレスが右往左往していた。静かだったのは機内食を食べている時だけ通路を占領しているのでトイレにも行けない。いつインタビューされるかと落ち着かない。あちらこちらでインタビューに答えている乗客達。ここには来ないで…って来ちゃいましたBSフジ。

「 乗り心地はどうでしたか? 」

「す・すごく静かでび・びっくりしました。ハイブリット車と同じですね。鼻水も出ないし…」またボツだな

 

香港のホテルにてお祝いのレセプションがあった。ブッフェタイプの立食だった。

                  

香港空港でも歓迎してくれたドラゴンダンス。

クイズとジャンケンで賞品をゲットしよう。

1等はボーイング787で行くフランクフルト。

2等は787の模型。

1等と2等の差が…

なんと、1等を当てたのが258万を支払ったご夫婦の奥様でした。外人ってジャンケン強いのか

全員で拍手喝さい。うまくいったシナリオです。良かった良かった。

お酒も入った皆さま方はテンションも上がりフランクフルトの航空券をエコノミーからビジネスに変えろコール。ANAの営業担当者は仕方なく…いやいや、快く快諾しビジネスでフランクフルトに行ける事となった。涙を流して喜ぶご夫婦でした。本当に良かった。

ところで、最後に負けてしまったのは、中学生の息子さんと来ていた奥様でした。本当は787の模型。でもこちらにもサプライズがありました。太っ腹のANAさんはなんとこの親子にも羽田~岡山の航空券をプレゼント。さすがANA。こちらもよかったね。

ちなみに、私も787の模型をゲット。後2回勝てばフランクフルトだったのにぃ~

楽しいレセプションでした。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ANA ボーイング787初就航記念チャーター便で行く香港2日 (2)

2011-11-01 18:22:17 | 香港ANA787

不思議なもので、以前はジャンボ機のような大きくて重い飛行機が空を飛べるんだろうかと思う時期もあったが、ボーイング787の軽量化により軽くなったらなったで不安にもなる…

ちょっぴりドキドキしながらの出発です

 

離陸の時のエンジン音は思いのほか静かだった。緊張していた乗客達から拍手がおこる。飛行中も本当に静かで快適、揺れも音もない。さすが

             

座席は7,5cm拡大しているらしい。座り心地もよい。中央の4人席は2・2に分かれるように少しだけ離れていた。ちょっとした心使いがいいね

飛行機どくとくの匂いもなく空気がいい。気圧が高く、室温も高いので疲労感・ドライアイ・頭痛が軽減されるそうです。確かに鼻の乾燥がなかったので常備のマスクをしないですんだ。天井も高くなりました。

 広くなった荷物入れ

10,6インチのディスプレーはタッチパネルになりすごく使いやすかった。コントローラーはゲームでシートtoシートと言う機能を使えば別の座席の知人とメッセージのやり取り出来るそうだ。パソコンの電源もフル装備なのでipodやiphoneが充電できます。

 

 ウォシュレット付きのトイレ

               

               窓があるトイレも

窓は大きくなりシェードがなくなりました。代わりに電子カーテンげ窓から入る光を5段階のボタンで調整します。

           

 

照明はLEDを使用。

                     

                      

レインボーカラーになるパフォーマンス

 

ちょっぴり悲しい出来事ですが…

       

エアコンから水漏れが 帰りには完全に直っておりましたよ まぁ~完璧ではないって事です。

とにかく新しい物はいいですよね。だれも座っていないシートに座り、だれも触っていないディスプレーに指紋を付け、真新しいブラケットを使い…最高ですわ

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ANA ボーイング787初就航記念チャーター便で行く香港2日間 (1)

2011-10-31 20:08:48 | 香港ANA787

当たっちゃいました

ボーイング社が開発・製造した次世代中型旅客機ドリームライナー。世界に先駆けてANAが初就航。ボーイング787は燃料を大幅に向上し、ジャンボ機とほぼ同じ距離を航行可能に。

その初就航がANA会員限定ツアー成田発香港2日間です。

当たっちゃいました、息子が…

息子は飛行機は好きですが熱狂的なファンでもありません。たまたま開いたANAのホームページにツアーの申し込みを見て乗ってみたいなぁ~と申し込みました。本人も申し込んだのを忘れていたぐらいでした。ところが255倍の抽選の当たってしまったんです。連絡がありビックリ、申し込んでいたのを思い出しました。まぁ~次点なんですけれどね。キャンセルが2組あり息子の番となったわけです。そういう訳で日にちがありません。あわてていっしょに行く相手を探しますが急な事と旅費もありで見つかりません。急いで連絡しないとまた次点に回ってしまいます。そこで、白羽の矢に母親の私です。

当選と言えどただではないのですよ。787に合わせて78700円プラス空港税。香港2日間にしてはなかなかお高い。

1人旅の好きな息子は1人でもいいのですが、1人ツアーは20000円高くなるしツアーでの1人は寂しいとか…

そんなこんなであわてて申し込み、あわてて支払い、あわてて支度をし最初で最後であろう母と息子の2人旅え出発です。

 

10月26日 晴天

ANA ボーイング787は成田空港にスタンバイ

      

9:00にチェックインしすぐに入管。

ANAラウンジにて時間調整

11:00に出発ゲート前にて記念式典

国土交通省の方・成田空港社長・香港空港の社長・ボーイング社の担当者そしてANAの社長の挨拶。

鏡割り。

ゲート前は報道人とANAの関係者・成田空港の関係者などでごった返し右往左往。各国のプレスが我々乗客にインタビューをしている。それなりに皆皆さまは応えていたが我々親子は787についてはよくわからないので、インタビューはしないでオーラを出し隅に隠れていた。

長かった式典も終わりホッとしていた矢先プレスにつかまってしまった。イケメンも日本語ペラペラの外人さんでロイター通信だった。どうやら来ないでオーラは外人さんには通じないようだ。

「 何故、この飛行機に乗ろうと思ったんですか? 」の質問に 「 う~ん。始めてだから 」ボツだな。

255倍の倍率を乗り越えて来た100人の方々は787の知識もあり飛行機やANAの熱狂的なファンが多い。中には自作の787お祝プレートなどを持ち込んだおばさんや報道人並みの一眼レフを持ち盛んに写真を撮っているおじさん。すごいなぁ~と感心。

飛行機のそばまでバスに乗って行く。

          

          

 大きいエンジンです

      

炭素繊維で出来ているのでそりが大きい翼。

          

 

 

さぁ~出発です。

         

                          

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加