じんせい2度なし

かほぱぱの独り言

健康改善インセンティブ

2016年10月13日 | 健康・病気

やっと涼しくなり、清涼飲料水の購入量も徐々に減って来た。
先日WHOが、糖分が多い清涼飲料水の過剰な摂取が肥満と糖尿病が増える要因の1つだとしたうえで、20%以上の課税をすれば、摂取量を大きく減らせるとの報告書を出した。
課税によって価格が上がれば、「多くの人の苦しみを軽減でき、命を救うこともできる。医療費も削減できる」と指摘。
WHOによると、世界では18歳以上の、およそ5億人が肥満に当たり、糖尿病の患者も4億人以上いて、年々、増える傾向にあるとのこと。
私のそのうちの一人(笑)
日本では高齢者の医療費負担の見直しが最近議論の俎上に上がっているが、こういう課税対策は社会コストの適正負担の観点からは正しいのかもしれない。
肺炎の一つの原因でもあるタバコも、課税額がどんどん上がってきたが、これが喫煙者を減らし、健康を改善するインセンティブになっているのだろうか。
人間の欲求は、時にコスト負担苦を上回ることもある。
私も相当意思が弱い方で、健康は失って初めてその大切さを自覚するタイプだと思う。
まだ幼い子どもを多く抱えているし、住宅ローンもあるし、考えないとなぁ。
よし、もうコーラは飲まない、極力飲まない、なるべく飲まない・・・情けないほど意思が弱い(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来年の心配 | トップ | 目標設定 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。