じんせい2度なし

かほぱぱの独り言

伝説に並ぶ

2016年10月17日 | スポーツ

プロ野球は、セ・パ両リーグの代表が決まり、いよいよ日本シリーズ。
両リーグともペナントレースの首位チームが勝ちあがり良かったのでは。
両チームとも個性のある選手が多く、どういう戦いになるのか、地方を本拠地とするチーム同士の対戦、御贔屓球団ではないがとても楽しみ。
短期決戦では、特徴のある選手対策が必要になる。
昔、巨人が全盛だった頃、阪急の福本選手の盗塁をいかに阻止するかというのが大きな話題になったことがある。
今回は、カープの選手が大谷投手をどう打ち崩すかが、一つの視点だろう。
その日本ハムの大谷選手が、昨日最終回にリリーフ登板し、なんと165kmという日本最高球速を記録した。
いやはや底が見えない凄い選手ですね。
確か世界記録が169kmですから、もしかするとと期待してしまう。
映像で見る限りでは、低めへの投球で記録していた。
速い球=高めの球というイメージがあっただけに、これも異次元なのか。
何度かブログでも書いたが、私が観た中での体感的なスピード王は、江川さん・江夏さん・外木場さん。
いずれも”ポップする”という表現が当てはまる投手。
大谷選手のボールは、それらとは少し違うような印象を受けた。
一度、生で観てみたい。
話は戻って、165kmという速度ですが、かの伝説の投手沢村栄治さんと同じスピードだという話がある。
球速だけが全てではないが、努力だけでは到達できない領域だと思うので、憧れでもあり夢でもある。
是非、切れのある高めの球で170kmを観たいものだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父がやって来た | トップ | 昇格 愉快な仲間達514 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。